CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
RECOMMEND

うさぎっ子恐怖館スマホ閲覧verです
しばらくの間、スマホからの閲覧はこちらでどうぞ。

<< 三重恐怖トンネルツアー旧惣谷トンネル編 | main | 多○小学校芹○分校廃墟編 >>
三重恐怖トンネルツアー完結(女鬼トンネル)編

三重恐怖トンネルツアー完結(女鬼トンネル)編

執筆者:kuni

恐怖度:

 

旧惣谷トンネルの探索を無事終え、私たちは次の目的地である旧高見トンネルを目指すこととした。
「今度は道路上の旧トンネルだから、スグ見つかるよ」と気楽に構えていたのだが・・・・。
なんのことはない、予定のルートを逆に曲がるわ、行き止まりの国道に入って道は無くなるわ、おまけに食事のできる場所などまるで見当たらないわ、と散々な目に遭いました。
幸いにして、夜食用に作ってもらった「おにぎり」のおかげで息をつくことができました。
やはり探検には非常食と飲料水は絶対持っていくべきです。
なんやかやと苦労しましたが、R166をひた走っているとループ橋状のものを過ぎたあと、ようやく高見トンネルが見えました。
当初予想していたよりも遥かに大きく立派なトンネルでした。
が、私たちの目標はこれではありません。目標はあくまでも旧高見トンネルです。
意外に大きかった高見トンネルを抜けるとスグに左に登る道を発見。
左折してみると標識に「高見峠」の文字が・・・・これで間違いなし!と峠に向かいました。
旧道に入ると一面不気味な霧に覆われ、非常に視界の悪い中しばらく行くと・・・・・
「師匠!!これだ!」いよいよ旧高見トンネルのお出ましです。

●旧高見トンネル入口
これが旧高見トンネルです。
この写真ではそれほど霧が気になりませんが、実際には一面霧で真っ白でした。
まずは一度車で通り抜けます。

●高見峠
落石旧高見トンネルを抜け、少し行くとこのような落石が多数見られ、非常に危険な匂いがします。

●高見峠・謎の祠
こんな所に祠がありました。
何を祭ってあったのでしょうか?

●再び、旧高見トンネル入口
再び、旧高見トンネルの入口に戻ってきました。
カメラのせいか、腕のせいか、私の画像は真っ暗。
では今度は歩いてみましょう。 

●旧高見トンネル内部
霧のせいなのか、非常に不気味な印象を受けます。

●旧高見トンネル内部
出口が見えました。
比較的短いトンネルですね。
出口右手に土砂崩れ?の跡があります。
右の壁の白いシミのようなものが私には少女が歩く姿のように見えますが・・・・
ま、単なるシミでしょう。

●旧高見トンネル出口
トンネル上部にある正式名称を確認しています。
「ん??これは旧高見トンネルではないぞ?!」

●旧高見トンネルの正式名称
どうやらこのトンネルの正式名称は「杉谷隧道」という名前らしいです。
ということは、この峠にはもうひとつトンネルがあるのでしょうか?
それともこのトンネルのことを旧高見トンネルと呼んでいるのでしょうか? 
調べてみましょう!

●高見峠頂上
一度R166に戻り、現在の高見トンネルの向こう側から高見峠まで上がってきました。
道標と観光案内図のようなものがあります。

●高見峠・石碑
霧の中に浮かび上がったものは石碑でした。
なんと書いてあるのかよくわかりません。
このあと道なりに進んだところ、この峠には先ほどの「杉谷隧道」の他にトンネルはないことが判明しました。
よって、「杉谷隧道」=「旧高見トンネル」ということで、まず間違いないものと思われます。

●高見峠の主?
この高見峠では、やたらと鹿に遭遇しました。
白石鉱山廃墟探索の時もかなり大型の鹿2頭と遭遇しており、うさぎっ子は鹿と相性が良いようです。


旧高見トンネル(杉谷隧道)の探索を終え、いよいよ本日最後の目的地旧女鬼トンネルへ向かいます。
旧女鬼トンネルはほぼ位置を把握しているものの、途中から降り始めた雨が激しさを増してきました。
目印の勢和多気IC辺りでは、正に土砂降り状態です。
ICを過ぎて適当なところで脇の県道に入り、適当に走っているうちに正面にトンネルが見えました。
近づいて名称を確認するとなんとそれは女鬼トンネルでした。
新トンネルを発見すればもう簡単です。
その脇道へ入るとスグに某サイトで見覚えのある旧女鬼トンネルが出現しました。


●旧女鬼トンネル
入口この時も雨は激しく降り続いていました。
白い斑点のようなものは雨ですね。

●旧女鬼トンネル内部
ここも霧で真っ白です。
霧があるため、オーブのようなものがあったとしても素人では判別がつきません。

●旧女鬼トンネル内部
ほぼ同位置での私の画像です。
カメラが違うとこうも違うものでしょうか?
実際目で見る光景はこちらの方が近いと思います。

●旧女鬼トンネル出口
トンネルを抜けました。
思っていたより遥かに短く、両側が車が通れないように封鎖されているので、倉庫のような印象を受けました。

●新女鬼トンネル
これが現在のトンネルです。
これさえわかれば、旧トンネルはすぐ脇にあるので見つけるのは簡単ですが・・・・ 


★ 編集後記 ★

今回の探索はかなりハードになるだろうとは予想していましたが、実際想像以上のものがありました。
情報不足でスポット発見に手間取ったり、道を間違えたりで大きく時間をロスしてしまい、予定していたいくつかのスポットは後日に回すことになりました。
なかなか予定通りには行かないものですね。
さらに今回は管理人のピフィア師匠は旧惣谷トンネルでかなり体力を消耗してしまったようで、若干心配しましたが、探索の2日後には体調も戻ったようで安心しました。
次回の私のレポートは今回時間不足で探索できなかった○○山の神社を中心に組み立てたいと思っています。

副管理人:kuni

旧惣谷トンネルで生気を抜かれてしまった私は、kuniさんのお母さんの手作りおにぎりを食べ、何とか少し体力を取り戻しましたが、最後の目的場所の旧女鬼トンネルに到着した時には、もう体力の限界を感じていました。
ヘトヘトになりながらも旧女鬼トンネルの探索に赴きましたがトンネル内には異様な霧が広がりとても不気味な雰囲気でした。
それでも、思った以上にトンネルが短かったおかげで、何とか取材を無事に済ます事が出来ました。
今回の恐怖トンネルツアーでは、今まで探索してきた場所とは違い、本人も気付かない内に体力を奪われてしまう結果になってしまいましたが、それだけに内容の濃い探索であったと思います。

管理人:ピフィア

00:00||--pookmarktop