CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
RECOMMEND

うさぎっ子恐怖館スマホ閲覧verです
しばらくの間、スマホからの閲覧はこちらでどうぞ。

<< 知多半島内海トンネル編 | main | 京都笠置観光ホテル編 >>
奈良県某所 山荘廃墟鎌屋敷編

奈良県某所 山荘廃墟鎌屋敷編

執筆者:kuni

恐怖度:

今回、うさぎっ子は関西遠征第一弾と銘打って、奈良と京都の物件を巡ってきました。
すでに滋賀県の物件の掲載を終えているので、第一弾というのもおかしいかと思いますが、そこはご愛嬌ということで。(笑)

さて、その関西遠征第一弾のTOPを飾るのは、数々の忌まわしい噂飛び交う奈良県某所の廃墟群のひとつ通称「鎌屋敷」です。「鎌屋敷」という名の由来ですが、ある方が探索した時に玄関脇に鎌が置かれていたことから、その通称が生まれたと言われます。
その日、私たちは県外への遠征ということで早めに出発したわけですが、予想外に早く現地に到着してしまいました。
そこでいつものように闇を待とうと車に待機となったわけですが・・・・
この後に数箇所の探索を控えていることもあり、うさぎっ子としては不満が残りますが、
今回は闇を待つことを断念し薄暮の突入ということになったわけです。
この物件は私が関西の某サイト様のレポートを読んで、非常に興味をそそられた物件です。
見える方のレポートであり、いろいろな現象を体験していることから、当時うさぎっ子に入隊する前の私はかなりビビリながら読んでいたのを覚えています。
まさか、自分がそこへ行くことになろうとは夢にも思わずに・・・・・

探索日時:2003年7月5日 薄暮時
探索メンバー:管理人ピフィア師匠(以下、師匠)と私kuniの2名

 

錆びた門の脇には表札がありました。
「西○荘」とありますが、○部分がよく読み取れません。
ここは会社の保養所かなにかだったのでしょうか?

赤く錆びた門にはチェーンが掛かっており、入るにはグラグラするこの門を超えなければなりません。
めくれ上がった忍び返しが嫌な感じです。
しかし右側にはなにもなかったので、助かりました。
え〜〜〜、なぜか中に入るまでの画像がなく、今困惑しています。(笑)
ということで、中に入るまでは言葉で説明します。
門を超えて、建物に近付きましたが・・・・
扉がガッチリ封印された状態でしたが、その脇の窓から入れそうなので助かりました。
実はここに来る前に得た情報では、その窓にも鉄板がはめられて侵入できないという話があったのです。
デマだったのか、その後訪れた何者かが破壊したのか・・・・
おそらくは後者でしょうが、とにかく侵入口があって感謝です。

 

 

玄関脇の窓から入ると、まず2階への階段が目に入りました。
とりあえず、2階は後にまわして1階から探索していくことにします。
まずは階段の向こうに見える部屋から探索します。

 

階段の向こうにあった部屋は厨房でした。
流し台の中を見ても、調理器具や食器類などは一切残っていません。

 

ロビーのカウンターの中に入ってのショット。
ここで師匠は微かな気配を感じたようですが・・・・

 

雨漏りがしているようで、天井が腐っています。

 

ロビーの奥にあったボイラー室です。
この画像ではわかりにくいですが・・・・
なによりカーテンの残骸のようなものになにかいます。
そう、うさぎっ子の天敵「蜘蛛」です。
今、見てもゾッとします。

 

赤っぽい不気味な大蜘蛛を警戒しつつ、入ってみました。
ボイラーに「DAIKIN」の文字が読み取れます。

 

ロビーに戻ってきました。
カウンターの上に救急箱のようなものが乗っていますが、中身を調べることはしませんでした。

 

この部屋はなんでしょうか?
どうやら浴室のようですが・・・

 

やはり浴室でした。
浴槽の脇にはバスケットシューズが脱ぎ捨ててあります。
一体誰がこんなところに靴を放置したのでしょうか?
浴槽になにかいそうな気配が・・・・

 

近付いて覗き込んでみましたが、なにもいないようです。
姿の見えないなにかの気配を感じたのでしょうか?

トイレですが、便器内とその脇に焼け焦げたような跡があります。
廃墟での火遊びはやめましょう。

 

では、そろそろ2階に上がってみましょう。
2階の窓から見える空には、まだ若干明るさが残っています。
しかし、この先は少し気配が濃厚になっている感じを受けます。

2階に上がりました。
廊下を撮ったものですが、師匠は向こうの仕切戸に辺りに何かを感じたようです。
では手前から探索を進めます。

 

廊下の画像の手前右側の部屋Aです。
やはり階下と比べると2階の方が気配が濃くなっているのを感じます。
時折、風もないのに揺れるカーテンが不気味です

 

別角度で撮ってみました。
据付の棚の中にはなにも見当りません。

 

廊下の画像の手前左側の部屋Bです。
湿気で床のPタイルが剥げ、ジメジメして嫌な感じです。
奥のベランダに何かが潜んでいるような印象を受けますが・・・・
部屋全体が煤けたように見えるのは、誰かがここで火遊びでもしたのでしょうか?
ちなみに外に見える明かりは、近くにある電波塔施設の明かりです。

 

師匠がなにかを察知した仕切戸です。
この奥には何が待ち受けているのでしょうか?

 

仕切戸を抜けて、入ってきました。
部屋Cです。
割れた窓から植物が侵入してきています。

やはり仕切戸の奥のこの部屋には、何者かが潜んでいるような気配を濃く感じます。

 

次の部屋D脇の廊下に当たる部分だと思います。
天井は無残に剥げ、ダラリと垂れ下がっています。

私が写りこんでしまいました。(笑)
そういえば・・・某サイトのレポートにあった「く○○りの○わ」が掛けられていたのは、ここではないだろうか?

 

先ほど私が立っていた背後にあった壁のシミです。
色も赤っぽく、あまり気持ちの良いものではありません。

 

では、そろそろ階下に降り退散することにします。

帰りの画像にはありました。
この左側の窓が侵入口です。
帰りもここから出ることとします。
私たちは運が良かったのか、悪かったのか、某サイト様のレポートのように何者かが迫ってくる恐怖感を感じることなく、脱出できそうです。

外に出て、噂の濃い2階の窓を撮ってみました。
どうやらお見送りの方はいないようです。

 

こちらはどうでしょう?
2階部屋Bで何者かが潜んでいるように感じたベランダですが・・・・
では次の探索地へと向かうことにします。

 


☆編集後記☆

心霊スポットというのは、その時々により表情を変えるといわれますが、今回探索した「鎌屋敷」も例外ではなかったようです。
冒頭にも書きました関西の某サイト様のレポートを読み、ある意味恐れながらも似たような現象が起こることを期待もしていたわけです。
しかし、残念というか、幸いというか、今回の探索では特に変わったところは見受けられませんでした。

たしかに1階部分よりも2階の方が強く気配を感じたりということはありました。
ただ、それはこの物件の中での話であり、これまで探索してきた物件と比べても特筆すべきものはなにもなかったように思います。
やはり今回は早い時間帯であったことも影響しているのでしょうね。

副管理人:kuni

とある山頂近く、民家と完全に隔離されるように建てられた山荘鎌屋敷、kuniさんとの探索では初めて日が落ちる前の探索です。
場所的には人気(ひとけ)も無く、鬱蒼と木々に囲まれる様に佇む物件なので、夜の探索なら相当怖い物件だと思うのですが、闇に慣れた私達には少々物足りなく感じました。
とりあえず内部へと侵入してみましたが、今まで探索した廃墟と比べても特別嫌な雰囲気も感じる事無く、坦々と探索していきましたが、やはり二階部分は一階部分と比べると雰囲気的に濃く感じましたが、それでも並みレベルです。
むしろこの物件より外から感じる異様なる雰囲気、尋常ではない悪鬼に満ちた雰囲気の方が気になって仕方有りませんでした。
先に探索したその悪鬼に満ちた尋常ではない雰囲気の事を思うと気分が悪くなります・・・・・・

管理人:ピフィア

 

00:00||--pookmarktop