CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
RECOMMEND

うさぎっ子恐怖館スマホ閲覧verです
しばらくの間、スマホからの閲覧はこちらでどうぞ。

<< 知多半島内海トンネル編 | main | 京都笠置観光ホテル編 >>
奈良県某所 陰森の廃墟編

奈良県某所 陰森の廃墟編

執筆者:ピフィア

恐怖度:

前回紹介しました関西遠征第一弾、山荘廃墟鎌屋敷の続編として紹介する今回の廃墟なのですが、霊的な噂としまして一般的にはあまり知られていない廃墟群の一つのなので、霊的に怖い廃墟なのかも分からずに探索する事になりました。
只、噂だとこの廃墟群はかなり謎めいたところも有り、慎重に探索しないとかなり危険な予感がします。
本来は夜の探索を主とするうさぎっ子ですが、今回は薄暮時の探索です・・・にもかかわらず只ならぬ気配を感じ夜の探索にも負けぬくらいの緊張が走ります。
この只ならぬ雰囲気が何なのかを解明する為、早速探索してみる事にします。

 

探索日時:2003年7月5日 探索メンバー:ピフィア、kuniの2名

 

探索の時は大体の位置を事前に特定して探索に望むのですが、今回の廃墟群探索は曖昧で不確実な情報から勘にて位置を推測し挑んだのですが、廃墟群が有ると思われる道のりを歩いて行く途中急に雰囲気が変化したので、間違いないと直感した刹那、唐突に錆びた門が目に飛び込んできました。
どうやら私達は間違う事無く廃墟群に到着したようです。
錆びた門から中を覗くと、木々と竹に隠されるかのように建物が見えます。
にわかに高まる緊張を抑えつつ、早速中に入る事にします。

 

まずは廃墟内の状況を把握するために、建物の外周を調べていくと犬小屋を見つけました。
犬小屋はかなり前から放置されているらしく、腐ってボロボロの状態になっていました。
犬小屋の前には餌入れと思われる鍋が、犬小屋が崩壊した今も失う事無く置かれていました。
犬小屋から視線をずらすと、奥の方に小さな小屋らしきものが見えます。
まずはそこから調べる事にします。

 

小屋はその規模から物置小屋だろうと想像していましたが、中を覗くと想像通り物置小屋になっていました。
置かれている物はかなり年代的なものが多い事から、ここはかなり以前から廃墟だったのでしょうか?
但し、物置は使用されなくなった物が置かれている場合が多いので、ここだけで年代特定をするのは難しそうです。

 

竹に囲まれるように佇む廃墟、こちらが今回メインの探索になる廃墟なのですが、湿気が多い為かかなり傷んでます。
しかしこの異様な湿気は何でしょう・・・・
異様なのは湿気だけではなく何か変な感じがしてドキドキします。
 

建物の中に入る為に侵入口を探しましたが、建物の腐食具合とは反比例するかのように、なかなか侵入出来そうな場所が見つかりませんが・・・
探していると二つの建物を結ぶ渡り廊下を見つけました。
渡り廊下の端には扉が有りますが、そこから中に入る事が出来るでしょうか?
とりあえずは手前の建物から調べる事にします。

 

入口を探すkuniさんを監視するかのようにオーブが現れました。
只、kuniさんの後ろのオーブより気になるのは、kuniさんの首に貼りつく様にピッタリくっついているオーブです。
これは邪悪なオーラを放っていてかなり嫌な感じがします・・・

 

このオーブはかなり気になるので拡大してみました。
kuniさんに貼りつく様に存在しているのが分かると思います。
オーブの廻りからは黒いオーラが放たれ、かなり邪気を感じます。
kuniさんに憑こうとしているのでしょうか?

 

建物の裏側に回りましたが、雨戸が丁寧に閉められており侵入は無理そうです。
雨戸は湿気によりコケが生へてしまった為、緑色になってしまってしまってるようですが、腐食も破壊も無いので、他に入れそうな場所が無いか探してみる事にします。

 

渡り廊下に階段が設置されていますが、腐っていて乗れば壊れそうです。
この高さなら例え壊れたとしても致命的なダメージーは受けないと思うので、階段を壊さないように慎重に上る事にします。

 

階段を上がり右側の部屋に入りました。
かなり狭い部屋なのですが、何に使われていた部屋でしょうか?
部屋の構造だと、書斎とかのような気がしますが実際には何なのかは分かりません。
少し調べてようと思いましたが、床がかなり腐っていて踏み抜く危険が有るので辞めておきます。
しかしこの部屋、正面窓の上に猫の気配、窓右下と、それより更に下の床辺りにも誰かいる気配がします。
少し寒気がするので場所を移動する事にします。

 

この部屋もかなり傷んでいて、部屋の柱、床、天井まで全て湿気で腐ってしまってます。
天板は垂れ下がり、壁も黒ずんでいます。
このまま腐食が進めば近いうちに自然倒壊してしまう事は間違いないでしょう。

渡り廊下左側の扉には鍵がかけられていて侵入は無理そうなので、他の入口を探して彷徨っていると鉄の階段を見つけました。
しかしこの階段、既に完全に腐り果て上る事は出来ません。
無理してよじ登れば何とかなりそうですが、体重で全て壊れてしまう恐れが有るので、更に違う侵入口を探す事にします。

 

一面ガラス張りになっている部屋を見つけました。
ガラスが割れている箇所も有りますが、板で塞いで有るので中に入る事は出来ません。
塞いでいる板に少し隙間が有るので、そこから中を覗くと小さなお風呂が見えます。
もちろん誰も入浴している人はいませんが、何かがいる気配はします。

 

お風呂から少し移動すると、扉の無い部屋を発見しました。
ここから中に入る事が出来る可能性が有るので、調べて見る事にします。

 

これは何なのでしょうか?
一瞬下駄箱かと思いましたが、下の段には靴以外の物が置かれています。
部屋の中には他に通じる扉も無く、外側は壁ではなく金網が張られていた痕跡が有ります。
多分この部屋では何か動物を飼育していたのだと思います。

 

かなりゴミが散乱していますが誰か不法投棄をしているのでしょうか?
床下までゴミが入り込んでいましたが、ゴミだけならいいのですが・・・

ついに入口を発見しました。
ここは自宅の正面玄関なのでしょう?
扉は閉められていますが、ガラスが割られている為、大解放状態になっています。
大解放状態は侵入するには楽でいいのですが、開放されているって事は人でも獣でも霊でも簡単に中に入る事が出来るって事なので油断禁物です。
気を引き締めて探索する事にします。

 

玄関から中に入ると、いきなり多量のゴミ袋が目に入りました。
玄関のガラスが割られているので外からの空気で換気されているのか臭いはあまりしません。
只、絶対に踏みたくは無いので気をつけて進む事にします。

 

まずは恒例のトイレですが、廃墟のトイレとしては綺麗な方です。
トイレが綺麗なのは廃墟があまり荒らされていない証拠だと思いますが、事実は定かで有りません。

 

リビングですが、床一面にウレタン屑のような物が散乱しています。
内部はそれほど荒らされた様子も無く、廃墟特有の落書きも見当たりません。
先に見てきた建物と比べると建物もあまり傷んだ感じはしませんが、天井はかなり腐っているらしく一部抜け落ちています。
壁紙を剥がしたら天井は既にボロボロなのかもしれません。

 

多くの廃墟を訪れましたが、生活用品の残されている廃墟は意外に少なく、何も無い場合が多いのですが、この廃墟には結構残されているようです。
生活感の有る廃墟は生々しさを感じますが、この廃墟も例外ではなく生々しさを感じます。
只それ以外にも、普通では無い生々しさを感じますが、気のせいでしょうか・・・

今も何者かが生活しているかのように布団の敷かれた部屋を発見しました。
部屋の中には布団の他にも空のペットボトルや傘、椀等有りますが、どう見てもペットボトルはまだ新しく最近持ち込んだ物としか思えません。
そう考えると、にわかに緊張が高まります。
「この廃墟には何者かが潜んでいるかもしれない・・・」
ついついそう言ってしまいましたが、言葉に出すと緊張は恐怖を誘い人をパニックにさせるので、女性用の下着がコタツの下に有る事から、ここで恐ろしい事が行われたのではないかと想像しましたが、それは言わずに呑み込む事にします。
何者かが潜んでいる可能性を考慮した私達は、何者かの突然の襲撃にも対処できる様に、微かな物音や気配も漏らさぬよう、神経を集中させつつ探索を続ける事にします。

 

閉まっているふすまを何者かがいない事を祈りつつ、緊張しながら開けましたが、とりあえず誰もいない様なのでホッとしました。
先程の部屋と同様、あまり広くないこの部屋の中には片隅にタンスだけが置かれているだけでした。
寝室として利用されていたのでしょうか?
タンスは全て開かれており、中にはゴミ以外は何も残されていませんでした。

 

キッチンですが、少々の調味料と食器類が無造作に置かれていますが、何故か調理器具は殆ど残されていませんでした。
新聞紙で包まれた一升ビンが有ったのですが、その中には何か得体の知れない物が入っていましたが、何だったのでしょうか・・・
気持ち悪いです・・・・
お見せ出来ないのが残念です。。

 

何者かが潜んでいるかもしれない恐怖と、狂気に満ちた異様な雰囲気、そして嫌な霊気、どれをとってもこの廃墟は普通では無いような気がしてきました。
この傷んだ部屋の中からも何者かに見られている感じがしますが、それが生きた人の視線なのか、霊的なものなのか、気のせいなのかさえ確信できなくなってきました。
少しパニックを起こしているのでしょうか・・・

 

この廃墟は廊下が狭く扉が多いので、何者かが何処からともなく突然襲い掛かってきそうで怖いです。
少し神経過敏になり過ぎているのかもしれませんが、とても気楽に探索できるような雰囲気では有りません。
実際はもう帰りたいくらいです・・・

 

気を取り直して探索していると、地下への階段を見つけました。
あまり気が進みませんが、下りてみる事にします。

 

湿気と空気が全く循環しないせいか、地下一面黒カビで覆われていました。
開いた扉の入口付近に気配を感じて気が重いですが、中に入ってみる事にします。

 

中に入ると、そこには見覚えのある小さなお風呂が有りました。
一面ガラス張りと割れたガラスを塞いだ板、見覚えが有る景色だと思ったら、侵入口を探している時に覗いたお風呂でした。
どうやら地下だと思っていた場所は、実際は一階部分のようです。
山の斜面に建てられているので、階段を下りても地下にはならないようです。
お風呂の入口付近から感じていて気配が、こちらに近づいてきたようなので、そろそろ移動する事にします。

 

ここからは客室のようです。
はじめ民家の廃墟だと思っていましたが、客室や客用のお風呂が有る事から、山荘のようです。
どうやら私達が侵入した場所はオーナーの住いだったようです。

 

なかなか広い客室に布団が敷かれているのを見つけドキッとしましたが、どうやら敷いてあるのではなく、出しっぱなしになっているだけのようです。
部屋を調べていると隣の部屋を探索していたkuniさんが呼んでいます。
何か見つけたのでしょうか?

kuniさんが見つけたのは鴨居に掛けられた、コタツの電源コードのようです。
これで首吊り?と一瞬ドキッとしましたが、畳に汚れも無い事から、これは誰かのイタズラだと判明しました。
只、実際にこの廃墟でそんな事実が有ったとしても不思議ではないくらいの気配は漂っていますが・・・

 

少し同じ場所に長く留まって探索していると、どこからともなく気配が集まってくるのでかなり気味が悪いです。
狂気漂うこの廃墟に長居をすると神経が変になりそうなので、そろそろ退散する事にします。

 

「外に出てきて気分爽快です。」
と言いたいのですが、外に出てきても一向に狂気は漂っています。
それが何なのかは分かりませんが、この廃墟群の何処かに秘密が隠されているのかもしれません。


---最終話につづく---

 


☆編集後記☆
今回は奈良県某所 山荘廃墟鎌屋敷編に続く第二弾のレポートなのですが、潜んでいる者がいるかもしれない恐怖と、廃墟内の濃い気配に恐怖しながらの探索になりました。
しかし、ここに漂う狂気な気配は別で、この廃墟内に原因が無い事だけは、はっきりと確信する事が出来ました。
何故なら、廃墟内の雰囲気より外に出た時の方が、狂気な雰囲気は強く感じられるからです。
それが何処から漂ってきているのかが問題なのですが、それは最終話で明らかになるかもしれません・・・

管理人:ピフィア

前回の山荘廃墟「鎌屋敷」に続く、奈良県某所の廃墟群のレポート第2弾はいかがでしたでしょうか?
この物件のレポート。実は私も前回の「鎌屋敷」よりもこちらを書きたいと思っていました。
ただ、珍しく師匠が「ここは書きたい」と主張したので、やむなく引き下がった次第です。
いつもなら画像から影響を受けそうなキツイ物件は、そういった影響をほとんど受けない私に回ってくるのですが・・・・・
師匠はなぜこのレポートを書きたかったのか、今回のレポートの下書きを読んで、なんとなくわかった気がします。
まだ日の残る薄暮時にも関わらず、この廃墟は「鎌屋敷」に比べて非常に嫌な雰囲気に満ちていました。
霊的な意味はもちろんですが、この廃墟に関わらず付近一帯に漂う一種異様な雰囲気は行った者でないと感じ取ることはできないでしょう。
どんな言葉で説明したらいいのか・・・・
そう、帰りの道すがら師匠と話していた言葉。
多くの探索を手がけてきた私たちでも、これほど「猟奇的」な匂いのする一帯は初めてでした。
しかし、師匠も意地悪です。(笑)
私は今、このレポートの下書きを見るまで「邪悪なオーラを放つオーブ」のことは知りませんでした。
おそらくは影響を受けてないと思いますが・・・・(汗)
なんか首が気になります。(笑)

副管理人:kuni

 

00:00||--pookmarktop