CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
RECOMMEND

うさぎっ子恐怖館スマホ閲覧verです
しばらくの間、スマホからの閲覧はこちらでどうぞ。

花魁淵編

花魁淵編

執筆者:WOO

恐怖度:

平成15年8月11日、ピフィアさん、kuniさんと小峰トンネル近くの公園で待ち合わせをしました。
自宅を出発、渋滞に巻き込まれながら、途中心霊スポットで有名な相模外科病院跡、八王子城址近く、都営八王子霊園電話ボックス前を通り、午後4時30分頃合流しました。
スポット探索には、まだ日が高く時間も早かった為、青梅で夕食をとることにしました。
当初、私は探索に参加しないと考えていたのですが、ピフィアさんの「ゾクゾクする体験したくない?」という言葉に誘われて、探索に同行する事にしました。この時は、まだこれから起こる出来事など・・・考えてもいませんでした。
そうこうするうちに時間が経ち、青梅の山々に夏の太陽が沈み始め、私達は2日目最初の探索地に向かいました。
青梅から青梅街道を走り、山梨県塩山方向に向かいました。
奥多摩を通り、奥多摩湖が見える頃には、日が暮れて辺りは暗くなっていました。
奥多摩湖の周辺には、やはり有名な心霊スポット、大麦代トンネルがあります。
このトンネルを通過、山道にさしかかり、街路灯も無くなってきました。
山道を更に進み、すれ違う車が少なくなってきました。
いよいよ、有名な心霊スポット「花魁淵」に近づいて来たようです。
ここで花魁淵について、簡単に紹介したいと思います。
戦国時代、この周辺には黒川金山(隠し金山)があり、武田家が仕切っていました。
その金山労働者の為に、遊女(花魁)がいました。
しかし、金山が閉山。
この隠し金山を知っていた花魁たちは、その後口封じの為、崖に設けられた舞台の上で踊っている時に舞台を壊され、舞台と共に崖下に落とされたと言われています。
その花魁の人数が、55人といわれています。
ここには、花魁を供養する為の「おいらん堂」というお堂があります。
また、花魁淵といわれている場所から200mほど上流にいったところが、真の花魁淵であるとされています。
ここでの噂としては、この周辺で原因不明の事故が多発している、またこの場所で、原因不明の自殺があったとも言われています。
交通事故の原因としては、ハンドルがきかなくなる、女性が車の前を横切るといわれています。
この場所で、記念撮影をすると不思議なものが写るとも言われています。
山道を更に進み、花魁淵に到着しました。
関東遠征2日目、いよいよ最初のスポット探索が始まります。

探索日時:2003年8月11日19時30分〜
探索メンバー:管理人ピフィアさん、副管理人kuniさんと私(WOO)の3名

 

花魁淵の供養塔の前に、ちょっとしたスペースがあります。
この場所に車を停め、探索開始します。
急遽、探索に参加する事になった私は、ライトを持っていなかった為、kuniさんにLEDライトを借り探索する事にしました。
車を降りると、ザァーという、渓流の音が聞こえます。
この供養塔を写した写真ですが、オーブらしきものが写っています・・・。

 

花魁淵供養塔のスペースには、このような観光案内板があります。
噂にもある、真の花魁淵はどこにあるのでしょうか。
また、55体の花魁を祭っているおいらん堂は、どこにあるのでしょう。
この案内板から、2箇所の場所を特定する事は不可能なので、とりあえず供養塔の周囲から調べたいと思います。

供養塔前の、車を置いたスペースの先には、このような場所があります。
正面に、白い手すりの様なものがあり、下の方に向かっています。
下に降りていく事ができるのでしょうか。
進んでみることにします。

 

少しだけ、移動して同じ場所を撮影しました。
ピフィアさんによると、この写真の中央の右側にいるそうです。
私も見えました。
撮影した時は、この場所には私達3人しかいませんでした。

 

更に、手すりの部分に進んでみます。
すると、今まで渓流の方に下れると思っていた所が、途中で行き止まりになっています。
森の木々で隠れて、ここから花魁淵を見ることができません。
一体なぜこのような場所を造ったのでしょうか。

 

正面の手すりの先端まで来ました。
下を覗いていますが、渓流の方まで、行けそうにありません。
下にあると思われる、おいらん堂には、どうしたら行けるのでしょう。

 

同じ地点で、柵の右側を見ます。
すると、この場所で、ある一部分を示したピフィアさんが、「ここは明るさが違うね」「なんか他とは違うよね」と言っています。
その場所を写真に撮ると、たくさんのオーブが写りました。

 

先ほどと、ほぼ同じ位置からの写真を撮りました。
この写真、不思議な事にピントズレが起こっています。
どう見ても、ピントを合わせる被写体が見つかりません。
一体・・・カメラは何に反応してピントを合わしたのでしょうか。

 

今度は、反対側の左側の斜面を写真に写します。
すると!!おびただしい数のオーブや発光体が写りました。
かなり心霊的に強いスポットなのでしょうか。

 

おいらん堂に、行くことができる道を探しましたが、どうやらこの場所には無いようです。
仕方なく、私達は先ほどの入り口に戻りました。
おいらん堂への道と、真の花魁淵を探す為、上流を目指す事にしました。
真の花魁淵は、ここから上流へ200メートルほど行ったところにあると言われています。

花魁淵を上流に向かって歩き始めました。
この周辺は照明が無く、真っ暗です。
ガードレールから川の方をみてみますが、森の中はこのように何も見えません。
ただ、闇の中から渓流を流れる水の音が聞こえています。

照明も無い闇だけの山道には、ただザァーという渓流の音だけが聞こえています。
先ほどの地点よりも少し進むと、ガードレールから渓流が見える場所がありました。
ここから覗くと、激しい川の流れが見えます。
この高さから、この流れの中に落ちたら、まず助からないでしょう。
花魁達は、この激しい流れの中に落ちていったのでしょうか?
この写真でも、オーブの様なものが写っていますね。

 

場所を少し移動してみます。
この写真は、オーブと不思議な光が多く写っています。
ここで、亡くなった花魁達の霊でしょうか?
光が映っていますが、この場所には光を発する物はもちろん、反射させる物もありませんでした。

 

渓流が見えるところで、写真を撮っています。
先ほどから、オーブが写っています。
まだ、真の花魁淵を見つけられていません。

 

山道で行く事が出来る上流まで来ましたが、残念ながら真の花魁淵らしきものを見つけることが出来ませんでした。
また、おいらん堂への道も見つけることが出来ませんでした。
写真には、幾つかのオーブが写っています。
これだけのオーブが写っていることから、ここが心霊スポットである事は間違いないようです。

 

実は・・・先ほどから、私は花魁淵供養塔から、この上流まで来る間に、ザァーツという渓流の音とは別に、女性の様な声が聞こえていました。
それは、本当に弱々しいと言うか、生気の無いような声で「きゃー」「わー」という感じでした。
車は先ほどから、一台も来ていませんし、他に探索者がいるような感じもありません。
ちなみに、今回の探索者3人はすべて男性です・・・。

 

真の花魁淵を見つけることが出来なかった私達は、もと来た山道を戻ります。
青梅街道花魁淵付近は、ご覧の通り照明が無く、こんなに真っ暗です。
私達が進んでいる方向が、奥多摩方向です。
渓流は、向かって右、ガードレール側にあります。

ガードレールより渓流の方を見ます。
私は、やはり先ほどから女性の声が聞こえています。
実は、この時女性の声について、ピフィアさん、kuniさんに聞こうと思いましたが、事実がハッキリしてしまうと怖いので、しばらく聞かない事にしました。

 

私達は、ガードレールから渓流見ながら、供養塔に向かって進んでいます。
写真中央の複数の丸い物は、一体何なのでしょうか?
私には、小さいオーブが寄り添っているような感じがしますが・・・。

 

 

供養塔の近くまで、戻ってきました。
私達は、渓流の方を見ながら進んでいますが、途中渓流が、森で隠れて見えない場所が数箇所あります。
ここで、不思議な事に先ほどから聞こえていた女性の様な声が、渓流の見えない場所では聞こえなくなりました。
オーブが幾つか写っています。

 

花魁淵の供養塔まで戻ってきました。
結局、真花魁淵とおいらん堂の場所が特定できませんでした。
もう一度、供養塔周辺を調べましたが、渓流への道は見つかりませんでした。
ここで、ピフィアさんとkuniさんに先ほどからの女性の声について聞きました。
すると、ピフィアさん、kuniさん共に、そんな声は聞こえなかったそうです。
では一体、あの声はなんだったのでしょうか・・・。
今回の花魁淵の調査は、これで終わりです。

 


☆編集後記☆
関東遠征2日目、最初の心霊スポット探索が終わりました。
心霊スポット探索は、初めての経験でした。
花魁淵は、心霊スポットとしても有名で、歴史的にも悲しい事件のあった場所です。
今回は、特に霊の気配と言うものは、感じませんでしたが、複数の女性の悲鳴の様な「わー」「きゃー」という声を聞きました。
それは非常に弱々しく、生気の無いものでした。
また、それぞれの写真を見ていると、オーブの数が多く、また顔の様なものも多く写っている感じがしました。
私は以前、夜中の2時頃、山梨の塩山方向から青梅街道を走り、花魁淵を通過しました。
照明の無い山道で、車も全くすれ違いません。
この時は、何も無く通過しました。
しばらく行ったところで、車を路肩に停め、地図で現在地を調べていました。
しばらくして、後ろ(塩山方向)から車が5〜6台通過していきました。
また、ちょっと経った頃、5〜6台の車が通過していきました。
またしばらくして、車が6〜7台通過・・・。
不思議な事に、後ろから来る車が、すべて数台連なって走ってくるのです。
走り方、車種からいずれも仲間同士の車ではないような感じがしました。
やはり、この場所は、本当に怖い場所なのかもしれません。
このレポートを作成中、写真を開いていたのですが、いきなり画面がノイズで見えなくなってしまい、PCがフリーズしてしまいました。
これは、霊現象だったのでしょうか・・・。
情報収集部長:WOO

情報収集部長・WOOちゃんの初レポートはいかがだったでしょうか?
実はこの時、WOOちゃんはまだスタッフではありませんでした。
この時の関東遠征プランを掲示板で書き込んだところ、「折角地元に来るのなら会ってみたいです」と声をかけてくれたのが、WOOちゃんでした。
2日目の探索前に会った私たちは2日目最初の目的地である「花魁淵」への道中にある喫茶店にて軽く食事をしながら、雑談をしていたところ、師匠の一言でWOOちゃんの探索参加となったわけです。
喫茶店で食事を済ませた私たちは、いよいよ2日目の探索へと向かいました。
「花魁淵」は山梨県塩山市へと向かうR411沿いにあり、迷う心配はありません。
山道をひたすら進んでいると、いつしか闇に包まれ、走っている山道そのものがなかなか不気味な雰囲気になってきました。
そんな時、ふと気付くとWOOちゃんがいません。
ただ、一本道なので間違いはしないだろうということで走り続け、車を駐められそうなところがあったため、WOOちゃんを待つため停車しました。
「ん?案内板があります」
よくよく見れば、そこが「花魁淵」でした。
程なく到着したWOOちゃんに私の予備のライトを手渡し、いよいよ探索開始です。
探索を始めてみると、私のイメージとは随分かけ離れたものであることに気付きました。
私はR411から離れ、渓流沿いを歩いて山の方に入って行くのだと思っていたのですが・・・
まさかR411のガードレール越しでの探索になるとは思ってもみませんでした。
渓流に下りていくことができず、残念でした。
少々落胆しながらも、供養塔の立っている場所から上流に向かって歩きながら、何度かシャッターを切って行きました。上から見下ろす渓流はかなりの水量を誇り、その流れの激しさは、音からも十分に察することができます。
「ここに落ちれば、たしかに助からないだろうな〜」
誰しもが、そんな感想を抱いたでしょう。
ただ、心霊スポットとしての感想を言えば・・・
撮ってきた画像を見るとオーブも結構たくさん写っていますが、それほど霊的にキツイものは感じませんでした。
WOOちゃんが聞いた声(悲鳴)も私には聞こえませんでした。
もしかしたら、渓流の流れの音にかき消されてしまったのかもしれませんが・・・
ちなみに花魁堂ですが・・・
実はそこの情報を私は仕入れていました。
花魁淵のある場所にはありません。
青梅に戻る途中の集落にあるようですが、この時私たちはなぜか大菩薩峠を通って、次の目的地に行くことを選んでしまったのです。
ということで「花魁堂」は、いつか機会があったら行ってみたいと思います。
55人もの遊女を飲み込んだと言われる「花魁淵」。
今回の取材では、それを証明するような出来事は起こりませんでした。
ただ、それだけのことが起こったところですから、時が違えば、なにか発見があったかもしれません。
ここに眠る遊女たちの魂が、少しでも早く浄化してくれることを願います。
副管理人:kuni

関東でもかなり有名な心霊スポット「花魁淵」、私は今回の関東遠征で初めて訪れたのですが、第一の感想は、「これが花魁淵か・・・」でした。
噂等の情報で、かなり怖い場所をイメージしていましたし、人里離れた山奥に有ると思っていたのですが、実際に現地に着くと花魁淵は国道沿いに有るので、私的には何となく少しガッカリしました。
車を狭いスペースに停め、早速花魁淵の探索を開始したのですが、車を駐車した直ぐ脇には「供養塔」が有り、何となく車を駐車しているのが罰当たりな気もします。
しかも供養塔には誰が書いたのかは分かりませんが、落書きがされていました。
「落書きする物を選ばないと、後で大変な事になると私は思いますけどね・・・」
供養塔からは、下に下りる階段が有ります。
どうやら、この階段を下りて花魁淵に行くようなので、早速階段を下りると何故か10メートルも行かないうちに先が無くなってしまいました・・
かなり奥を想像していたのですが、行き止まりになった場所には手すりが設置されており、その下は渓流になっていました。
ここが花魁淵のようですが、霊的にはそれほどキツい感じはしません。
どうやら、本当の花魁淵はこの場所ではなさそうです。
本当の花魁淵を探して、国道沿いのガードレールから下の渓流を注意深く観察しましたが、気配は感じられますが、結局は何処が本当の花魁淵か特定する事は出来ませんでした。
帰りに、WOOさんが「女性の声が聞えた・・・」と言ってましたが、私には渓流の流れる音しか確認する事は出来ませんでした。
WOOちゃんが聞いたのが、淵に落され亡くなった遊女の声かは分かりませんが、少なからず何人かは淵にいた事は確かでした・・・

管理人:ピフィア

19:30||--pookmarktop
青樹ヶ原樹海彷徨編

青樹ヶ原樹海彷徨編

執筆者:ピフィア

恐怖度:

 

今回の取材は山梨県の富士の裾野に広がる青樹ヶ原樹海です。
青木ケ原樹海は、富士山の北西にある約30平方キロメートルの原生林。
今回は、東名富士IC〜R139を富士五湖方面に向い鳴沢氷穴のPより樹海に入る事にしました。

鳴沢氷穴パーキングに車を駐車して、自然歩道に入ると最初に目に入るのが写真の立て札です。
自殺抑制の立て札のようですが、私には自殺者への道しるべのように見えます。
今回の取材の目的は自殺者の霊を取材するのが、一番の目的なのですが、やはり富士樹海と言えば死体ですよね。
森の中に「ゴロゴロ」ありそうな雰囲気ありです。
それも少し期待しつつ・・・ 先に進む事にしました。

「不謹慎でしたごめんなさい」

 

方位磁石は突然狂ってしまう可能性もあるので、ナイロンロープを木に結び、進む事にしました。
樹海の中に入ると、「私達と皆さん同じ考えで、入ったのでしょう」「あっち・こっち」にロープが張り巡らされています。
私は「やっぱ皆同じような事を考えるんだ〜」なんて言いながら、助手兄君に笑いながら言いました。
しかし・・・
「この無数のロープが後に私達をピンチに陥れるのです」

 

ロープを結び樹海に入った直後の写真です。
樹海の中に一歩足を踏み入れると、噂通り方向感覚を失います。
自分では真っ直ぐに歩いているつもりでも、ロープを確認すると曲がりながら進んで来てるのがわかります。
やはりロープは必需品でした。
その他に装備として、ライト、雨具、食料、線香は必需品でしょう。

樹海の中は、火山岩と朽木が転がり、想像以上に進むのが困難です。
地面の至る所に穴が開いているのですが、落ち葉や枝などが覆いかぶさり、気をつけて歩かないと、穴の中に落ちて怪我をする事になります。
気をつけて歩かなければならない事がもう1つあります、枯れ木のや落穂の下に埋もれた・・・・
 

これだけは絶対に踏みたくありません!!

 

樹海に入り一本目のロープ(300M巻)も終わりに近づいた頃、大き目の風穴を発見したので撮影しました。
穴の中は暗く、中の様子がよく分かりませんが、異様な不雰囲気が漂っています。
毎年、自殺者の多くが、風穴から発見されると聞いていたので中を調べましたが、何も発見できませんでした。
私達は、ここで新たなポープを結び、樹海の更に奥を目指し、進むことにしました。

 

樹海を進んでいると、奥になるほど、空気が冷たくなってきます。
急な斜面を登っているので暑いはずなのに、凍えるような寒さです。
霊気の影響でしょうか?
先を歩いていた、助手Yo君が何かを発見したみたいで、「こっちこっち」と騒いでいます。
急いで助手Yo君の元に向うと、カバンが放置してあります。
その横には、空の飲料水ペットボトルと怪しい色に変色した飲みかけの御茶らしき物が入ったペットボトルが有ます。
私は思わずYo君に「中を調べてみなよ」と促しましたが助手Yo君は「絶対嫌だ!!」と言ってカバンに触れようともしません。
仕方がないので自分でカバンの中を調べようと思いましたが、触れてはいけないもののような気がして、どうしても中を調べる事が出来ませんでした。

カバンをそのまま放置して、周辺を調べることにしました。
カバンの放置してある場所から程遠くない所に、本が落ちていました。
ブックカバーに隠れ、本のタイトルがわからない状態なので、中を開き本の内容を調べる事にしました。
本は雨に濡れており、開くのが困難な状況でしたが、慎重に開いてみると、薬剤の致死量なども細かく記されていました。

 

もう一冊は小説ですが、そのタイトルが樹海に相応しすぎます。
本の内容を調べていると、何となく誰かに見られているような視線を感じ、気味悪くなった私達は、その場を急いで離れる事にしました。

 

樹海は魔性の牙を隠すことなく曝け出し、樹の海と言う名のごとく、見渡す限りの樹の海。
この樹の海の中で、自ら望んで・・それとも魔に誘われ・・孤独な死者達の終着港。
私達はこの海の中で、もう完全に方向感覚を失ってしまっていました。
それでもロープの道標があるので、道に迷う心配はないと過信している私達は更に樹海の奥に進むことにしました。
 

私達が歩いている前方に青色のビニールシートが無造作に放置してあるのを発見したので、調べてみる事にしました。
ビニールシートが何の目的で使用されていたのかは想像でしかわかりませんが、多分テントの役割を果していたのでしょう。
ビニールシートの周りにはコンビニの弁当の空き箱などあり、人が生活をしていたと思われる痕跡が多数あります。
そこから少し離れた場所に光る物を発見したので、近づくと、メガネと靴がありました。

靴の下には錠剤が入っていたと思われる薬のアンプルが落ちていました。
これは自殺した人の遺品でしょうか?
もしかしたら、ビニールシートの下には・・・・・・!!
恐ろしくてビニールシートを捲り確認する事は出来ませんでした。
恐怖が込み上げた私達は、この場から一刻も早く離れて、樹海から出る事にしました。

その刹那「しまった〜!!」
助手Yo君が慌てたように騒いでいます。
「どうしたの?」と聞くと、助手Yo君は「どのロープが私達のロープかわからない・・」と言うのです。
そうです、私達はビニールシートを発見した時にロープが終わってしまったので、近いからと過信して次のロープを結ばずに見に行った為に、先人の張ったロープと混同してしまい自分達のロープがわからなくなってしまったのです。
私の脳裏に「遭難」と言う2文字が浮かびました。
「この写真はロープを必死に探す私たちです。」
私達は適当にロープを選び進む事にしました。

 

先人の残したロープが樹海の奥に繋がっているのか、出口に繋がっているのかは勘に頼るしかありません。
勘を頼りに歩いて行くと、ロープは途中で切れていました。
私達は途方にくれ、それでも次のロープを見つけては歩き続けました。
「ヤバイかもしれないな」
助手M君が言います。
「うん」私はそう答えました。
その時です。前方の木が「ガサガサ」と音を立てて揺らいでいます。
その中から、黒い影が飛び出して来ました。
驚いた私達は「ぎょ!!」っとなりその場で固まりました。

そしてその影が「ママ誰かいるよ〜〜〜〜!!」と言いながら駆けて行きます。

「へっ?」
そうです、私達は迷っているうちに遊歩道のすぐ側まで来ていたのです。
何事もなかったように装い、私達は遊歩道を歩いて帰ることにしました

帰り際に立て札の写真を撮ると、そこには2対の霊が残念そうな視線で写っていました。
 
---以上---

 

 

00:00||--pookmarktop