CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
RECOMMEND

うさぎっ子恐怖館スマホ閲覧verです
しばらくの間、スマホからの閲覧はこちらでどうぞ。

<< 三重GWスペシャルツアー・白○山荘編 | main | 巨大ボウリング場廃墟トーヨーボール編 >>
三重GWツアー・呪いの藁人形探索後編

三重GWツアー・呪いの藁人形探索後編

(倉田山・松尾観音寺編)

執筆者:kuni

恐怖度:

 

篠田山霊園での「呪いのわら人形」探索を終えた我々は次なる目的地のある伊勢市へと向かった。
その神社を探すもそれらしきものはなく、代わりにその捜索中に見た松尾観音寺というお寺に我々は気味の悪いものを感じていた。 
時間はすでに0時を過ぎており、「遭遇者情報とは違うけど松尾観音寺を探索しよう」と話し合いながら、夜食のおにぎりを食べていた。
そうこうするうちに夜食を終えてしまい、仕方なく代案の松尾観音寺へと向かうことにした。

探索日時:2003年4月30日〜5月1日未明  
探索メンバー:管理人ピフィア師匠(以下師匠とする)、私kuniの2名

 

●松尾観音寺入口
この入口階段下には民家があり、街灯も明るく灯っているため、当初感じていた気味の悪さはほとんど感じられませんでした。

●お地蔵さんと灯篭
階段の昇りきって、右手を見るとお地蔵さんが出迎えてくれていました。

●何かの塔
これは何でしょうか?
本殿前の広場のようなところの中心にありました。

●本殿
ちょうどこの本殿を撮影している時に私の携帯にメールが受信されました。
遭遇者からのメールです。
「邪気が神社から感じられたので勘違いしました。私がわら人形を打っている人を見たのは松尾観音寺です。」
おぉ〜やっぱりここかぁ〜!
ということで、気合を入れ直して探索を進めます。

●鳥居
幾重にも重なって鳥居が出現しました。
私は神仏には疎いのですが、お寺の中に神社というわけですか・・・?
そういえば先ほどの堕天使さんからのメールから察するとこの先に邪気が集まっているということでしょうか?
とにかく行ってみましょう。

●神社
ここが邪気の集まっている神社でしょうか?
宇須大明神とあります。
社に照明があって明るいので、あまり不気味さは感じません。
私が鈍感だからでしょうか?

●鳥居右手の脇道
先ほどの鳥居の右手奥に小屋のようなものが見えます。
近付いてみましょう。

●トイレ
トイレでした。
しかし私は何か気味の悪いものを感じ、遠目に写真を撮るだけにしました。
そういえば、トイレというと開けたがる師匠も近寄らなかったのは何かを感じていたのでしょうか?

●トイレ脇の小道
トイレ脇の道を進みます。
もう少し行けば木の裏側にわら人形があってもおかしくない不気味な雰囲気です。

●トイレ脇の小道
わら人形を求め、ひたすら奥へ進む師匠。
適度な太さの木を見ては、確認して行くも・・・・
ついに道は途絶え引き返すことにしました。

●本殿裏の林
今度は本殿裏の広場の奥にある林を探索します。
何かが光っています。
町の灯りがあそこに見えるわけはないのですが・・・・
ついでにオーブのようなものも写ってますね。

●本殿裏の林
このくらいの木にはわら人形が打ち付けてあってもおかしくありません。
ちなみにこの木の右手の幽霊のような影は師匠です。(笑)

●本殿裏の林
実はこの前の画像の左下に降りて探索してきたわけですが、あまりに足場が悪く撮影を忘れていました。
おまけに道?に迷いそうになりました。
一足早く、戻った私が斜面を登る師匠を撮ったものです。
もう少しで顔出しでした。(笑)
探索結果はといえば、ここでも「呪いのわら人形」は発見に至りませんでした。

●本殿裏広場の木
最後になんとなく気になって写した本殿裏の大木です。
いくつかのオーブらしきものが浮遊していますが・・・


☆編集後記☆

前編の白○山荘廃墟に加え、以上が「三重GWスペシャルツアー」の顛末です。
実はもうひとつ探索した場所があったのですが、自然系のスポットで画像が全く役に立たず、レポートすることができませんでした。
このスポットに関しては、いずれまた出かけてみたいと思っています。
さて、三重GWスペシャルツアー後編はどういうわけか「呪いのわら人形」一辺倒になりました。
結局、両スポットとも発見するには至らず残念でしたが、逆に見つからなくて良かったなとも思っています。
スクープは欲しかったですが、あまり見たいものでもないですからね。
難しいところです。

副管理人:kuni

篠田山霊園から倉田山へと移動し、邪気が集まると云われる松尾観音寺に到着した私達は、恐る恐る境内への階段を上がりましたが、境内には明かりが灯り、それほど恐怖を感じる事は出来ませんでしたが、夜の参拝者もいない境内に明かりが灯っているのが何となく不自然です。
しかし、丑の刻参りを警戒し明かりを灯していると考えれば納得します。
結局今回の探索では、何れも藁人形を発見する事は出来ませんでしたが、藁人形にまつわる噂は各地に有るので、機会が有ればまた探索したいと思います。

管理人:ピフィア

00:00||--pookmarktop