CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
RECOMMEND

うさぎっ子恐怖館スマホ閲覧verです
しばらくの間、スマホからの閲覧はこちらでどうぞ。

<< 海処の食堂廃墟編 | main | 迷魔の廃旅館・痛酷悶絶編 >>
白倉トンネル編

白倉トンネル編

 

執筆者:ピフィア

恐怖度:

 

日本列島の中央に位置し、農業と漁業が盛んな地方として、一見長閑なイメージを抱く北陸地方。
しかし、そんな長閑なイメージとは裏腹に、この北陸地方には相当怖い心霊スポットが存在していると云います。
実際、探索前の情報収集段階でも、恐るべき事実に驚愕してしまうような心霊スポットも存在していました。
そんな驚愕の事実を知ってしまったためなのか、今回の探索は非常に嫌な予感がします。
「何事も無く、無事に帰る事ができるのだろうか・・・」
そんな思いが、頭を過ぎります。
そんな私の弱気な心とは反比例するかのように、kuniさんの運転する車は、着実に恐怖のスポットへ向かっています。
これから起こるであろう恐ろしい出来事を知らぬままに。

探索日:2004年6月12日
探索メンバー:探索メンバー:管理人ピフィア、副管理人kuni、NATS管理人:屋敷サカヱさん

 

梅雨の走りのどんよりとした曇り空、それでも今のところ雨にも降られることも無く、順調にある場所の下見探索を終えた私達は、渋滞の無い高速道路を第一の探索地である「白倉トンネル」へ向かい快調に進んで行きます。
途中、嫌な予感を感じ弱気にもなりますが、そんな予感は今から行う探索の事を考え、心の奥にしまっておきます。

 

北陸地方最初の探索地である「白倉トンネル」に到着しました。
時刻は午後7時少し過ぎ、初夏の陽は西に沈もうとしていますが、まだまだ辺りは明るく探索には不向きな感じです。
闇が完全に訪れるまで、トンネル近くの角川を眺め待とうかと思いましたが、時間的にその余裕は無さそうです。

そんな時間の余裕の無さに、少し残念な思いを感じながら角川を眺めていると、直ぐ私の横に気になる注意書きを発見しました。
その注意書きには「危険ですからこれより先へは入らないで下さい」と書かれています。
「この先に何の危険があるのだろうか?」
人を通さないために設置されたと思われる鍵付きのゲートとセットでかなり気になるところですが、勝手に行動すると皆に迷惑をかけるので、後に調べる事にし、諦めることにします。
ちなみに、注意書きの奥は、心霊スポットとしても有名な「角川ダム」であることが後に判明しました。

さて、「白倉トンネル」なのですが、辺りはまだ薄暗い程度ですが、何とも不気味に見えます。
通常、トンネル内に灯りが設置してある場合それほど怖さは感じないのですが、暗いオレンジ色の照明がトンネル内を紅く染めることで、より不気味に見えるのかもしれません。
しかも紅く染まったトンネル内には、何か得体の知れないものが座っているようにも見え気持ちが悪いです。

 

先の写真を拡大しました。
トンネルの東口近くには、陽炎のように淡い人の上半身のような得体の知れないものが写っていました。
座っているかのようにも見えるその姿は、何かを待っているようにも感じます。
だとしたら、何を待っているのでしょうか?

 

トンネル内に入りました。
トンネル内は外から見た時ほど内部は紅くありませんが、それでも不気味な事に変わりありません。
しかもこのトンネルは不気味なだけではなく、トンネル内はかなり狭いため、車が来た時はかなり危険そうです。

トンネルの天井にある、黒い染みが気になります。
実はこのトンネル、噂では車で焼身自殺した人が居て、その時の焼け跡が今も天井に残っているそうです。
でも、この染みは壁面から染み出た水によって出来た染みのようです。

 

トンネルを進むにつれ、何だか頭痛がしてきました。
kuniさんも「頭痛がする」と言ってますが、霊的な影響でもあるのでしょうか?
 

トンネルの右奥に人影が見えます。
幽霊なのでしょうか?
近付いて確認することに」します。

幽霊かと思い近付くと、トンネル内に設置された“くぼみ”でした。
遠くから見ると、ただの“くぼみ”も幽霊に見えるから不思議です(笑)

気を取り直し、更にトンネル内を進んでいくと、それに伴い頭痛も激しさを増してきました。
特に我慢できないような痛みでは無いのですが、締め付けられるような不快な痛みです。
しかもこの先からは確かな霊気も感じます。
この先にいったい何があるのでしょうか?
写真にはトンネルの奥の方に人影が写っているようなので、拡大してみます。

 

写真を拡大すると、淡いのですが確かに人影が写っている事を確認できます。
写真に写っている人影は、スカートを履いた女性の後姿のようです。
立ち止まり、トンネル西口の方を見ているように感じます。
このトンネルでは女性の霊がよく目撃されるようですが、この写真の女性なのでしょうか?

 

女性が立っていたと思われる付近まで進んできました。
この先からトンネル内は急に広くなっているのですが、この広くなっている所から強い霊気を感じます。
先程写っていた女性と何か関係あるのでしょうか?

 

この写真はkuniさんが撮影した写真なのですが、霊気の塊のようなものが写りこんでいるので拡大してみます。

 

黒い霊気の塊が地面から壁を伝う様に伸びているのが分かります。
人の形はしていませんが、人の霊気のようです。

この霊気は、探索時私も感じました。
トンネルの壁が張り替えられたのか、一部他の壁の色と比べ新しくなっっている部分があるのですが、その辺りから強い霊気を感じます。
更に私の後ろの方の壁からも強い霊気を感じるので行ってみます。

 

見た瞬間、「ぎゃ〜〜〜っ!!」と叫びそうになるくらい驚きました。
霊気を感じたトンネルの壁を振り返って見ると、その壁には首が胴体から離れた不気味なものが手招きするように立っていました。
何なのでしょうかこれは??

一瞬パニックになりかけましたが、近付いて見ると壁に出来た傷か染みのようです。
今もこの壁には、この不気味なものが存在していると思うのですが、私にはこれが普通の傷や染みではないような気がしてなりません。
この焼け焦げた様な壁からは、ただの傷や染みだけとは思えないような気配を感じますから。

 

トンネル内が何だか荒れてきました。
東側と比べ、西側の方はあまり整備されていないのでしょうか?
霊的には先程より軽くなってきましたが、後ろが何だか気になって仕方ありません。
 

西側口にかなり近付いてきました。
先程から後ろが何だか気になって仕方ないので、早くトンネルから出たいのですが・・・

 

西側口は見えているのに、歩いても歩いても西側口に到着しないのは気のせいでしょうか?
何をこんなに焦っているのか自分でも分からないまま、ただ出口を求めひたすら歩き続けている事がとても滑稽に思えます。
私は何にこんなに怯えているのでしょうか?

もう少し歩けば西側口に到着します。
この辺まで来れば一安心です。
背に感じていた気になる気配は今はもう感じません。
それでも、一刻も早くトンネルから出たいという気持ちは変わりませんが。

トンネル西口に到着しました。
トンネルに入る時には薄暗い程度だったのに、10分程度で随分と外は暗くなっています。
今からはトンネルを戻らなければならないのですが、その前に外の空気を思い切り満喫したい気分なので、一旦外に出ます。

 

一旦トンネルの出た私達は新鮮な空気を満喫しながら、再度西口より戻ることにします。
トンネル西口には私達の後をしつこく付いてきたオーブが待機してますが、無視してトンネル内に入る事にします。

 

「何なんだこれは?」
と思わず叫びたくなるほど、短時間の間にトンネル内の雰囲気はより悪く変化していました。

 

つい先程まで鮮明だったトンネル内は、白いガスが充満し、不気味さが増しています。
体に纏わりつくような不快さと、濃くなった霊気の影響からか頭痛もひどくなってきました。
これは足早に戻った方が良さそうです。

 

来た時より嫌な雰囲気が漂う中、先程最も強く霊気を感じたトンネル内の広くなった部分が見えてきました。
ここから先は気を抜くと酷い目に遭いそうなので、より一層気を引き締めて行く事にします。

トンネルの広くなった部分まできましたが、やはりここが霊的に一番強く感じます。
もっと詳しく調べたいのですが、足元を白い霊気の靄(モヤ)が這うように流れていて落ち着きません。
あまりこの辺りで長居をすると、お持ち帰りの危険もありそうなので先に進みます。

 

壁に描かれたイタズラ描きです。
今までの経験で、何故か霊的に強い場所ほどイタズラ描きが多いような気がしますが、たんなる偶然なのでしょうか?

 

壁に出来た血が滴っている様な染みですが、これも亀裂が入った壁から水が湧き出して出来ただけの染みのようです。

東口が見えてきました。
先程までガスで充満していたトンネル内もいつの間にか、ガスは消えています。
締め付けられるような頭の痛さも、今はもうあまり感じません。
西口に向かう時に感じた気配が、何故か東口に向かう時には感じないのが何となく不思議ですが、私にとっては喜ばしい事です。

東口まできました。
外はもうすっかり闇で覆われているようです。
トンネル内で見つけた不気味な染みが何とも頭から離れませんが、再び戻り調べる気分でもないので、トンネルから外に出る事にします。

 

陽はすっかり暮れ、黒い山のシルエットが夜の訪れを告げています。
それ程感じなかった普通の道も、今は何不気味な世界へと変貌してしまってます。
その中に置かれたkuniさんの車は、何だか見知らぬものが乗り込んでいそうで怖いです。

 

黒く染まった山を見ながら一息ついた私達は、kuniさんの車に得体の知れないものが乗り込んでいないかを確認しつつ車に乗り込みました。
今から起こる恐ろしい出来事を知らぬまま、次の探索地を目指して。

---以上---


☆編集後記☆
今回紹介しました「白倉トンネル」ですが、富山県ではかなり名の知れた心霊スポットのようです。
確かに山間に存在するこのトンネルは、電気が点いていいるとはいえ通る車も少ないく雰囲気的な不気味さを感じます。
ただ、山間部に存在するほとんどのトンネルが、この白倉トンネルと同じような条件なので、それだけで白倉トンネルが幽霊トンネルとして名が知れ渡ったとは思えません。
実際にこのトンネルを探索した私達は、雰囲気的な怖さとは別に、頭が締め付けられるような強い霊気を感じました。
では、このトンネルでは過去に何があったのでしょうか?
探索前の情報収集で、北陸地方の心霊スポットとして、この「白倉トンネル」の存在を知ったのですが、その時の噂では「女性の霊が出るらしい」「「焼身自殺がありトンネルの天井が焦げているらしい」程度の、どこの心霊スポットでも噂されているような内容でした。
心霊スポットの噂としては、あまりにも在り来りでつまらない噂なので、探索するにはあまり期待していなかった心霊スポットです。
しかし、実際に訪れ探索すると、私が想像していた「噂だけ」のトンネルとは違い、内部は霊気で満ちていました。
後にこのトンネルの事を詳しく調べると、「結婚を反対されたカップルによる焼身自殺」が実際に起きていた事が判明しました。
それは、トンネル内で一番強く霊気を感じた場所、「女性の姿と、不気味な染み」が現れていた場所だったのです。
その時の焼け焦げた跡は、塗り替えにより今は消えてしまっているようですが、悲しみに満ちた霊気は今も消えずにトンネル内を彷徨っているのかもしれません。

管理人:ピフィア

白倉トンネル・・・・ここの噂は事実だったようですね。
それもどうやら噂の根源となった場所が、ちょうど私たちが一番強く頭痛を感じた場所だったようです。
正直、探索をしてみて「怖い」という印象はないのですが、私としては意外に強い頭痛を感じたので、想像以上に霊的にキツイところなのかもしれません。
噂の背景を考えてみれば、相当強い念が残っても不思議ではありません。
焼身自殺・・・辛かったでしょうね。
その光景を思い浮かべるだけで、私はゾッとします。
彼女らの魂が癒され、少しでも早く浄化されることを願います。
これまでいろいろなスポットに関する噂を見てきましたが、事実とはかけ離れた派手な噂も多く、うさぎっ子としてはあまり重要視してきませんでした。
このスタンスに変わりはありませんが、もう少し念入りに噂の根源に迫ってみようかという気になりました。

副管理人:kuni

00:00||--pookmarktop