CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
RECOMMEND

うさぎっ子恐怖館スマホ閲覧verです
しばらくの間、スマホからの閲覧はこちらでどうぞ。

<< 藤岡病院編 | main | 白石鉱山廃墟白い迷宮編 >>
厚木市恵心病院編

厚木市恵心病院編

執筆者:ピフィア

恐怖度:

 

 

神奈川県厚木市の恵心病院、通称心霊病院とも言われ、地上7階のその規模は、関東地区でも最大級の廃病院です。
この何とも魅力的な廃病院の隣に、24時間診療体制の救急総合病院が開設されることが決まり、恵心病院は取り壊される予定との噂を知った私は、居ても立ってもいられなくなり、急遽恵心病院取材を敢行する事にしました。
早速うさぎっ子達にも連絡を取り、緊急招集を掛けましたが、大規模廃病院に“ビビッタ”のか全員パス・・・・
仕方ないので、単独で取材する事を決めた私は、物件が物件だけに夜取材は危険と判断、午後3時着を目指し、余裕をもって午前10時に出発しました。
しかし、東名高速浜松IC付近からいきなりの大渋滞、どうやら冬季休暇で帰省していた人達のUターンラッシュによる渋滞のようです。
しかも、晴れてた空もいつの間にかどんよりと曇り、足柄SA付近では雪までも舞い散っていました。
冬の短い昼時はいつしか終りを告げようとしています。
渋滞は更に勢いを増し、蛇の如く続いています。
道路の状況を示す表示板には「横浜町田まで渋滞50-通過4時間以上」と書かれた電光文字が、ただ虚しく輝いていました・・・

 

厚木ICを降りた時には時間は既に午後8時を越えていました。
目指す恵心病院は厚木ICから国道129号を相模原方面に向うと、簡単に見つける事が出来ました。
とあるパチンコ店の駐車場に車を停め、早速侵入する場所を探す事にしましたが、廃病院正面は大通りに面しており、かなりの通行量が有るのとGSから丸見えの為、裏側からの侵入口を探す事にします。

 

恵心病院の裏側と思われる地点に横道を発見したので、そこから横道に入ると、いきなり林のような状態になってしまいました。
木々が茂り不気味さを引き立てています。
「もしかしたら道を間違えてしまったのかもしれない・・・」
そんな不安が頭を過ぎりましたが、もう少し先に進む事にします。

不安ながらも進んで行くと、林の切れ目から、目的の病院裏が見えてきました。
更に病院裏に近づくと、噂通りの巨大さに圧倒と驚愕を感じ侵入をためらいましたが、ここは愛知から遠く離れた神奈川県、ここまで来たら引き返すわけにはいきません。
私は度胸を据、向う事にしました!!

 

更に建物に近づくと、お約束の「立入禁止」の看板とフェンスが侵入者を拒んでいるように見えましたが、先入者により倒されたフェンスは、既にその役割を果していませんでした。
ところで肝心の恵心病院の心霊に関する噂なのですが、「廃墟となった建物の屋上から、高校生が飛び降り自殺し、その霊が現れる。」「外から見ていると、4階の窓で、白い服を着た女性が手招きしているのが見える。」「手術室では手術の失敗で亡くなった人の霊が現れる。」などですが、そんな怪奇現象が起きても不思議では無いような雰囲気を、この病院は醸し出していましす。

 

倒れたフェンスから病院の敷地に入り、内部への侵入口を捜していると、外壁に空いた穴を発見しました。
「なぜこんな所に穴が?」と一瞬思いましたが、外壁の落書きの多さから、どのような人が壊したかは容易に想像が出来ます。
とりあえず、この穴から病院内に入る事にしましょう。

壁穴から侵入した場所は、どうやら機械室のようです。
中は暗くて様子がよく分かりませんが、様々な機械が据付けられています。

機器は空調かマルチエアコンユニットなどの設備でしょうか?

 

開いている配電盤にはホコリ一つ付いてなく新品のようです。
これらの機器の多くはあまり使われる事無く、廃病院となってしまったのでしょうか?

闇が支配する無人の機械室、コンクリートの壁に囲まれた機械室は少しの物音にも敏感に反応し、大げさな反響音を轟かせ、私を驚かさせます。
床に無数に広がる配管類に時折つまずきながらも慎重に行動し病院内に通じる扉を探していると、機械室の奥の方にドアを発見する事が出来ました。
機械室から開放される喜びと、「今からが本番だ!!」という複雑な思いを抱き、私は機械室を後にしました。

 

機械室から院内に入ると、壁一面に描かれた落書きが出迎えてくれました。
噂としては知っていましたが、実際この目で見ると、落書き数の多さに圧倒されてしまいます。
いったい今までに何人の人がこの廃虚に入り落書きを施したのでしょうか?
壁という壁に描かれた落書きに見蕩れながら歩いていると、受付らしい場所を発見しました。
なぜか受付前の天井は抜け落ちていましたが、自然に落下したのでしょうか?

受付と思われる場所の近くには、このような部屋が何部屋か有りましたが、部屋名を示すプレート類は外されており、何の部屋かは分かりませんが、多分治療室か診察室だと思います。
部屋の中は暗く薄気味悪いのですが、とりわけ感じるものはありませんでした。

診察室か治療室と思われる部屋を出て、更に先に進むと、小型のエレベーターを発見しました。
このエレベーターを使い食事などを搬入していたのでしょう。
だとすると、ここは病院の厨房なのでしょうか?

エレベーターの奥に何やら妙な機器が残されています。
何かと思い調べてみると、どうやら業務用のティルティングパンのようです。
これで大勢の患者さんの為に炒めもの等を調理していたのでしょう。
どうやらここは厨房で間違いなさそうです。

 

1階のエレベーターを発見しました。
噂では、この病院にはエレベーターでしか行けない地下室が存在し、そこには霊安室が存在するそうですが、廃虚後誰も地下室に行った人はいないそうです。
エレベーターの扉は硬く閉ざされており、その扉を開く事は出来ません。
地下室がどのような状態で存在しているかを知る由もない私は、何かを探るようにそっと扉に耳をつけ、聞き耳を立ててみましたが、物音一つ聞こえてはきませんでした。

 

 

ここはトイレでしょうか?
トイレだとは思いますが、便器の形が普通の便器とは違います。
たぶんこの便器は気分の悪くなった患者さんの為に設置された、ゲ○専用便器だと思います。
しかしこのトイレ、気のせいか何となくゾクゾクします・・

 

こちらは普通のトイレですが、この病院が廃虚と化した現在も、どうやらこのトイレは頻繁に使用されているようです(^^;

院内も奥に進んで行くにつれ、壁一面に描かれていた落書きも少しずつ少なくなってきました。
通路脇には鉄の扉で閉ざされた部屋が並んでいます。
扉で閉ざされた部屋は何となく不気味な感じがしますが、順に調べてみる事にしましょう。
「標本とか有ったら嫌だな・・・」などと思いつつ、恐る恐る扉のドアノブを回すと、施錠などはされておらず簡単に扉は開きました。
部屋の中は想像とは違いコピー機に似た機器が有るだけで、標本など有りませんでした(^^ゞ

 

次の部屋はかなり狭い部屋です。
何室なのでしょうか?
部屋の中には酸素吸入器用の配管が残されている事から、治療室なのでしょうか?

 

この部屋は放射線治療室かレントゲン室なのですが、部屋の中にはまだ機器が残されており、とても危険な感じです。

 

放射線治療かX線撮影に使う機器でしょうか?
放射性物質など残されていないか心配です。
私の先入観からなのかもしれませんが、何となくゾクゾクします。
一瞬、「放射能でも漏れているのか?」と思いましたが、多分寒さのせいでしょう・・・

 

他に部屋の隅にも用途不明の機器が並べて置かれています。
これらの機器も危険そうなので、早々に部屋から出る事にします。

放射線治療室と思われる部屋の隣の部屋なのですが、扉には「1」と書かれています。
扉は他の部屋とは違い2枚扉になっています。
何か大きな荷物を搬入してた部屋なのでしょうか?
とりわけ気にせずにドアノブを回すと、「ギギッ」と少し嫌な音を立てながら、扉は内側に開いていきます。
扉を開くと、冷蔵庫を開いた時のような寒い冷気を部屋の中から感じます。

部屋の中は、今まで見てきたどの部屋よりも暗く、嫌な感じがします。
部屋の中はとりわけて何もなさそうなのですが、とりあえず入ってみる事にしました。
この部屋が何の部屋かも知らずに・・・

 

部屋の中は、何者かに消火器を撒かれたらしく、白い粉が散乱していて、粉っぽいです。
床は深緑の単色で塗られているので、どうやらそれが部屋全体を暗いイメージにしているようです。
しかし、この暗い雰囲気はそれだけでは無いと思うのですが・・
白い布の帯が天井の縁から壁を伝い、床まで続いています。
いったい何なんでしょうか?

 

何かと思い近づいて良く見てみると、それは葬儀の際祭壇の上に飾られている幕に良く似ています。
「なぜ、そんな幕が病院内に飾って有るのでしょうか・・・」
などと考えている暇もなく、青ざめていく自分が分かります。
「霊安室・・・・」
どうやら私はいつの間にか禁断の場所に足を踏み入れていたようです。

 

この部屋に入った時は確かに薄気味悪さを感じましたが、まさか霊安室だとは思いませんでした。
どうやら「霊安室は地下室に有る」というのは噂だけだったようです。
しかし霊安室だと知ってしまうと、にわかに恐怖が込み上げてきます。
あまりの唐突さに身構える暇も無く霊安室に入ってしまった私は、少しパニック状態で上手く頭の整理が出来ません。
「怖い怖い怖い」あまりの怖さに頭の中は「怖い」の一色です。
「逃げ出してしまおうか・・」とも思いましたが、恐怖で逃げ出すと、もう後戻りは絶対不可能なので、何とか気力で留まり取材を続けます。
壁にエアコンの設置跡が残っていますが、これで御遺体を冷やしていたのでしょうか?
天井には死臭を取り去る為だと思われる換気扇が設置されている事から、この真下に御遺体を安置していたのでしょう。

 

エアコンが設置されていたと思われる跡の真上の壁紙が剥がれ、その部分が黒くカビたような染みになっているのが不気味です。
その部分を拡大してみると、その染み一つ一つが顔に見えてきます。
不幸にも病気や事故などで亡くなられた方達が、こうした形で現れているのでしょうか?

 

部屋の片隅には段がついた木箱が置かれていますが、これは嘗て祭壇として使われていたのでしょう。
祭壇の上には消火器の粉が雪のように白く積もり、落書きまでされています。
しかし、仏様を祭る為の葬具を汚したり落書きする人の、神経を疑ってしまいます。
人として、やっていい事と悪い事の区別もつかないのでしょうか?

祭壇脇の床に、菊の花が落ちていました。
本物の生花と思い“ギョッ”としましたが、どうやら造花のようです。
故人の冥福を祈る為に飾られて菊の花も、今となっては廃墟の一部とし化してしまっています。

 

 

霊安室の壁に窓を発見しました。
窓ガラスは黒く着色されており隣の部屋の様子を伺う事が出来ないようになっていました。
この窓は多分、隣の部屋から霊安室の様子を伺う為の窓だったのでしょう。
霊安室に留まるのも、そろそろ限界を感じてきたので、そろそろ出る事にします。

 

1階部分の一応の探索を終えた私は、今度は2階部分に向うため階段を上がりましたが、2階部分の入り口扉は閉められ、溶接までされています。
これでは中に入る事が出来ません。
仕方が無いので更に上の3階に上がると、何故かそこは閉められている様子も無く簡単に入る事が出来ました。

 

廊下部分には洒落た出窓が施されています。
窓には落書きがある事からガラスが割られていないように見えますが、落書きは窓のフレーム部分に書かれているので、うかつに近づくと転落する恐れが有りとても危険です。

3階部分も天井から壁までかなり破壊されています。
どうやら3階部分も相当荒らされているようです。

 

ここは何の部屋でしょうか?
何の変哲も無い普通の部屋のように見えますが、入った途端霊安室にも引けをとらないくらいの霊気を感じます。
写真にも白いモヤが写っていますが、この部屋で亡くなられた患者さんの霊なのでしょうか?

 

3階部分に外に出られる場所を発見したので、ここで少し休憩する事にします。
薄く積もった新雪の上には、探索者のものと思われる足跡が残されています。
多分私が訪れる前に探索に訪れた人の足跡なのでしょう。
これだけ巨大な廃病院だと探索者も多く訪れて当然ですが、今のところ私は誰一人として遭遇していません。
寒さの為、夜探索をしているのは私だけかもしれませんが、私としてはその方が好都合です。

この部屋は心電図などの機器が設置されているので検査室だと思いますが、もしかしたらリカバリー室なのかもしれません。

3階部分をくなまく探索していくと、大病院らしく至る所に階段も設置されています。
何箇所かは溶接により鉄の扉が封印されており他階に行く事が出来なくなっていましたが、慎重に調べて行くと2階部分に通じる階段を発見する事が出来ました。
早速2階部分を調べに行く事にしましょう。

2階には手術室が有ると噂されていますから、まずそれを探す事にしましょう。
タイルで囲まれた部屋を発見しました。
問題の手術室でしょうか?
しかし手術室にしては大型の無影灯が見当たらないので手術室では無さそうです。
床はコンクリートで出来ており、何かを流すには丁度良い具合です。
その時はあまり気にはなりませんでしたが、後でよくよく考えてみると病理解剖室だったのかもしれませんが、あくまでも推測です。

 

学校の化学室に似たこの部屋は実験室なのでしょうか?
大型の机の上にはステンレスの板が敷かれ何らかの実験か実習が行なわれていたと思われますが、実際何に使用されていたのかが分からないのが気になって仕方有りませんでした。

更に廊下を進んで行くと明らかに他の場所とは違う雰囲気が漂っています。
どうやらこの奥に問題の手術室が存在しているようです。
期待と不安を胸に秘め、私は手術室に向かう事にしました。

巨大病院の手術室は広く、私を驚愕させます。
手術室は無影灯が左右二手に分かれている事から、第一手術室と第二手術室に分担されていたのでしょうか?
しかし手術室には第一と第二を分ける壁は無い事から、カーテンなどで仕切りされていたのでしょうか?
何はともあれ、とりあえず奥側の手術室から調べる事にします。

 

奥の手術室の天井部分は抜け落ち床に散乱しています。
天井裏で大型のネズミでも大暴れしたのでしょうか?
無影灯以外は目立った物は無さそうですが、近づき調べてみる事にします。

 

手術道具などを収納していたと思われるステンレスの棚ですが中には殆ど何も残されてはいませんでした。
しかしステンレスが醸し出す鋭利な銀色が私の照らすライトの光により金色に輝きとても不気味です。

無影灯の下には弧状に曲がりフレームだけとなった移動式の台が設置されています。
手術の際この上にメスなどの手術道具を置いていたのでしょう。
弧状に曲がっているのはドクターが使いやすいように工夫されているのだと思います。

 

名前は分かりませんが、手術の際に使用済みのコットンや摘出した臓器などを入れるステンレストレーです。
トレーの底には何かが付着しているようですが、血糊でしょうか?

今度は手間側の手術室を調べる事にしました。
床には医療器具が散乱しており感染などの危険が有るので慎重に調べる事にします。

手術台ですが、水色のラッカーで書かれた落書きが闇の中で微かに光って見え一瞬驚きました。
手術台の奥には麻酔器も残されています。

 

手術台脇の机上と床下にはアンプルや医療機器の部品が散乱しています。
散乱したアンプルの一部には燃やされた跡も有り、有害物質なども含まれている可能性が高そうなので、触れないように気を付けながら進む事にします。

 

手術室の奥には手術の際使用していたと思われる危機が無造作に置かれています。
医療用の精密機器かのでかなり高価な機械だと思いますが、今となっては只の粗大ゴミと一緒です。

 

ステンレスで作られた部屋を発見したので中に入ってみると、どうやら大型の冷蔵室のようです。
手術で必要な血液などをこの冷蔵室で保存管理していたのでしょう。
この手術室では多くの患者さんが手術の失敗により亡くなったと噂されています。
確かに手術室という特別な空間は、他とは違う雰囲気を醸し出しておりかなり怖いのですが、それは視覚的な怖さであり、霊的にはそれほど感じる事も無く手術室を後にしました。

 

手術室を後にした私は、再び上の階に向う為階段に戻ることにしました。
途中まだ2階部分にも調べながら歩いているとナースステーションらしき部屋が有ります。
このナースステーションは手術室から程近い場所に位置しているので、手術に関係するスタッフがこのナースステーションを利用していたのでしょう。

4階部分まで上がってきました。
4階からはどうやら病室になっているようです。
廊下には相変わらず落書きが無くなる事無く続き、様々な物が放置してあります。

 

病室もかなり荒らされ、壁に穴まで空いています。
割れた窓ガラスからは冷たい北風が容赦なく入り込み私の体温を奪うので寒さで身が縮みます。
寒くて仕方ないので探索を急ピッチで進める事にします。

5階部分の大部屋ですが、部屋の左方向からかなり嫌な気配を感じますが気のせいでしょうか?

 

5階部分も同じような部屋が続いているので、更に上の階に行く事にしました。

 

5階の廊下を歩いていると、トイレだと思いますが、何となく薄気味悪く扉を開く気がしません。
多分開いても何も無いと思いますが、開くのを止めてしまいました(^^ゞ

 

6階部分の病室ですが、ここも他の部屋と別段変化が無く単調な部屋が続いています。

 

しかしどの部屋にも同じような機械が転がっていますが、この機械はいったい何なんでしょうか?

同じような作りの部屋が続き少しうんざり気分になりましたが、最後の7階部分を調べに上がってみる事にします。

 

7階には個室部屋が有ります。
病室とは思えないホテルのような作りの部屋の中にはお風呂まで有りました。
しかし病室内のお風呂はなかなか不気味です。

 

7階部分までの探索を終え戻ってきた時には、時間は既にPM11時を過ぎていました。
私は恐怖と寒さに耐えながらも2時間以上一人で探索を続け、それを全うしたという満足感に浸りながら外に出ました。

 

外に出ると降り続いていた雪もいつしか止んでいました。
外壁に書かれた落書きも満足感からかアーティスティックに見えてきます。
 

しかし私の浮かれ気分と裏腹に夜はその濃さを増し、それと同調するかのように心霊病院も更に不気味さを増して行くのが分かります。
今からの時間が、本当の心霊病院としての開業時間なのかもしれません。

 

かつて河野病院から山際病院と名を変え、更に恵心病院と名を変えた病院は廃虚後「心霊病院」と名を変え存在しています。
いつの日か撤去されるその日まで、夜の患者さんを診察し続ける事でしょう。
----以上----

 

00:00||--pookmarktop