CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
RECOMMEND

うさぎっ子恐怖館スマホ閲覧verです
しばらくの間、スマホからの閲覧はこちらでどうぞ。

<< 埋もれゆく廃ゴルフ場編 | main | 吉良宮崎海岸廃墟編2 >>
射撃場廃墟編

射撃場廃墟編

執筆者:kuni

恐怖度:

 

前作「武家屋敷」の探索を終えた私たちは次なる目的地である川西市某所に向かいました。
そう、これまた関西ではかなり有名なスポットであるクレー射撃場の廃墟です。
一部では、過去にここを利用していた客同士の諍いから銃の乱射事件があったと言われているようです。
また別情報では銃の乱射事件などはなく、廃墟化したのは経営に行き詰ったからだという話もあるようです。
噂もいろいろですが、関西圏では心霊スポットとして広く認知されている物件であることには変わりありません。
それは丘に建つ住宅密集地の奥にありました。
その道程は、非常に道が狭く、急坂を上ったと思ったら民家の前で何度も切り返しながら、右左折を繰り返す普通乗用車には非常に酷なものでした。
迷路のような住宅地、何度も道を間違えながら、ようやく封鎖された射撃場へと続く道を発見!
しかしそこは行き止まりの転回場所のようなスペースであり、民家はすぐそこにあります。
道中も急坂での切り返しでエンジンを吹かしているため、「また肝試しか?」と通報される危険も大です。
そんな不安も抱えながら、駐車した車内で探索前の儀式(煙草を一服)を済ませ、探索に向かうことにしました。

探索日時:2004年2月8日 深夜2:20〜
探索メンバー:管理人ピフィア(以下、師匠)と私kuniの2名

 

ご覧のように立入禁止の看板とガードレールで車が進入できないように封鎖されています。
ガードレールの下をくぐって、射撃場廃墟へと向かいます。

射撃場へ向かう道中。
右手は池になっていたと思いますが・・・
それよりも師匠の尻の辺りが変です。

両尻に顔のようなものが写っているようですが・・・

少し先に進みましたが・・・
やはり師匠の尻の辺りが妙です。

狐のようなものと・・・もうひとつ何か写っているようです。
やはり動物?
先ほどの「顔のようなものが・・・」と言った画像も動物だったのでしょうか?
見直してみると、左尻部分のは狐のように見えてきました。

どうやら到着したようです。
いくつかのオーブに混じって、顔のようなものも見える気がします。

前の画像よりも少し引いた位置から撮った私の画像ですが・・・
画像右端のガラクタに隠れるように妙なものが写っています。

?!・・・・目玉の親父ですか?(笑)

少し角度の違う師匠が撮った画像。
建物を中心に結構な数のオーブが出ています。
画像中央やや左側の歪な形をしたオーブは何でしょう?

もう少し近づいて撮った画像。
建物2階部分?になにか写っているようです。
またこれにも先ほどの歪なオーブ状のものも写っています。

拡大してみました。
私には老人のような顔と目のように見えるのですが・・・
中央が老人の顔、その左手に目ですが、いかがでしょうか?

近づいてきました。
ここに入るには画像中央右の窓から垂れ下がるロープを使う必要があるようです。
たしかどこかのサイトのレポートにもあったような気がします。
とりあえず、ここは最後にして奥の建物から探索することにします。
私たちの動向を気にしているのか、一番右側の窓からオーブが監視しているようです。

雑草に埋もれ、廃トラックがありました。
2月初旬でこんな感じですから、夏などに訪れた場合はこのトラックは完全に埋もれてしまっているのかもしれません。
しかしそんなことよりも・・・・
建物の右端の窓とトラックの後部窓からの視線が気になります。

建物の窓を拡大しました。
探索に来た私たちを嘲笑うかのように、不気味に笑う顔が写っています。

こちらは廃トラックの後部窓の拡大です。
気持ち悪い目です。
凶悪犯がここに潜み、私たちに攻撃する機会を窺っているように感じてしまいます。

奥の建物に来ました。
ここと先ほどの窓からロープが垂れ下がったところとが、射撃場廃墟の主要な建物のようです。
2階左側の窓に長く伸びた首と顔、そして動物霊らしきものが写っています。
また、その下の左側のコンクリート部分に顔が出ているようです。

2階窓の部分を拡大してみました。
画像中央付近に動物霊らしきもの、その左側に顔らしきものが写っています。
動物霊らしきものは、私には可愛らしい顔をした犬のように見えるのですが、師匠の指摘したものと違うものを見ているのでしょうか?
また、その左の顔と一緒に写っているという長い首が私にはよくわかりません。
いかがでしょうか?

ほぼ同位置から撮った私の画像です。
画像中央上、建物の屋上付近にいるオーブの中に顔が出ているようです。
また建物2階の左端の方、この渦巻いているものは何でしょう?

白い顔がオーブの中にあるようですが、いかがでしょうか?

2階左端の渦巻いているものを拡大してみましたが・・・
う〜〜ん・・・これは何でしょう?

ここが玄関のようです。

川○警察署と○名川クレー射撃場連名による立入禁止の立て札が転がっています。

玄関から脇の階段を撮りました。
階段右手は入口ですが、奥に何かいるようです。

女性の顔のように見えますが・・・
皆さんにはどのように見えるでしょうか?

では内部探索に入ります。
出迎えのオーブがひとつ出てきました。
ん?師匠の頭上の横に走るパイプが消しゴムで消されたように一部なくなっています。
本当になかったのか、またはなにか霊的なものが被って消えてしまったのでしょうか?

内部は盛大に焼け焦げています。
ある情報では、数年前に放火または失火により火事になったそうです。
しかしこんなところでは消防車もまともに来れないでしょうね。
なにせ乗用車でも苦労するのですから・・・
それはそうと、画像左端にある小さな光点は何でしょうか?
また画像中央から左上の位置に顔のようなものが出ています。

師匠の指摘では「角のある顔」とありましたが・・・
私には凹凸がハッキリしていることから、髑髏のように見えます。

煤でそう見えるだけかもしれませんが奥の壁のシミが髑髏のようです。

前の画像とほぼ同じ部分を撮った私の画像です。
奥のドアの上に強い気を放つオーブが出ています。

お決まりのトイレですが、ここのかなり煤で汚れています。

浴室ですが・・・私の画像の中には浴室の画像がありません。
師匠と離れて探索していて、気付かずに見逃してしまったようです。

錆が血のようで気味が悪いですね。
こういった光景は、ゲームのサイレントヒルでもよく見た気がします。
私にとっては、バイオハザードよりも気味悪さでは上です。
久々にやってみたくなりました。(笑)

この階段で2階に行きたいと思いますが、強度は大丈夫なのでしょうか?
ちなみに階段踊り場下の焼け焦げた柱の脇に妙なものが写っています。

シミのような気もしますが・・・

では、2階の探索に移ります。
行く手を塞ぐようにかなりハッキリとしたオーブが出現しました。
また折り返す階段の裏側には小さな顔、その左下には薄い集団オーブがいます。
さらに、画像左上にいる2つのオーブは明らかに私たちに付いてきているようです。

私たちを追跡しているオーブを拡大してみました。
ラビットチェイサーとでも名付けましょうか。(笑)

師匠の頭上にいるのは階段で立ち塞がっていたオーブでしょうか?
また師匠の頭の左上には、前の画像の集団オーブがいるようです。
さらに師匠の腰の右側にいるオーブの下には顔が出ています。

 

皆さんにはどのように見えるのでしょうか?

たくさんのオーブが乱舞しています。

手前左は今上がってきた階段スペースです。
柵がないので、落下しないように気をつけなくてはなりません。

中には煤が舞ったものもあるかもしれませんが、結構な数のオーブが乱舞しています。
「おい、なんだなんだ?こいつらは?!」と警戒して出てきたのでしょうか?

ロッカーが立ち並び、死角が多いからかもしれませんが、なんとなく見張られているような気がします。

その正体はこれでしょうか?
ロッカーの隙間を撮ったら、奥にオーブが潜んでいました。

 

ロッカー上の歪な白い浮遊物は何でしょうか?
季節からして、蛾のようなものはいないと思いますが・・・

師匠の画像ですが・・・どうやら上り口ではなく、下り側から撮っているようです。
その踊り場部分、ミミさんの指摘によると前作「武家屋敷」にいた蛇の顔のようなものが写っているようです。
ひょっとして付いてきていたのでしょうか?

 

これもミミさんの指摘ですが・・・
3階へ上がる踊り場付近、画像中央から右上。
コンクリート部分のすぐ下に苦しそうな顔が写っているようです。

武家屋敷で写った蛇のような靄が写りました。
柱のすぐ左側にはラビットチェイサーの小さな白い光点も付いてきています。
画像右上の青いのは師匠の左肘ですが、その左側に不気味に笑う顔。
画像左やや上には蛇のような靄に絡んで、武家屋敷で蛇に巻かれて苦しんでいた顔と思われるものが写っているようです。

私には不気味に笑っているように見えますが、いかがでしょうか?

 

私には、これが武家屋敷で蛇に巻かれて苦しんでいた顔と同じかどうかはわかりませんが、確かに顔のようなものは写ってますし、見比べてみると似ている気もします。

師匠が3階に上がりました。
しかし何か妙です。
師匠の顔の辺りですが・・・

エイリアンの子供が顔に張り付いてしまったかのように見えます。
また、師匠の耳の形もおかしいですね。

 

上段左から2番目の窓にいるのはラビットチェイサーでしょうか?
よく見ると中段左から4番目の窓枠にくっつくような感じで光点があります。
これもラビットチェイサーに似ていますが・・・

 

師匠が撮影中の私を盗み撮りしていました。
う〜ん・・・しかし妙なものを撮ってくれましたね〜

こ、これは?!
私の顔に別の顔が重なっています!!
なんとなく私の顔も少し変な感じがしますが・・・見せません。(笑)

オーブがたくさん写っていますが・・・
中央の柱上部右側のオーブの右上、そこから少し下がったところにも顔が出ているようです。
また中央の柱の左側、格子状のものの中にも顔が出ています。

これは結構わかりやすいですね。
目の部分が不気味です。

赤く錆付いて気付きませんでしたが、どうやらこれはオーブンのようです。
そのオーブンの上、窓から覗き込むようになにか写っているようです。

これは私もよくわからないのですが、顔でしょうか?

 

窓の外から私たちの様子を窺うようにくっきりオーブが出現しました。

 

何気なく外に向けてシャッターを切りました。
正にオーブラッシュ!です。
私たちが入ってきたので、外に出て帰るのを待っているのでしょうか?

オーブの集団が迷惑そうなので、最初に見た窓からロープの垂れ下がっていた建物に移動します。

 

ロープの強度が不安なので、体重の軽い師匠が代表で探索に行きます。
窓は全て割れている状態なので、バランスを崩して窓枠に手を迂闊につくとガラスの破片で負傷する危険もあり、待つ側も結構心配です。
画像左上部には大きなオーブが出て「お前なにやっとるんだ?」と見張っているような気がします。
そして・・・すでにお気付きかと思いますが、画像左下の影は何でしょう?
過去にも「多○小学校芹○分校廃墟編」や「稲取廃隔離病棟編」にも現れています。
私の影ということは物理的にあり得ないので、今回もやはり霊的なものだと思いますが・・・
 

入ってすぐの画像。
外観から想像していた体育館のような作りではないようです。
ちなみに手前の窓部分になにか写っているようです。

中央の窓の上の部分に外から監視するように顔が出ています。
さらに追跡者ラビットチェイサーもまだ付いてきています。

前の画像は、たぶん失敗でもう一度撮り直したのがこの画像でしょう。
画像中央、奥のドアの上になにか出ているようです。
顔の右半分が見えているような気がしますが・・・

振り返って撮った逆サイドの画像です。
石灰かなにかがありますが、見えるオーブはそれが舞い上がったものではないと思います。
それから画像左の窓の外に集まってきてますね〜

探索する師匠を外から監視しているようです。
これ以上長居して霊たちを怒らせたくないので、そろそろ退散したいと思います。
失礼しました。


☆編集後記☆

「射撃場廃墟編」いかがだったでしょうか?
あそこに出かけてから、早くも1年3ヶ月以上経ってしまいました。
探索当時はそれほど濃い物件とは感じていなかったのですが、改めて画像をチェックしながら記事を書いていくと結構いろいろと写っていましたね。
中には武家屋敷から一緒に連れてきてしまったようなものまで写っていたようですし、記事を書いている時には右の肩から首筋を掴まれているような感覚に襲われることもありました。
しかしなにより印象に残っているのは、冒頭にもあるように射撃場に至る道中です。
当時の探索車両はアコードだったのですが、急な坂を上ったら狭いT字路というところが多く、しかもそこは民家の密集地。
その中での切り返しは非常に気を使うものであり、精神的に疲れました。
なにせ急坂なので、どうしても静かにというわけには行かないわけです。
あそこに行くことはもうないと思いますが、あれ以来私は探索専用車両としてジムニーが欲しくて仕方ありません。(笑)

副管理人:kuni

「クレー射撃場廃墟」、ネーミングだけでも濃そうな予感がする探索でしたが、kuniさんも書いている通り行き着くのもかなり大変な物件でした。
私は運転があまり得意な方ではないので、探索にはkuniさんが運転する機会が多いのですが、今回の探索のように車幅ギリギリの道を通る場合助手席の私も結構緊張します。
今回の場合、オートマチックでもアクセルから足を離せば後ろに下がってしまうような急な上り坂の途中で、切り返さなければ曲がれない狭い路地の曲がり角があり、運転していない私もヒヤヒヤした覚えがあります。
そんな苦労を重ね辿り着いた射撃場廃墟なのですが、苦労したかいあり、なかなか濃い物件でした。
探索している時に、恐怖感はそれ程感じなかったのですが、かなり強い霊気は感じました。
あまり怖いと思わなかったのは、それ程危険を感じなかったのか、もしくは私にはあまりキャッチ出来ない霊のタイプだったのでしょう・・・・
ところで、射撃場廃墟に居る霊の他に、先に探索した「武家屋敷」からも何体か連れて射撃場廃墟を探索している可能性があるようです。
もし私達が「武家屋敷」から何体か連れて来てしまっていたとしたら、そんな予期せぬ霊の来訪により、射撃場廃墟もいつもより濃くなってしまったのかもしれませんね。

管理人:ピフィア

00:00||--pookmarktop