CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
RECOMMEND

うさぎっ子恐怖館スマホ閲覧verです
しばらくの間、スマホからの閲覧はこちらでどうぞ。

<< 大山貝塚編 | main | アフシマノ嶽(SSS)・憑霊浄化編 >>
森川公園編

森川公園編

執筆者:kuni

恐怖度:

 

近寄れば命の保障はないと言われる「 聖域・大山貝塚 」の探索を終えた私たちは程近い位置にある次なる探索地「 森川公園 」へと向かいました。
公共の公園ということで、位置特定には全く問題はありません。
ここでの噂というのは、あるサイトで見てみると下記のようなものがありました。
「トイレに入ったら、風もなく誰もいないのにノックされた」
「カップルで訪れていて、彼氏の方がトイレに行ったが、なかなか帰ってこないので彼女が見に行ってみると、髪の長い女が片手にカマ、片手に彼氏の生首を持って立っていた」
このようにトイレに関する噂が多いようです。
また、ここにもいわゆる拝所があるということなので、それを中心に探索することにしました。
迷うことなく森川公園に到着した私たちは駐車場に入ります。
公園脇にある施設を利用する方も駐車しているようで、数台の車が駐めてあります。
一服後、ここでもミミさんはお留守番ということで、ミミさんを一人残し、私たちは探索に入ることにします。

探索日:2004年11月12日
探索メンバー:管理人ピフィア(以下、師匠)と私kuniの2名

 

「夜の道魔の手がのびるその前に」
この看板が示しているように、この公園は夜になると理性の通じない野獣のような人間が集まるそうです。
「ここにはカップルで来てはいけない」
そう言われるのは、こういった理由からでしょう。
また、先に紹介した生首を持った髪の長い女の噂の元も同様だと思います。


公園入口付近の撮影を終えた私たちは本格探索に入ろうと、再び公園入口から奥へと歩を進めました。
その直後のことです。
高校生らしき2人組みが急接近してきたかと思うと、「肝試しですか?」との声。
「一緒にしないでよ〜」という感じでしたが・・・・(笑)
「心霊サイトの取材で来たんだよ」と返事すると、「怖いから一緒に行っていいですか?」と。
正直言って邪魔なのですが(笑)、「まぁ、いいか」ということで同行を許可することにしました。


少し進むと左手に階段が現れました。
あの先には何があるのでしょう?
拝所でしょうか?
それにしてはちょっとイメージが違いますが・・・・
とにかく行ってみましょう。

階段に差し掛かりました。
しかし階段の上、奥の方が異様に闇が濃いです。
この先には何が待ち構えているのでしょうか?
期待とともに若干の不安が脳裏を過ぎります。
高校生コンビはかなり怖がりながら、それでも私たちの後を付いてきています。

 

ほぼ同じ位置から私が撮った画像です。
前の師匠の画像とは全くイメージが違います。
とても同じところで撮った画像とは思えません。
この違いは一体何なのでしょうか?

階段の上に広がる光景はこんな感じです。
さすが沖縄だけあって、11月半ばになっても雑草が元気いっぱいです。

目を転じると、森川之塔と書かれた碑が立っています。
形はお墓のように見えますが、戦没者のための慰霊塔のようです。
あちこちにオーブが出ていますが、それよりも気になるのは慰霊塔の奥左にある建物の2階。
気になる部分を拡大してみましょう。

いかがでしょうか?
ドア部分でしょうか?
その一面に大きな顔が現れているように見えるのですが・・・

もう少し近付いて撮った私の画像です。
かなり多くのオーブが出てきました。
戦没者慰霊塔ということですから、当然のことかもしれません。
ところで、慰霊塔の台座部分ですが・・・・

気になる部分を拡大しました。
2つの顔が写っているようですが・・・・
師匠の言葉を借りるなら、右側の顔は霊気ではなく、妖気を発しているそうです。
左側の顔は老人のようですね。
何かをしているように見えるのですが・・・・

「沖縄県指定名勝 森の川」とあります。
実はよく見てこなかったのですが、森の川というのは「絶えず水が湧き出る清泉」だということです。
そして、ここには次のような伝説があったのです。


☆☆☆ 森の川の伝説 ☆☆☆
昔、奥間という人がおり、ある日野良仕事を終え、森の川に手足を洗いにやってきた。
すると沐浴をしている女性を見つけ、木陰から覗いていると、きれいな衣装が木の枝に掛かっていた。
それを見つけた奥間はその衣装をすばやく隠した。
実は彼女は天女であった。
羽衣のない天女は昇天できず、困り果て、奥間の世話になることになった。
それから10年、二人の間に一男一女が生まれた。
さらに何年か経ち、女の子が偶然にも倉で母である天女の羽衣を見つけた。
それを知った母親は大いに喜び、夫の隙をみて羽衣を取出し、身につけると天高く舞い上がった。
子供たちは大声で泣いた。
さすがに天女も名残惜しくなったのか、何度も何度も空を上がったり下りたりしていたが、ついに大空の彼方に飛び去った。
この天女の男の子が後の中山王察度といわれ、琉球王国と中国明朝との貿易を始めたと言われている。


いわゆる羽衣(天女)伝説です。
こういった話は全国に多数存在しますが、資料があったので紹介してみました。
ちなみに天女が沐浴していたところが、かつての森の川だったということのようです。


 

オーブの大舞踏会です。
森の川の泉の脇にいくつかあるであろう公園奥へと続く道があります。
とりあえず、これを進むことにします。

道は上っていますが、さほど急ではないので助かります。

メインロードに合流したようです。
ところで、左の木の枝葉に妙な光が見えます。

 

拡大してみました。
この妙な光は一体何でしょう?
こんなところに反射するようなものはないと思いますが・・・・

上ったところには藤棚の休憩所がありました。
妙なものが写ってますね?
拡大してみましょう。

これ・・・・何です?
寸足らずの蛇のような、空中を浮遊する新種のクリオネのような・・・・

まだ階段があります。
さらに上があるようです。

広場のようなところに出るのかと思っていたら、道に出ました。
道が右にカーブしている辺り、木の向こう側に何か写っているように感じます。

これ、私にはよくわからなかったのですが・・・・
師匠の言葉を借りれば、「苦しそうに這いずっている男性の背中に大きな顔が乗っている」そうです。
なるほど、そう言われてみるとそのようにも見えます。
今何となく頭頂部が痛むのは、この画像のせいでしょうか?

道端にはこんな表示が・・・・
「ハブに注意」
沖縄を探索する上で、私たちが一番恐れていたものです。
遠征終了まで、遭遇せずに済ませたいものです。

視界が開けてきました。
そろそろ最上部でしょうか?

だだっ広い広場に辿りつきました。
少し明るさとコントラストを調整すると、たくさんのオーブが出現しました。
これで終わりかと思ったら・・・・

ご覧のように左側にまだ上へと続く階段があります。
その近くには「おいで、おいで」をするようにオーブが出ています。

階段の上を見上げると、何かの構造物があります。
あれは何でしょうか?
また、その上部には私たちを誘うように大きなオーブが出現しました。
ひょっとして、先ほどの「おいで、おいで」オーブでしょうか?
大きさは変化していますが、私には何となくそんな風に思えます。

階段下から見た構造物はこのような石垣でした。
そしてまた階段が・・・・

 

おそらくこれが最後でしょう。
懸案の拝所はこの上にあるのでしょうか?

何もありません。
ただ、広場があるだけです。
一体、拝所はどこにあるのでしょう?
2人の高校生もプチ遠征してきており、この辺りのことはよく知らないようです。
これからまたあちこち探し回るのも時間的な問題があります。
また、ミミさんを一人車に待たせてあるのも気に掛かるので、以上で森川公園の探索は打ち切ることにします。

最後にひょんなことから同行することになった2人の高校生を撮影しました。
実は私にとって、ここの探索画像で一番気持ち悪い画像がこれです(笑)

目が気持ち悪いです(笑)
これ以降、うさぎっ子では彼らのことを宇宙人と呼んでいます(笑)
面白くないので、これを赤目現象と言ってはいけません。(笑)
高校生に化けた2人の宇宙人さん、これを見ていたらメールくださいね〜!


☆編集後記☆

「拝所はどこにあったんだろう?」
そう思いながらも私たちにとっては特に印象に残るスポットではなかったため、これまで調べることはありませんでした。
そして今回、探索から約1年8ヶ月経て、レポを書きながら、いろいろと調べていたところ・・・・
なんと、私たちは拝所のすぐ近くにいたことがわかったのです。

 

そう、羽衣伝説のあの天女が沐浴をしていたという森の川のすぐ近くに目的の拝所はあったのです。
これで師匠が当時言っていたことが理解できました。
「kuniさん、この辺りが濃いね〜」
それはまさしく、この「森の川」から戦没者慰霊塔「森川之塔」辺りを探索している時のことだったのです。
全体的な印象としては、比較的あっさりとしたレポに仕上がっているように、霊的な面では特に強く感じるものはありませんでした。
ただひとつ、車で待っていたミミさんの体験を除いては・・・・
私たちが車を降り、一人残されたミミさんは急にザワザワと周囲が騒がしくなってくるのを感じたそうです。
そのうちにそれらの多くの気配が近寄ってきて、車を揺らされ、窓を叩かれたと言います。
それは私たちが帰ってくるまで続いたそうです。
当時のミミさんは多くの霊障に苦しみ、弱っている時だったので、狙われやすい状態にあったのでしょう。
ただ霊的な現象には慣れっこになっているミミさんですから、パニックにならずに済んだと言えます。
おそらくそういった現象に遭遇した時は、慣れてない分だけ私の方がビビッてしまうでしょうね(笑)

 

副管理人:kuni


緑が多く、日中は家族連れやカップルが多く訪れ、心霊現象など全く感じさせない普通の公園も、夜になればその姿を変貌させ恐怖のスポットと化す。
学校等、日中に活気が溢れている場所ほど、人々の莫大なる精神エネルギーを蓄積し、闇の訪れとともに、恐怖のエネルギーに変換され開放される。
いわゆる学校の七不思議と呼ばれる現象も、精神エネルギーの蓄積と変換だと思われる。
公園も学校と同じで、日中に多くの人が訪れ、精神エネルギーが蓄積されやすい場所なので、今回探索した森川公園も、公園の七不思議的な現象によるものと予測していました。
つまりは、具体的な根拠により心霊スポットと呼ばれているわけでは無いと。。
そんな私の予測を裏切るように、「この公園の中には拝所があるそうだよ」とkuniさんが言いました。
意外な言葉に「何ゆえ公園の中に拝所が・・・」と頭の中が混乱しかけました。
しかし冷静に考えると、「貝塚に拝所があるのだから、公園の中に拝所があっても別に不思議ではないか。。」と納得する事にしました。
さて、公園内の探索ですが、広い園内のほとんどの場所が、霊的に強く感じる事も無い普通の公園でした。
ただ、戦没者の慰霊のために建てられた、「森川之塔」付近はかなり強い霊気を感じ寒気がしました。
kuniさんが後に調べたところ、拝所も「森川之塔」の直ぐ近くにあるそうなので、霊的に濃い場所であった事も納得できます。
ちなみに拝所はkuniさんが記事に書いていますが、羽衣伝説の場でもあるようです。
羽衣伝説は全国に数多く語られていますが、その多くは大切な羽衣を隠されたり、奪われてしまう話が多く、同じ失敗を何度も繰り返していることから「天女には学習能力が無いのか?」と少し疑ってしまいます。
少しドジっぽい印象の天女ですが、天上界の神であり、羽衣伝説がある場所には常世(黄泉)への入り口があると云われています。
天女に宇宙人・・・もしかしたらこの公園は、いろいろな空間と繋がっている場所なのかもしれませんね!


管理人:ピフィア
 

00:00||--pookmarktop