CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
RECOMMEND

うさぎっ子恐怖館スマホ閲覧verです
しばらくの間、スマホからの閲覧はこちらでどうぞ。

<< 白石鉱山廃墟白い迷宮編 | main | 三重恐怖トンネルツアー完結(女鬼トンネル)編 >>
三重恐怖トンネルツアー旧惣谷トンネル編

三重恐怖トンネルツアー旧惣谷トンネル編

執筆者:kuni

恐怖度:

 

今回、我々うさぎっ子は「三重県恐怖トンネルツアー」と銘打って、列車事故で有名な旧惣谷トンネルを始めに 奈良県との県境にある旧高見トンネル及び勢和多気IC近くの旧女鬼トンネルを探索することとなった。
当初はその他にもいくつか探索を予定していた物件があったのだが、スポットの発見に手間取ったり道に迷ったり と大きく時間をロスした結果、今回のツアーに見合った上記3件に落ち着いた次第です。 

今回の探索メンバー:管理人ピフィア師匠(以下師匠とする)と私kuniの2名
探索日時:2003年4月19日14時半集合〜4月20日3時半解散

 

 

 

4月19日(土)14時半頃、私の自宅で師匠と待ち合わせ、師匠の車を私の駐車場に置き、出発した。
まずは桑名ICより東名阪・伊勢自動車道を乗り継ぎ、今回の拠点と定めた旧東青山駅を目指す。
当初の予定はこうである。旧東青山駅に車を止め、まずは事故の原因となるトラブルのあった旧青山トンネルへ。
数100m入ったところで引き返し、旧路線上を実際の事故現場である旧惣谷トンネルに向かうというものでした。
ところがどっこい、そうは問屋は卸さぬと旧東青山駅が見つかりません。
こんなことならここを探索済みの他サイトの管理人さんに聞いてくれば良かったと後悔しながらも、とりあえず 現在の東青山駅に着きましたが、路線図をご覧いただくとわかるように旧路線は駅から少し離れています。
さらに人目もあるということでそこからのアプローチは断念せざるを得ませんでした。
そこで私たちは本来の目標である旧惣谷トンネルに近い、榊原温泉口駅を目指すこととなりました。
路線図でもわかるように榊原温泉口駅付近では新旧路線が同一なので、探しやすかろうというのがその理由です。
榊原温泉口駅から架線を目標に線路沿いを進むと工事中の橋に行き着きました。
下へ降りる階段も付いていましたが、師匠の「まだトンネルには遠いんじゃないかなぁ〜」という意見もあり、またそ こが旧路線であるかも判然としないので、もう少し先に進むことにしました。 が、結局しばらく走っても旧路線らしきものに降りられそうな場所はその橋しかなく偵察に向かうことにしました。 まず私が一人で下に降り、旧路線跡と思われる道を数100m歩いたところ・・・・・・
「ありました!」 一人であること、そろそろ夕闇が迫っていたことで近くには行けず遠目に見てみると入口には柵がしてあります。
侵入できるか否かは不明ながら、早速師匠に電話をしながら装備を取りに車に戻りました。
時刻はすでに18時半に近く、近くを彷徨うこと約2時間。
ようやく目標の旧惣谷トンネルに繋がる旧梶ヶ広トンネルを見つけることができました。
胸の高鳴りを抑えながらいよいよ探索開始です。

●旧梶ヶ広トンネル入口
遠目に見ると入口すべてが覆われていたような感じがあったが、左右の隙間からなら侵入できそうです。
なんと師匠は小さな体を利して20cmそこそこの柵の間をスルッと抜けてしまいました。
私はとても無理なので左の隙間から入ります。

●旧梶ヶ広トンネル内部
内部に侵入しました。
写真上部やや右にオーブのようなものが見えますがなんでしょう??

●旧梶ヶ広トンネル内部
これは何かの資材置き場だったんでしょうか?
今ではゴミ溜めとなっています。

●旧梶ヶ広トンネル内部
正に漆黒の闇、このまま出られないのではないかと錯覚してしまいます。

●旧梶ヶ広トンネル内部
先ほどのゴミ溜めとは違って、ここには標識などが置かれています。

●旧梶ヶ広トンネル出口
出口が見えてきました。
もう外もかなり暗くなっていますが、トンネル内よりはまだマシです。

●旧惣谷トンネルへ向かう
写真中央には旧惣谷トンネルがあるはずなのですが、暗くて写っていません。

●旧惣谷トンネルへ向かう
これがあの悲惨な事故現場となった旧惣谷トンネルの入口です。
零感人間の私でも心なしか寒いものを感じます。
思い切って侵入することにします。

●旧惣谷トンネル内部
いよいよ死者25名負傷者200名余りの犠牲者を出した事故現場へと向かいます。

●旧惣谷トンネル内部
トンネル内にはこのような雑多な廃品が放置されています。

●旧惣谷トンネル内部
事故現場の一部のようです。両側の壁が無残に削り取られています。

●旧惣谷トンネル内部
右側の壁にオーブのようなものが写っています。
無念の死を遂げた被害者の方でしょうか?

●旧惣谷トンネル内部
「何かすり抜けた!」
師匠が口走った地点です。
師匠の頭上を何かが走り抜けて行ったようです。
スグ隣を歩いていた私は零感人間らしく感じることはできませんでした。

●旧惣谷トンネル内部
トンネルの天井部分です。
なにやら燃えたような跡があります。

●旧惣谷トンネル内部
焼け跡のようなものを見ていくとどうやらこの辺りがその中心のようですが・・・・
車両炎上の事実はあったのでしょうか?
それともここに侵入した何者かがゴミの山にでも放火したのでしょうか?

●旧惣谷トンネルを出て
このトンネルはやはり尋常ではありませんでした。
霊感の強い師匠は当然のこと、零感人間を自称する私でも内部にいる時は終始耳鳴りのような音が聞こえていました。
これは私のスポットでの初めての心霊体験かもしれません。

●道標
旧惣谷トンネルを出て少し行くとこのような道標がありました。
見ると現東青山駅がすぐそこにあります。
この時点でここのトンネル群に費やす時間がなくなってしまい、車に引き返すことにしました。
が、珍しく師匠が乗り気ではありません。
でも車に戻らねば。

●復路 旧惣谷トンネル内部
心なしか師匠の背中がいつもより小さく見えます。

●復路 旧惣谷トンネル内部
往きに撮影した残骸のところまで戻ってきました。

●復路 旧惣谷トンネル内部
旧惣谷トンネル往復探索完了です。
ちなみに写っているのは私kuniです。
背中になにか憑いてないでしょうか?


★ 編集後記 ★

旧惣谷トンネルの画像を選ぶため凝視したせいか、往路部分の記事を書いている時に少し頭痛がしました。
ひょっとして、私の霊感も少しずつ進化しているのでしょうか?
そして、旧惣谷トンネル内で聞こえた耳鳴りのような音は何だったのでしょうか?
今回、管理人のピフィア師匠は「生気を抜かれたようだ」と言っていました。
零感人間を自認する私でさえ感じた霊気?を彼が感じないはずはありません。
影響を受けたとしても当然のことかもしれません。
霊障か?と心配しましたが、探索の翌々日には体調も戻ったようで安心しました。

なにはともあれ、大きな事故もなく無事探索を終えることができ、土地の自然霊と私の守りに感謝したいと思います。
次回は三重恐怖トンネルツアー完結編として、旧高見トンネル及び旧女鬼トンネルをレポートする予定です。

副管理人:kuni

昭和46年10月25日夕刻、静閑な青山高原に地響きとともに轟音が響いた、町内有線放送は「上ノ村付近で大事故発生!!町民は直ちに救出作業に出てください!!」との放送が繰り返し流れた。
地区住民は野良仕事を放り出し、一斉に救出作業に出向いた。
事故の状態が分からないまま、事故現場に到着すると、あちらこちらからうめき声とともに「助けて〜!」と言う悲鳴にはじめて事故の大惨事を知ることになった・・・ (伊勢新聞より)
世にいう「青山トンネル事故」である。
しかし、実際に事故が起きたのは青山トンネルより3つ手前の現在旧総谷トンネル西口、現東青山(新駅)の裏手「四季の里」付近で、ここに当時は垣内信号所が設けられ、単線トンネルに挟まれた複線区間の端で事故がおこった。
「しとしと」と降り続いていた雨も何とか止んだ夕暮れ時、道に迷いつつも何とか目的の旧惣谷トンネル付近に到着した私達は、旧梶ヶ広トンネルの東に位置する陸橋から降り、探索を開始しました。
山の夕暮れは早く、旧梶ヶ広トンネルに着いた時には周りは既に薄暗く、どんよりと曇った空は、今にも再び泣き出しそうな感じです。
旧梶ヶ広トンネルの入り口は鉄柵にて封鎖されていましたが、その脇から何とか侵入できそうなので、そこからトンネル内に侵入すると、トンネル内は既に闇に支配されていて、すごく薄気味悪のですが、霊的にはそれほど感じるものはありませんでした。
旧梶ヶ広トンネル西口を出てしばらく歩くと、目的の旧惣谷トンネル東口が見えてきました。
旧惣谷トンネル入り口も鉄柵で覆われていましたが、先と同じ方法にて侵入すると、トンネル内には異様な雰囲気が広がり、旧梶ヶ広トンネルとは明らかに重みが違います。
その重みはトンネル内中間地点から更に増し、同時に異様に甲高いブレーキ音のような音がして気になります。
耳鳴りでしょうか?
トンネルの壁には無数の削られたような跡があり、天井はレンガが剥き出しになり焼け跡が残っていますが、事故の傷跡なのでしょうか?
トンネルも終盤地点に差し掛かった頃、トンネルの天井に素早く移動する光のような塊を発見したので目で追いましたが、私の頭の上を駆け抜けると直ぐに消えてしまいました。
一緒に探索しているkuniさんに「何か私の頭の上を駆け抜けて行ったけど見た?」と聞いてみましたが、「何も見なかった」と言っています。
私は幻覚でも見たのでしょうか?
旧惣谷トンネルの西口から外に出ると、何やら駅が見えます。
どうやら旧惣谷トンネルは現東青山駅の直ぐ東に位置しているようです。
旧惣谷トンネルの霊気の影響なのか、私は再びトンネル内に侵入するのをためらいましたが、車に戻るには再び旧惣谷トンネルを戻らなければなりません。
再びトンネル内に侵入すると、また異様に甲高い音が聞こえてきました。
kuniさんに、その事を告げると「私もその音なら聞こえる・・」と言っています。
どうやら耳鳴りとか幻聴の類ではなさそうです。
何とかトンネルを抜け車に戻ると、私は自分の身体が異様に疲労している事に気付きました。
「歩いて疲れたちゃったのかな?」と思いましたが、疲労するほど歩いてはいません。
トンネル内で知らないうちに生気を奪われていたのでしょうか?
悲しい事故により25名もの尊い命が奪われてしまった旧惣谷トンネル。
事故の犠牲になった方々は、誰一人として成仏されずに今もこのトンネル内を迷い歩いているのでしょう・・

管理人:ピフィア

00:00||--pookmarktop