CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
RECOMMEND

うさぎっ子恐怖館スマホ閲覧verです
しばらくの間、スマホからの閲覧はこちらでどうぞ。

東尋坊編

東尋坊編

執筆者:kuni

恐怖度:

東尋坊・・・・昔、福井県勝山市にある平泉寺にとんでもない暴れん坊の僧侶がいたそうです。
自らの怪力ぶりを誇って暴れまくっていたため、多くの民百姓に迷惑をかけていたといいます。
そう、その怪力の僧の名が東尋坊なのです。
しかしそんな暴れん坊も人の子。
近くに住むあや姫という美しい娘に想いを寄せていました。
ところがライバルがいたのです。
そのライバルとは、たまたま同じ寺にいた真柄覚念という寺侍でした。
この二人は、以前から仲が悪く、これを機にさらに険悪な関係となってしまいました。
ある日覚念は、酒宴を理由に東尋坊を誘いだし、絶壁の上でしたたかに酒を飲ませました。
そして泥酔し、足元も覚束なくなった東尋坊を絶壁から突き落としたそうです。
その直後、天は俄かにかき曇り、豪雨とともに雷鳴が轟き、凄まじい大シケになったといいます。
それが寿永元年(1182)4月5日のこと。
そんなことがあってから、旧暦の4月5日になると、東尋坊の怨霊が荒れ狂い、その都度大変なシケに見舞われたそうです。
その数十年後のある日・・・・
諸国行脚のえらい坊様がこの地を訪れた際に、事の経緯を聞き、東尋坊をいたくあわれみ、次のような供養の歌を贈ったそうです。
「沈む身のうき名をかえよ法の道西を尋ねて浮かべ後の世」
この歌を海に流してからというもの、長く荒れ狂った東尋坊の怨念も解けて、人々を畏怖させた凄まじい大シケも起こらなくなったということです。
前作「雄島編」の探索を終えた私たちは北陸遠征最後の目的地である東尋坊へと向かいます。
東尋坊までの距離は2〜3kmと近いのですが、すでに4時を回ってしまっており、すぐそこに夜明けが迫っています。
夜間探索を信条としているうさぎっ子としては、できる限り暗いうちに探索に入りたいところです。
広く自殺の名所として知られ、現在でも年間50名もの尊い命を飲み込んでいるという東尋坊。
東尋坊の怨念は癒されたのではなかったのでしょうか?
白み始めた空の下、北陸遠征最後の探索に入ります。

 

探索日:2004年6月12日(下見)、6月13日(探索)
探索メンバー:管理人ピフィア、NATS管理人:屋敷サカヱ氏、私kuniの3名

 

6月12日 15時10分
北陸遠征の本格的探索前に東尋坊へ下見に行く途中の車中です。
助手席では師匠が気持ち良さそうに居眠りしています。
嫉妬を感じた私は運転しながらその姿を激写!(笑)
まぁ〜到着するまでは放っておきましょう。

 

東尋坊に到着しました。
時刻は16時を少し回ったところです。
向こうに見えるのが、前作の舞台「雄島」です。

 

遊覧船乗り場です。
遊覧船があるのは知っていましたが、入江状になっているとはいえ、断崖のすぐそばから出ているとは思っても見ませんでした。
さて・・・・
今は下見で来ただけなのですが、早速何かが写りこんでいるようです。

 

怪しいところを拡大しました。
2つの顔が写っているのがわかるでしょうか?
片方は下をダラ〜と出しているように見えます。

 

まさかこんな光景を見るとは思っていませんでした。
なんと、ロッククライミングの練習をしていました。

 

ロッククライミングをやっていた右側の断崖です。
私の印象としては、下に水のあるここよりもロッククライミングの練習場と化している断崖の方が怖いです。

 

しかし真下を見ればこんな感じです。
ここから落ちれば、いくら水があっても海面下の岩に激突してしまうでしょう。

 

下見を終え、駐車場に戻る途中にあった托鉢する僧の像。
これが東尋坊なのでしょうか?
では、一旦去ることにします。

6月13日午前4時過ぎ。
雄島探索を終え、再び東尋坊にやってきました。
当然ですが、この時間帯ではどの店も開いていません。
ところで私の頭に・・・・

 

拡大しました。
雄島で私にとり憑こうとしていた子供が復活しています。
一度は離れたと思わせて、なかなかしつこいやつです。
私は余程弱っていたのでしょうね。
この時、私はすでに平坦なところでも、歩くことが非常に辛くなっていました。

 

モヤモヤがたくさん。
そのいくつかはオーブでしょうが、それよりも気になるところがあります。
右側奥の店舗の一階に小さな光点のある上ですが、黒い影のようなものが見えます。

 

その部分を拡大しました。
げっ!
黒い影のように見えたのは浮遊する生首でしょうか?

 

東尋坊の立て札があったので何気に撮った一枚。
その立て札下の左側の草の中に何かいるようです。

 

拡大しました。
いかがでしょうか?
私には草の中から覗く顔が写っているように見えます。

 

断崖へ向かいます。
この先はご覧のように非常に足元が悪く、腰を痛めている私には非常に辛い道程です。

 

一歩歩くごとに腰に衝撃が走ります。
当然速く歩くことはできず、師匠はかなり先行してしまいました。

 

何とかここまで辿り着きました。
下見時に海面を覗き込んだところですが、今はとてもそこまで近づく気になりません。
その時、先に進んでいる師匠から「kuniさ〜ん、もうそこまでにしりん」の声。
はい、もうまともに動けないので引き下がります(笑)

 

先行した師匠は断崖の先端にいました。
周囲に出ているオーブは師匠を迎えに来ているのでしょうか?
こういった時は、危険なところにいる本人よりも見ている方がヒヤヒヤします。

 

「おいおい、下を覗き込んでるよ〜」
思わず、ズームインして撮りました。
今の私の状態では、恐ろしくてとてもできないことです。
一体何を撮っていたのでしょうか?

 

戻ってくるようです。
これで断崖の取材は終了します。
何とか3人で帰れそうです(笑)

 

戻る途中、もう一度断崖を撮影しました。
多少明るさとコントラストを調整していますが、かなり明るくなってきました。
ところで・・・・

あなたにはわかるでしょうか?
海面に大きな顔と思われるものが現れています。
去り行く私たちに何かを訴えているのでしょうか?

明るくなってきて、通常であれば、うさぎっ子がやる気を失う時間帯です。
しかし今日はまだ帰るわけにはいきません。

 

これは何でしょうか?
私は近づいて中を覗いた覚えはあるのですが・・・・まったく覚えてません。
画像から察すると、大きなお地蔵様のようなものが中にあるように見えます。
東尋坊の像でしょうか?

 

左隅には、観光客が記念撮影する雛壇があります。
奥の黒いものは何でしょうか?

 

拡大してもよく判別できませんが・・・・
何かの歌碑でしょうか?
探索には特に関係ないのでヨシとしましょう。

 

公衆電話ボックスがありました。
しかしどこかで見た「救いの電話○号」というような張り紙はありません。
ん?
ボックスに何か写ってないでしょうか?

拡大してみました。
いかがでしょうか?
いくつかの顔が折り重なるように写っているように見えないでしょうか?

 

ボックス内には、テレフォンカードが2枚置いてありました。
確認しましたが、2枚とも残度数があって使える状態でした。
以前は、小銭が置かれていたようですが、最近はテレフォンカードにチェンジしたのでしょうか?

 

「急いで死ぬな 自分ひとりの命ではなし」
師匠とも話したのですが、「この辺りから身を投げた方が多いのではないか?」と思えます。
なぜなら目立ちにくいからです。
ところで、この画像の左端ですが・・・・

 

拡大しましたが、ここでも左端です。
横たわる生首・・・・
私にはそんな風に見えてしまいます。

 

撮影に失敗して暗い画像だったため、かなり明るさとコントラストを調整しています。
撮り直した画像がありますが、こちらには撮り直した画像にはない何か写っています。

 

その部分を拡大しました。
師匠によると、薄ら笑いを浮かべた女性が流れているそうです。
なぜ?誰に対して?薄ら笑いを浮かべているのでしょうか?

 

こんなところから落ちたらひとたまりもありません。
ん?画像の中央付近が気になりませんか?
黒い影のような・・・・

拡大しました。
まるで人のような形をした影が彷徨っているように見えます。
これは一体何なのでしょうか?

 

ここは崖際まで何の障害物もなく、自殺志願者には格好の場所かもしれません。
ところで、ちょうど画像の中央ですが・・・・

 

これ何でしょうか?
何かが雑草の陰からこちらを覗いているように見えます。
現世に未練を残した自殺者の霊でしょうか?

 

先ほどの位置まで進出した師匠。
草の陰から覗いている存在に気付いていたのでしょうか?

師匠が崖際から撮った画像です。
「まて ここは天下の・・・・・」
ここまでしかわかりませんが、どちらにしても自殺志願者を慰留するためのものでしょう。
やはり私が抱いた印象の通り、ここから飛び降りる人が多いのかもしれません。

 


☆編集後記☆
北陸遠征心霊ツアー。
6月12日昼頃、私の自宅を出発、ツアー終え、待ち合わせ場所に戻ったのは13日午前8時過ぎでした。
探索物件は7件(内6件をレポ発表)を数え、その間の総走行距離は約900kmという、かなり過酷なスケジュールでした。
その最後のレポとなった「東尋坊編」
探索後の感想は・・・・一歩歩くごとに腰から背中にかけて走る痛みが辛かったです(笑)
そんな状態ですから、雄島編以上に霊的なものを感じる余裕は無くなっていました。
もちろんそればかりではなく、東尋坊は雄島に比べると霊的には薄い気がしました。
それは身を投げた方の遺体が雄島に流れてしまうからなのでしょうか?
帰り道・・・・霊現象よりも遥かに恐ろしい危機に直面しました。
長距離運転には自信のある私ですが、階段滑落による怪我、過酷なスケジュールにさすがに疲れていたのでしょう。
自宅まで数km、以前は通勤に使っていた道で、迂闊にも私は居眠りをしてしまいました。
師匠も屋敷さんもとっくに眠っていて、当然私の居眠りに気付く人はいません。
それをわかっているだけに私も目をこじ開けるのに必死です。
そして次の瞬間、目を見開いた私は、車が小さな交差点内で左奥の電柱に向かっていることに気付きました。
慌ててハンドルを右に切って、何とか難は逃れましたが、もう少し気付くのが遅れていれば突っ込んでいたはずです。
居眠りしたのはほんの一瞬だと思いますが、何より左によれたのが交差点内だったので助かりました。
そこまでは歩道もない田舎道であり、もう少し前に居眠りしていれば、間違いなく田んぼにダイブしていたでしょう。
こんな経験から、その後のツアーでは「眠いなぁ〜ちょっとヤバイかも」と思えば、迷わず仮眠することにしています。
探索での怪我、道中の事故など、今回の北陸遠征は改めて危機意識を植えつけられた貴重なツアーとなりました。
副管理人:kuni

東尋坊、観光地でありながら自殺者が多く、自殺の名所として有名になってしまった断崖。
絶壁の高さは25メートルもあり、飛び降りた者はほぼ助からない高さである事が想像できます。
現在、日本では年間3万人以上自殺より命を失う者がいますが、その70%以上が男性だそうです。
そして、東尋坊のような断崖絶壁からの飛び降り自殺は、10代から20代の若い女性が多いとされています。
今回私達は、東尋坊と雄島を探索し、何故人が何かに誘われるかのように自殺してしまうのかの理由を探る事にしました。
まず、実際に断崖から身を乗り出し下を覗いてみたのですが、ここから飛び降りたいという衝動は全く起きませんでした。
私には全く自殺したいという願望が無いので、自殺者の心理が全く分からないからかもしれませんが・・
ただ、東尋坊の絶壁から身を乗り出して下を眺めていると、奇妙な影がうごめいているのが確認できました。
これらのものは、決して良い存在ではなく、精神的に弱っている人や霊的な波動を受けやすい人には結構危険な存在であるように感じました。
しかし、私が感じたものが、自殺願望者をこの地に引き寄せて、自殺させてしまうほどの力があるとはとても思えません。
だとすると、東尋坊で自殺する人のほとんどは、自らこの場所で自殺をしようと考え訪れたとしか思えません。
例外で、たまたま精神的に弱った人や霊的な波動を受けやすい人が訪れ、引き込まれた可能性はありますが・・
東尋坊では年間でかなりの数の方がお亡くなりになっているようなので、偶然や、ここが自殺の名所という理由だけだとはとても思えないのですが、具体的な理由もまた知る事はできませんでした。
しかし、確実に分かった事もあります。
それは、東尋坊で死した魂は、強い霊道の流れに乗り、雄島をエンドレステープのように永遠に彷徨い続けることです。
この力は強大で、簡単には逃れることはできません。
このことから、東尋坊で死した魂は雄島で永遠に彷徨い続けてしまうのです。

管理人:ピフィア

00:00||--pookmarktop