CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
RECOMMEND

うさぎっ子恐怖館スマホ閲覧verです
しばらくの間、スマホからの閲覧はこちらでどうぞ。

<< 佐久間ダム編 | main | 吹上トンネル3兄弟と廃屋編 >>
旧小峰トンネル編

旧小峰トンネル編

執筆者:ピフィア

恐怖度:

 

東京都あきる野市と八王子市の境小峰峠に、今は隔離されるかの如く存在する「旧小峰トンネル」、このトンネルが現役時代には切断された自分の両手首を求めて彷徨う女の子の霊とトンネルに響き渡る鈴の音と共に現れる少女の霊が目撃され話題となったお化けトンネルなのですが・・・・・
1988年〜1989年にかけ日本を震撼させた連続少女誘拐殺人事件、警視庁広域重要指定事件業117号事件、「宮崎勤幼女連続殺人事件」の被害者が小峰峠で遺体と遺体の一部が発見された悲しい事件の現場でもあります。
ここで目撃された少女の霊と、日本を震撼させた猟奇殺人、「宮崎勤幼女連続殺人事件」との関連とは・・・・

探索日時:2003年8月10日
索メンバー:管理人ピフィア、副管理人kuniの2名

 

 

今回は地図にて旧小峰トンネルの位置は完璧に把握していたので場所には自信が有ったのですが、何故かナビにて到着した場所は新小峰トンネルでした。
しかし旧トンネルは新トンネルの側に有る場合が多いので慎重に旧トンネルの側を調べていくと、新小峰トンネルの前に路線変更前の白線が残されていました。
どうやらここから旧小峰トンネルへ行けそうです。
途中フェンスにより道は完全封鎖がされているのでここからは歩いて現地に向かはなければならないのですが、フェンスの前に何やら怪しい車が駐車しています。
怪しい車のリアウィンドには車の撤去を促す警告文が貼られています。
どうやら放置自動車のようですが、場所が場所だけにかなり不気味な感じがします。
「死体とか有ったりして・・・」と恐る恐る中を覗いてみましたが、中にはゴミしか無いようです。
「ホッ・・・」

 

 

フェンスを越えると、そこは全く人気の無い別世界へと変貌します。
街灯が無いためか、闇が支配する道はかなり気持ちが悪く、風による木々のざわめきさへ恐怖を誘うのには十分過ぎるほどです。

 

 

どれほど暗い道を歩いてきたのでしょうか?
かなり歩いてきたようにも思えますが、まだ目的のトンネルは見えてきません。
目的地への距離も分からず歩くのは精神的にもかなり疲労します。

 

ここが小峰峠だと示す標識を発見しました。
目的の旧小峰トンネルはどうやら近そうです。

 

 

事件の情報を呼びかける立札を発見しました。
しかし、宮崎勤幼女連続殺人事件に関連する情報提供を求めているものでは無さそうです。
ここでは他にもいろいろな事件が起きているのでしょうか?

 

警察の立札から少し行くと、突然旧小峰トンネルが姿を現しました。
新小峰トンネルが開通した今、旧小峰トンネルは全くその機能を果たしていないはずなのに、何故かトンネル内にはライトが灯っていました。
普通ライトが灯っているトンネルには恐怖はあまり感じないのですが、このトンネルではライトさえ血の色に見え不気味です。

 

 

旧小峰トンネル八王子側入口です。
トンネル内部は赤く血の色に染まり、悲しい事件を再現しているかのようです。
トンネルから吹いてくる風の音も悲しみの音色に聞えてきます。
まだトンネル内に入っていないのに体が硬直します。
私は既に恐怖しているのでしょうか・・・・

 

 

トンネルの名称を調べようと入口の上を撮影しましたが、文字が消えかけてしまっているのか、上手く写す事が出来ませんでした。
「小峰隧道」と書かれているはずですが・・・・

 

 

トンネル内に入りましたが、内部はかなり湿気が多く不快な感じがします。
不快といっても温度はそれほど高くなく、むしろ寒いくらいですが・・・
やはり湿気の影響でしょうか?

 

 

トンネル内を歩いていると壁の方に気配を感じたので撮影しました。
写真には白い球体が写っていますが、普段写るオーブとはまた違った感じがします。
この辺りから私は頭が痛く気分も少し悪くなってきました。

 

 

トンネル内のライトがオレンジ色のライトに変わりました。
このオレンジ色のライトがトンネル内を赤く見せているのですが、私にはこのオレンジ色のライトになった途端何故だか霊気も濃くなったように思えますが・・・・

 

 

あきるの市(旧名:五日市町)側の出口まで来ました。
八王子側の入口もかなり不気味だったのですが、こちら側は比べ物にならないくらい霊的に濃くなっているように感じます。
kuniさんが撮影した私の後姿ですが、かなり怯えている様子が分かると思います。。

 

 

トンネル内の出口付近の天井にオーブが写っていますが、気になるのはトンネルを出た道の左側に写っている標識の丁度同じくらいの位置の道を挟んで右側に鬼火が見えます。

 

 

気になる部分を拡大しました。
鬼火とその下には顔のようなものが写っています。
しかしここに現れる少女の霊は供養されたと聞きましたが・・・

 

あきるの市(旧名:五日市町)側の入口です。
八王子側の入口よりかなり不気味な感じが漂っています。
多分事件はこちら側で起きたのでしょう・・・

 

 

このトンネルと関係する「宮崎勤幼女連続殺人事件」ですが、1988年(昭和63年)8月22日 入間市の設備設計会社社長(当時47歳)の次女で今野真理ちゃん(4歳)が印刷業手伝いの宮崎勤(当時26歳)に埼玉県入間市内の歩道橋を歩いていたところを「涼しいところに行かないかい?」と声をかけ東京都八王子市内の山林に連れ込み、午後6時半ごろ真理ちゃんが泣き出したので絞殺した。
その後東京都杉並区高円寺南のレンタルビデオ店にてビデオカメラを借り殺害現場に戻り遺体の陰部に指を入れるなどして撮影し衣服を持ち帰った。
1989年(平成元年)2月6日今野宅玄関前に段ボール箱が置かれているのを発見。
中には細かく砕かれ焼かれた人骨片、ピンクのショートパンツ等を写したインスタント写真、5つの文字をコピーした紙が入っていた。(犯行声明は今田勇子という名前で朝日新聞社と今野宅に送られた)

1989年(平成元年)9月13日 小峰峠の山林にて手足の骨が発見された。

 

 

あきるの市(旧名:五日市町)側の入口ですが、かなり霊的に気になるので何枚か撮影しましたが、視覚で見える霊的なものは写っていないようです。

 

 

kuniさんも何か気になるのか?入口付近を丹念に調べていました。

 

 

 

ここで少女の霊が現れるとの噂から、秋川新聞という地方新聞にも取り上げられましたが、実はその記事を編集し発行していたのが皮肉にも宮崎勤の父親だったのです。
その後宮崎勤の父親は息子に対する自負の念から1994年11月21日多摩川の橋から投身自殺をしています。
その知らせを受けた宮崎勤は「スーッとした。」と言ったそうです。

 

帰るために再びトンネル内に入りました。
気のせいか、来た時よりトンネルの赤が増したように感じられます。

 

私達を出口に先導しているかのようにオーブが写っています。
「早く帰れ」と言っているのでしょうか?
それとも引き止めているのでしょうか・・・
トンネル内は何にせよかなり息苦しさを感じるので、少し足早に出口に向かう事にします。

 

八王子側出口に近づいてきました。
途中気になる部分を写しましたが特別何も写っていないようです。
しかし、何だか後ろの方が気になります。
気になりますが、振り返るのはやめておきましょう・・・

 

トンネル八王子側出口まで戻ってきました。
先程から後ろが気になって仕方なかったのですが、トンネル内では振り返ると嫌な思いをしそうだったので我慢していたのですが、出口まで来て気がゆるんだのか振り返ってしまいました。
振り返っても特別何か見えたわけでもないのですが、トンネルの奥から何かが追いかけて来ているような気がして一瞬背筋が寒くなりました。
もしかしたら、恐ろしい殺人鬼の魔の手から逃れようとしている少女の記憶・・・
それを感じたのかもしれません。

 

闇は更にその濃さを増してきたように感じます。
この深き闇の中で今も幼くして殺害された少女は彷徨っているのでしょうか?
宮崎勤は1989年7月23日午後、八王子市で遊んでいた幼女(当時6)に声をかけて車に乗せ、八王子郊外の山林に連れ込み、裸にしてビデオを撮ろうとしたところ、尾行していた幼女の父親に捕まり、通報で駆けつけた八王子署員に強制わいせつで逮捕された。
宮崎勤が逮捕されてからは、被害者とされる少女の霊は姿を現さなくなったといわれていますが・・・・
今は成仏されたことを祈るばかりです。。
----以上----

 


☆編集後記☆

今回探索した旧小峰トンネルですが、今から15年以上も前の「宮崎勤幼女連続殺人事件」で当時かなり有名になったトンネルです。
今では、事件すら知らない人も多いでしょうが、この事件は現在問題になっている多くの猟奇的な殺人のはしりだったような気がします。
宮崎勤はこの小峰峠に関係する事件として1988年(昭和63年)10月3日午後3時ころ、埼玉県飯能(はんのう)市の原市場小学校の傍らで遊んでいた飯能市の運転手(当時40歳)の次女で小学1年の吉沢正美ちゃん(7歳)に、「道を教えてくれるかい?」と近づき、八王子市の新多摩変電所まで走り、さらに、歩いて日向峰の山林内に連れ込んで、午後5時ころ、絞殺し、全裸にして性器などに指を入れるなどしたが、死んだはずの体が動くので怖くなって逃げ帰ったと自供しています。
宮崎勤逮捕後自供により、1989年(平成元年)9月6日自供に基づき正美ちゃんの遺骨と衣類を東京都五日市町(現:あきる野市)の小峰峠の山中で発見。
噂では小峰トンネルまで少女は逃げてきたとされてますが、その真実は不明です。
他に宮崎勤は1988年(昭和63年)12月9日に難波絵梨香ちゃん(4歳)、1989年(平成元年)6月6日に野本綾子ちゃん(5歳)を殺害しています。
野本綾子ちゃんの場合、遺体の悪臭がひどくなってきたので、遺体の頭部、両手足を切断、髪の毛や歯を抜き、胴体部分を埼玉県飯能市の宮沢湖霊園の公衆トイレ脇に、頭部は自宅近くの御獄山に棄てたと自供、自供通りの場所で各遺体が発見された。
両手首は食べたとの自供も・・・・
異常なる殺人鬼、宮崎勤ですが、2001年6月28日 東京高裁 河辺義正裁判長 控訴棄却 死刑判決 となっています。
最後に被害者の方々には謹んでご冥福を祈ります。
管理人:ピフィア

関東遠征第一弾、2つ目のレポートは宮崎勤の事件に関わりのある「旧小峰トンネル」です。
最初の被害者である今野真理ちゃんの切断した手首を。
そして2人目の被害者吉沢正美ちゃんを飯能市自宅近くで誘拐し、絞殺したあと小峰峠の山中に捨てたという。
真偽はともかく、その場所が旧小峰トンネルの上であるという話もあるようです。
現地付近、つまり現在の新小峰トンネルに着いた私たちは、新トンネルの北側も南側も侵入路が閉鎖されていることに気付きました。
徒歩しか選択肢がないということで、どちら側からアプローチすべきかを相談し、どちらからでも大して距離が変わらないことから、南側からの侵入を決めました。
その入口には、白いライトバンが放置してあります。
そこから約1km近く歩いたでしょうか?小峰峠を示す案内板があり、その先に今も現役時代のように照明の点いたトンネルが姿を現しました。
しかしここも旧吹上トンネルのように、照明が点いています。
ただ、ここの雰囲気はどうも旧吹上トンネルとはレベルが違います。
この感覚をどう説明すればいいのか・・・・・・・・・私にはそれを語る言葉がありません。
見た目で言えばですが・・・明るく、赤っぽい照明の不気味さ以外は恐怖感を感じないトンネルですが、私の微々たる霊感に触るなにかがあったのかもしれません。
もしかしたら、被害に遭った真理ちゃん、正美ちゃんの・・・・・
そう、師匠が言っていたように彼女たちが体験した「恐怖の記憶」を感じたのかもしれませんね。
何度思い返してもはらわたが煮えくり返るような事件でしたが、今は被害に遭った少女たちが安らかに眠っていてくれることを願ってやみません
副管理人:kuni

00:00||--pookmarktop