CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
RECOMMEND

うさぎっ子恐怖館スマホ閲覧verです
しばらくの間、スマホからの閲覧はこちらでどうぞ。

<< 不知沼(シラヌタ)の池編 | main | 射撃場廃墟編 >>
武家屋敷編

武家屋敷編

執筆者:ピフィア

恐怖度:

 

霊障指定(R指定)
※人によっては頭痛や、腹痛、体の痛みなど体調が悪くなる等の霊障が起こる可能性があるので自己責任で観覧して下さい。
ご覧になる方は体調が悪くなったら即ページを閉じて下さい。


兵庫県加古川市に、通称「武家屋敷」と呼ばれている、凄く怖い廃墟があるらしい・・・・
そんな噂を耳にしたのが2003年晩秋の頃。
「凄く怖い・・・」といわれても、具体的にどう怖いのか分からないので、まずは情報収集する事にしました。
その結果、「武家屋敷」というネーミングは通称で、門構が時代劇に登場する「武家屋敷」に似ている事からそう呼ばれているようです。
他にも、「稲美の館」とも呼ばれているようですが、「稲美(いなみ」が兵庫県南部、加古郡の町を示している事から、そんなネーミングが付いたのでしょう。
「武家屋敷」、「稲美の館」、いろいろ呼ばれているのですが、「高田牧場」が正式のようです。
さて、肝心なる“武家屋敷”に関する心霊的な噂なのですが、「武家屋敷に行った帰り、誰もいないはずの後部座席に男性が乗っていた」
「武家屋敷で服の裾を子供に引っ張られた。」「鍵の掛けてある車のガラス窓に、内側から色々な大きさの手形がつけられていた。」等です。
噂としては、心霊スポットでよく噂されている内容と重なる部分も多く「凄く怖い廃墟・・・」とは程遠いように感じますが・・・
本当に怖い心霊スポットなのでしょうか?
その真偽は実際に探索し、確かめる事にします。

探索日:2004年2月7日
探索メンバー:管理人ピフィア、副管理人kuniの2名

 

「うっ!・・・・気味悪い・・・」
武家屋敷に訪れた際、最初に感じた印象です。
門構えは噂されている通り、まさに「武家屋敷」そのものという感じです。
建物の大門には扉が無く開放的なのですが、開け放された門の向こう側は明らかに雰囲気が違っているのが感じられます。
「凄く怖い廃墟・・・」そんな噂をふと思い出し、急に背中が寒くなってきました。
気分的にはあまり入る気がしないのですが、何とか頑張って探索してみます・・・・

意を決して開け放された大門から中に侵入しました。
大門から入って直ぐ左手側なのですが、かなりゴミが散らかっています。
不自然なゴミなので、多分不法投棄でしょう。

大門から少し入った右側に、建物を発見しました。
扉は無く開放状態ですが、玄関でしょうか?
早速中に入って調べてみようと思うのですが、入り口から違和感があり妙な感じがします。
この写真はkuniさんが撮影したのですが、建物手前には弧を描く様な光の帯、建物内には地を這うような光の帯が写っています。
何なのでしょうか?
更に入り口の梁の上にも、顔らしきものが写っているので拡大してみます。

「昔の老紳士」といった感じに見えます。
厳しい顔をしてますが、私達に怒っているのでしょうか?

 

kuniさんとほぼ同じ場所から撮影した私の写真です。
私の撮影した写真には妙な光の帯は写っていませんでした。
ちなみにカメラは、kuniさんも私も同機種を使用しています。

恐る恐る建物内に入りました。
内部はかなり破壊されており、襖とか全て壊されているので大広間のようになっています。
その大広間のような建物内に巨大なる気配を感じます。
何の気配かは分かりませんが、かなり怖いです。
この写真もkuniさんが撮影したのですが、太い光の帯が“くねる”ように写っていました。
この光の帯は、ある動物に似ているので拡大してみます。
 

拡大すると、ハッキリと分かるのですが、この太い光の帯は大蛇に見えます。
蛇はS字状にくねり、頭までハッキリ写っています。
更にこの蛇に絡むように、もう一匹蛇が写っているように見えます。
写真中央付近の柱の右横には、蛇に巻かれて苦しんでいるような顔も写っていました。

kuniさんの撮影した写真には蛇が写っていましたが、私の撮影した写真には蛇の姿は写っていませんでした。
しかし、この時私は、蛇の写っていた場所から、今まで感じた事の無い霊気を感じていました。
敵意とかは、邪気とか全く分からなかったのですが、かなり濃密な霊気だったので、避けて通った覚えがあります。

濃密な霊気を避けながら奥に進むと、かろうじて襖とか原型を留めている部屋を発見しました。
部屋の作りはかなり古めかしく感じます。
昭和初期くらいの作りでしょうか?

母屋の縁側付近ですが、ここは比較的軽い感じがし「ホッ」とします。
この建物内は圧迫感が凄く、直ぐにでも外に出たい気分ですが、少し落ち着いたので、もう少し探索してみます。

純和風的建物から、いきなり洋風的な建物の作りに変化しました。
何だかよく分かりませんが、奇妙な作りです。
奥の方に見える火鉢が、ミスマッチな印象で、ますます奇妙に思えます。

洋風な作りの建物の中には何も残されていませんでした。
窓枠の下には血が流れたような染みがありますが・・・・
一瞬驚かされましたが、これは金属製の窓枠から流れた赤錆を血と勘違いしただけでした。

西洋風の部屋を出て更に進むと空間が徐々に狭くなってきました。
この先には何があるのでしょうか?
調べてみます。

狭いので何かと思ったら、お約束のトイレでした。
トイレ大便器手前に転がっている物ですが、洋式便器のように見えますが、これは小用便器の裏側です。

再び部屋の雰囲気が重くなってきました。
写真には特に何も写っていないようですが、何かが居る気配はします。

再び縁側が見える部屋に戻ってきました。
先ほどまで縁側付近は比較的軽く感じたのですが、急に気配が濃くなっていました。
写真左側に写っている巨大オーブの影響でしょうか?
確かに巨大オーブが写っている場所からも強い気配を感じるのですが、他にも写真右側の方から視線を感じるので、気になる部分を拡大してみます。

障子の裏側、丁度雨戸の辺りでしょうか?
頭巾を被った女性の顔が写っていました。
撮影したのはkuniさんなのですが、女性の視線はkuniさんの方には向けられていないようです。
女性は何を見ているのでしょうか・・・

この建物内は至るところが破壊されています。
有名な心霊スポットなので、破壊行為をする人も大勢いるのでしょうが、その影響からか家の中の雰囲気はかなり悪く、キツイ感じがします。

家の中がかなり「ザワザワ」とざわめいてきたので、あまり長居はしない方がよさそうです。
外に出て、他を探索する事にします。

母屋を後にし少し歩くと、建物が見えてきました。
白い外壁と、大きな窓枠が印象的な建物ですが、窓は壊れてしまったのか、あるいは壊されてしまったのか見当たりません。
建物周辺には何故か多くのオーブが浮遊しています。
ガラスの無い窓枠からは、建物の中の様子を窺う事が出来るのですが、その壊れた窓枠付近からかなり悪い気を感じます。

拡大するとオーブのように見えるのですが、顔です。
ここからは邪気を感じるので、一旦スルーして先に進む事にします。

 

かなり激しく壊れている建物を見つけました。
この建物は破壊されたのではなく、多分自然崩壊したのでしょう。
壊れた建物から何故か気になる気配がします。
その気配がする位置にはオーブらしきものが写っていますが、気になるので拡大してみます。

拡大するとオーブではなく、先ほどの「白い外壁と、大きな窓枠が印象的な建物」の中に居た者のようです。
私達の後を付いて来たのでしょうか?
邪気があるので憑かれないようにしなければ・・・・

 

結構大き目の建物を見つけました。
これは何の建物でしょうか?
建物は外壁が黒く煤けていますが、火事でも起こしたのでしょうか?
しかもこの建物内からも先ほど母屋で感じたような得体の知れない気配を感じます。
いや・・・・
建物の外にも、気配を殺して何かがいます・・・・
写真右側にその一部が写っていましたが、この時、私もkuniさんも黒く煤けた建物に気を取られ忍び寄る気配には全く気付きませんでした。

 

再び黒く煤けた建物左窓の拡大写真です。
顔らしいものが写っていますが、目が赤くとても不気味です。
女性の顔のようにも見えますが、かなり嫌な感じがします。
何だかは分かりませんが、気を抜くと大変な事になりそうな予感がします。

建物内に入りました。
白く塗られた壁には大きな配電盤が見えますが、この建物は工場だったのでしょうか?
ところで、配電盤と配電盤右横の扉の方に気配を感じるので、気になる部分を拡大してみます。

拡大すると配電盤の写真中央に青い顔が写っています。
何か訴えている様に見えますが、私達に伝えたい事でもあったのでしょうか?
気になります・・・・

更に配電盤右側の扉付近を拡大すると、顔らしきものが写っていました。
外人のようにも見えますが、そう見えるだけでしょうか?

 

建物内はかなり雰囲気が悪く、ここで嘗て何が行われていたのか非常に気になります。
武家屋敷は嘗て養豚場との事なので、嫌な事を想像してしまいます・・・・
そんな事を考えていた矢先、唐突に気配が重くなりました。
一体何が起きたのでしょうか?
その答えは写真左側に写っていたので直ぐに分かりました。

拡大すると、母屋にいた蛇と同様、光の帯が写っているのがハッキリ分かります。
母屋から蛇が私達の後を追ってきたのでしょう。
何が目的で追ってきたのかは分かりませんが、霊気の強さがハンパじゃないので怖くてたまりません。
気を付けて刺激しないようにします・・・

前の写真で、開いている鉄の扉が気になったので内部を写したのですが、オイルの一斗缶が置いてあるだけでした。

タイル作りの大きな台の様な物があります。
何なのでしょうか?
近付いて調べてみます。

このタイルの台付近からは、何とも言えない気配が漂っています。
先ほど考えていた事が再び頭を過ぎります・・・・
妙な事を考えていると、付近に居る蛇がまた近付いてきそうな気がするので考えるのを止めます。

気配がかなり悪くなってきました。
ここもあまり長居をしない方が無難そうなので、そろそろ移動します。

黒く煤けた建物から出る時に写したのですが、建物の半分は天井が落ち、非常に危険な状態になっていました。

 

土壁の崩れた建物を見つけました。
入り口にはオーブが浮遊していますが、気にせず入ってみます。

内部は半崩壊状態なので、嘗て何に使われていた建物なのかは分かりませんが、倉庫、もしくは農作業小屋のような感じです。

 

天井も屋根もほとんど抜けてしまっているので、この建物が完全に倒壊してしまうのは時間の問題でしょう。
探索中少しでも刺激すると倒壊する可能性もあり危険な予感がするので、移動する事にします。

更に道を奥に進んだのですが、建物が見当たらなくなってきました。
まだ奥に建物はあるのでしょうか?
何となくもう何も無いような気がしますが、もう少し奥に進んでみる事にします。

建物跡らしき物を発見しました。
道が草で覆われていますが、行ってみる事にします。

建物跡らしき物に気を取られ歩いていたので、地面に「ぽっかり」穴があいているのに気付くのが遅れ、危うく落ちるところでした!!
「もう少し気付くのが遅かったら・・・」と思うと冷や汗が出ます。
どうやらその穴は井戸のようですが、柵も蓋もなく非常に危険な状態のまま放置されているので、これから落ちる人がいない事を祈るばかりです。

更に奥の方まで進みましたが、建物らしき物は見当たらないので引き返す事にします。

引き返す途中で、木々に隠れるように佇む建物を発見しました。
木々に隠されている影響からか、かなり“どんより”とした雰囲気を醸し出しているので、気味が悪いです

建物に近付くと玄関は開け放たれているので、中には簡単に入る事が出来そうです。
ただ気になるのは“どんより”とした雰囲気だけではなく、玄関付近に漂っている異様なる霊気です。
この写真の右側にも霧状の霊気が写っています。

更にkuniさんが玄関付近の写真を写すと、噴出したように霧状の霊気が写っています。
kuniさんは息が写り込んだのだと思ったようですが、これは息などでは無く霊気の塊だと思います。
建物の窓枠付近に大きな目と眉毛、それに耳と髪の毛がハッキリ写っているように見えます。
ただ、それだけではなく他にも何か写っているみたいなので、霧を強調させるため、画像を暗くします。

画像を暗くすると、女性が子供を抱いている姿が現れました。
更に抱かれている子供をよく見ると、他の手が子供を奪おうとするかのように伸ばされているのが分かります。
これが何を意味しているのかは分かりませんが、ここには霊すら脅かす魔物が潜んでいるのかもしれません・・・

外からは建物の規模が分かりませんでしたが、中に入るとかなり広そうな感じです。
早速部屋に入ってみます。

こちらは母屋と違い、破壊されてはいるのですが、それ程酷いという印象は受けません。
家内に設置されている電灯もそれ程古い物ではなさそうです。
霊気的には外の玄関前より軽く感じますが、油断は出来ません。
慎重に進む事にします。

 

家の中を調べていると、扉が付いた小さな通路らしきものを見つけました。
またまたトイレでしょうか?
行ってみます。

どうやらトイレではなく洗面所のようです。

洗面所の脇はお風呂場ですが、それ程広いお風呂ではない事から、大きな建物では無さそうです。
とりあえず、他の部屋に行く事にします。

大きな建物では無いと思っていましたが、縁側が先に続いている事からまだまだ部屋がありそうです。
しかし気のせいか、この辺りから急に気配が濃くなってきたように感じます。

気になる部分を拡大しました。
この辺りからかなり濃い気配がします。
写真には特に何も写っていないようですが、とにかくここから先に進むのは怖くてたまりませんでした。

 

家の規模からするとかなり小さな部屋ですが、書斎でしょうか?
この部屋も視覚で見えるような霊は写ってはいないのですが、何とも気分は落ち着きません。
自分でも何に恐れているのか分かりませんが、とにかく怖いと感じました。

 

倉庫のようですが、1輪車やスコップ、他にバレーボールとかも置かれています。
1輪車には「県畜連」と書かれている事から、武家屋敷が養豚場であった事は間違いなさそうです。

 

建物の崩壊が激しいので一瞬外かと勘違いしてしまいそうですが、ここは嘗て厨房だった場所のようです。
奥の方に大きなオーブが浮遊してますが、オーブの右下に黒い塊のようなものが見えます。
何でしょうか?
拡大してみます。

拡大すると黒い塊のように見ていたのは女性の髪のようです。
闇の奥に浮かぶ女性は、私達に何かを伝えたくて現れたのでしょうか?
それとも私達を闇の世界に誘うために、闇に溶け込んでいたのでしょうか・・・・

一瞬椅子に何者かが座っているのかと思いビックリしましたが、どうやら誰かがイタズラで椅子にズボンを掛けただけのようです。

 

厨房ですが、妙な気配が更に強くなってきました。
蛇がまた近付いてきたようです。
この建物はどうやら母屋を増設した建物で、私達は現在母屋にいるようです。
多分2世帯用に増設した家から私達は入り、知らずに母屋の方に進んで来てしまったようです。

 

巨大なる気配が更に強くなってきました。
これ以上母屋に留まりたくないので、外に出る事にします。

 

外に出た私達は再び「白い外壁と、大きな窓枠が印象的な建物」の様子を見る為に戻ってきました。
浮遊していた沢山のオーブは既に何処かに行ってしまったようです。
大きな窓枠の中から感じた嫌な霊気も感じられないので、建物の中を調べる事にします。

部屋の中には引っ繰り返った机や子供用の簡易ブランコが入れてあります。
ここは嘗て子供の勉強部屋だったのでしょうか?
更に詳しく調べてみます。

習字と英語で書かれた本を発見しました。
習字はともかく英語の本はかなり高等そうなので、幼稚園くらいの子供から大学生くらいまで一緒にここで勉強していたのかもしれません。
あくまでも想像ですけど・・・

この建物は大きさからして、何かを祀る為に設置されていたのでしょうか?
現在中には何も残されていない事から、本来何に使用されていたのかは分かりませんが、そんな気がします。

倉の様な建物を見つけました。
入り口の扉は倒れかけているのですが、何かに引っ掛かっていて、動きません。
これはkuniさんが私を写した写真なのですが、私が写そうとしている方向には偶然?顔のようなオーブが出現していました。

今度は逆に私がkuniさんを写した写真なのですが、巨大なオーブがkuniさんの近付を浮遊しています。
武家屋敷には大きなオーブが多いのも特徴のようです。
同じオーブが私達に付いて来ているのでしょうか?
 

倉のような建物の中を、扉の隙間から撮影しました。
建物の中には所狭しと物が置かれています。
どうやら置かれている物が扉の方に倒れてしまっているので、扉が開かないようです。
扉の隙間からでも内部の様子は分かるので、特に中に入る必要は無さそうです。
 

大体の探索を終了した私達は、最後に残った大門家内を調べる為に戻る事にしました。

大門まで戻ってきましたが、門の直ぐ脇には大通りがあるので、結構車が通ります。
それと蛇が何となく気になるので、一刻も早く敷地内から出た方がよさそうな気がするので、急いで探索する事にします。

 

探索といっても大門家内は外から丸見えなのですが・・・
建物内には青いビニール袋が多量に放置してあります。
これは、はなからここに有った物ではなく、不法投棄によるものなのでしょう。

ベッド用のマットレスのようですが、これも不法投棄された物なのでしょうか?
傷み具合とかだけでは、不法投棄の物なのか、はなからここに有った物なのかの区別が出来ません・・・

 

大門家内にはゴミ意外何も残されていないようです。
霊気的にもそれ程感じるものはありませんでした。

 

大門家内からは特に霊気を感じないのですが、後方から強い気配が近付いてきている気がして、落ち着きません。
かなり危険を感じてきたので、敷地内から撤退する事にします。

武家屋敷から出ると、直ぐ隣に鳥居が有るのを発見しました。
鳥居には「野々大神社」と書かれています。
何か武家屋敷と関係のある神社かもしれないので入ってみる事にします。

鳥居から少し進むと小祠(しょうし)がありました。
更に近付いてみます。

ある程度綺麗にしている事から、ちゃんと祀られている祠のようです。
武家屋敷と近いので何か関係有るかと思ったのですが、どうやら関係無さそうです。

「野々大神社」探索を終えた私達は、車に向うために、再び武家屋敷の前にきました。
大門が結界になっているのか、大蛇が追いかけてくる気配は今のところありません。
しかし広大なる敷地の奥から、今も気配を殺し潜む大蛇の陰悪なる気配を想像すると、背筋が寒くなりました。

---以上---


☆編集後記☆

「武家屋敷」と呼ばれている、凄く怖い廃墟があるらしい・・・・
今回は、そんな半信半疑な噂を基に行われた探索だったので、正直少し物件を侮っていました。
何故ならば今まで、有名な心霊スポットを探索しても、そのほとんどが噂だけであり本当に怖い物件は少なかったからです。
しかし今回探索した「武家屋敷」は、内部に侵入する前から非常に濃い感じを受け、久しぶりに入るのを躊躇するような物件でした。
その理由は直ぐに明らかになりました。
それは大蛇と思われる霊体が強い霊気を放出していたからですが、他にもいろいろ邪悪なる霊の存在を感じました。
「武家屋敷」で嘗て何があり、これ程の屋敷が廃墟となってしまい邪悪なる霊が住んでいるのか私には理由は分かりませんが、不幸な事件とか自殺とかによるものではなく、土地に起因しているような気もします。
大蛇とかは心霊ではなく神霊と関係がありそうなので、近くの「野々大神社」と関係が有るのかとも思いました。
しかし後に「野々大神社」の事を調べると、「四人小僧(よったりこぞう)」という狸が、4匹一緒に化けた、化け物を慰める為に、作られたそうです。
あまり関係なさそうな気もしますが、完全に否定も出来ない気もします・・・
何が理由でこれほど濃い場所になっているのか知りたいところですが、あの蛇にはもう二度と出会いたくありません。
予断ですが、私達が「武家屋敷」から撤退して大門から外に出た時、他のグループが数人「武家屋敷」に入って行くのを見ました。
私達が結構長居をした影響からか、かなり内部の気配が濃くなっていたので、私達の直ぐ後に入った人達が気に掛かります。
しかし霊的に濃い場所を自ら望んで探索する場合、何が起きても覚悟のうえ入ったと思います。
心霊スポットでは何が起きても誰も助けてくれないのですから・・・・

管理人:ピフィア

武家屋敷・・・ここが、この度の兵庫心霊ツアー3番目の探索物件となります。
広大な敷地内に廃屋が点在する関西ではかなり名の知られた存在であり、それだけに霊的なことよりも、人との遭遇が懸念される物件です。
ちょうど私たちが到着し、付近の工事現場に車を駐め、打ち合わせしていた時にも2台の車に分乗した8名ほどの若者たちが門前に止まり、中の様子を窺っていました。
人との遭遇を最も嫌ううさぎっ子としては最大のピンチです。
彼らはどう贔屓目に見ても大人しく探索を遂行する探索者というようには見えません。
違っていたら彼らには申し訳ないのですが、私の目にはどう見てもDQNにしか見えませんでした。
そうであれば、当然同時に探索を進めるというようなことはできません。
『これは探索中止か?!』と思わせる事態に私たちは困惑しましたが、幸いにも彼らは車から降りることもなく、そのまま立ち去ってくれました。
武家屋敷の大門に面した道路は深夜にも関わらず結構な交通量がありました。
侵入を目撃されないように外観撮影はあとに回し、素早く大門をくぐります。
探索の模様は、レポ本編で師匠が述べていますので割愛しますが・・・
その気味の悪さは、過去に探索してきた多くの物件の中でも上位にランクされるものでした。
ちなみに今回、私が当時『息が写った』と思った画像にいろいろと写っていました。
私は写真を撮る時、当然ですがレポートの構成を考えながらシャッターを切ります。
そして、師匠が撮ったところは必ず後追いで撮ることにしています。
なぜなら、師匠はなにかを感じてシャッターを切っているはずだからです。
今回のヘビも師匠が撮った直後に私もシャッターを切っており、たまたま私の方に写り込んだものでしょう。
なにはともあれ、武家屋敷はなかなか濃い物件だったと言えるでしょう。
ここはおそらく、時によって、また探索者の姿勢によって、その姿を大きく変える物件であると私は思います。
ここで大騒ぎしたり、破壊活動をする者はきっと痛い目に遭う気がします。
門前で車を止めて中を窺っていた君たち、ビビッて立ち去ったのかどうかわかりませんが、入らなくて幸運だったと思いますよ。

副管理人:kuni

00:00||--pookmarktop