CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
RECOMMEND

うさぎっ子恐怖館スマホ閲覧verです
しばらくの間、スマホからの閲覧はこちらでどうぞ。

<< 巨大ボウリング場廃墟トーヨーボール編 | main | 知多未完成駅編 >>
料理屋廃墟 鱒池亭編

料理屋廃墟 鱒池亭編

執筆者:kuni

恐怖度:

 

前回の三重GWスペシャルツアーが自然系のスポットが中心だったこともあり、今回は廃墟を中心に三重廃墟ツアーと銘打って探索に出かけたのは良かったが、満足いく探索ができたのはこの「鱒池亭」のみであった。
他の予定スポットは観光地化してしまっていたり、発見に至らなかったりで、ツアーとしては不成立になってしまった。
しかし、ここは単独での探索に慣れたピフィア師匠さえも侵入を躊躇させる得体の知れない不気味さを漂わせていた。
かなり恐怖を感じながらも我々は意を決し踏み込んだ。

探索日時:2003年5月17日 探索メンバー:管理人ピフィア師匠(以下師匠とする)、私kuniの2名

●鱒池亭への入口
何かと噂の多い青山高原一帯。
そしてここも青山町の一角に位置しています。
噂ではここへ行くと、「激しい頭痛と吐き気に襲われ、女性のウメキ声を聴き、川の対岸からの調査のみでしたが、心霊写真もとれました」というもの。
この看板を発見し、「もう近いぞ」と辺りを見回したところ・・・・・
ありました!
何とも言えない不気味さにたじろいでしまいます。
さらに師匠の体調に異変が!
「kuniさん、さっきから吐き気するし・・・・」
少々躊躇するも煙草を一服し、気持ちを落ち着かせ、我々は侵入することにした。

●入口から見た鱒池亭
先ほどの看板のあるところを右に折れたところから鱒池亭を写してみました。
木々に覆われ、ほとんどその姿を見ることはできません。
代わりにたくさんのオーブが出迎えてくれました。

●鱒池亭への橋
鱒池亭へ行くには、すぐ脇を流れる渓流を渡る必要があります。
橋の骨組みは鉄製ですが、そこに渡した板が腐食しており危険です。
手すりを頼りに鉄骨のある部分を慎重に渡ることにします。

●橋の上から
橋の上から渓流を写してみました。
高さはそれほどありませんが、流れの音が耳に障ります。

●これか・・・
橋を渡り切り、左手を見ると鱒池亭が見えました。
不気味です。
勇気を出して先に進んでみましょう。

●鱒池亭玄関
鱒池亭は大きく口を開けて待って我々を待ち受けていました。
誘いに応じるべきでしょうか?
ここに至っては逃げ出すわけにもいきません。
入ってみます。

●玄関からロビーを望む
玄関に入りました。
奥はロビーのようです。
ソファーが踊っています。

●ロビー
かなり植物が侵入してきています。
向うは何でしょう?

●浴室
浴室でした。
しかし妙な位置取りです。
向うに穴があります。
元々は出入口ではないのでしょうが、行ってみましょう。

●厨房
ガスの配管が立っています。
冷蔵庫があるだけで、食器や調理器具などは全く見当たりません。

●ボイラー
厨房の奥にあったのは狭いボイラー室でした。

●対岸の別棟
渓流を挟んだ対岸に別棟が見えました。
かつてはこの辺りから向こう岸に橋があったようです。
今は上階へ進みます。

●二階への階段
急な階段です。
それよりも腐食が進んでいて危なくて上れません。
他のルートを探します。

●階段脇の小部屋
ここは師匠が一番嫌な気配を感じると言っていた部屋です。
床が抜けていて入ることはできません。
気味が悪いので二階へ向かいます。

●石垣
ここから二階に上れそうです。
かつてはここに水を流し景観を楽しんでいたのでしょうか?
とにかく二階に行きます。

●石垣付近から
二階石垣付近から撮ってみました。
垂れ下がった裸電球が何となく嫌です。

●二階の広間
二階は主に宴会場として使われていたようです。
全面大解放状態で脇を流れる渓流の水音が妙に気になります。

●二階の広間
別角度で撮ってみました。
広さは30畳ほどでしょうか。
床にはテーブルが数台転がっています。

●二階トイレ
二階階段脇にあるトイレです。
右下に見える手摺りは先ほど腐食していて上がることができなかった階段のものです。
上には行けそうなので行ってみます。

●三階への階段
三階を見上げてみました。
三階天井にある照明の脇にオーブがいます。
階段はしっかりしていそうなので上がります。

●三階の小部屋
三階に上がりました。
階段を上がると即この部屋になります。
二階の広間にしてもそうですが、ここには扉というものが存在しません。
開けっ広げで密談はできそうにありません。

●四階への階段
四階というのか、中三階というのか、迷いますが上に行きます。
妙な場所に洗面台がありますが・・・

●四階の小部屋
三階よりさらに狭い部屋がありました。
床が抜けていて中には入れません。

●四階小部屋の天井
床が抜けていると思えば、天井もご覧の通り。
何かが飛び出してきそうで不気味です。

●小さな浴室
奥を見ると非常に狭苦しい浴室があります。
洗い場がありません。
どこで体を洗うのでしょう?
西洋ばりに浴槽内で洗えとでもいうのでしょうか?
ここには似合いません。

●四階の階段から
天井から垂れ下がった壁紙?が不気味です。
下に降りることにします。

●窓から
四階だったか三階だったか覚えがありませんが、何となく窓の外が気になり、カメラだけを突き出して撮ってみました。

●二階広間
二階の広間まで戻ってきました。
写真左奥が降りてきた階段です。

●一階階段脇の小部屋
師匠が嫌なものを感じた一階の小部屋の前に戻ってきました。
上を見上げると庇の部分が焦げています。
小火でもあったのでしょうか?

●一階階段脇の小部屋
もう一度部屋の中を覗いてみました。
やはり何とも言えない嫌な雰囲気が漂っています。
ここで何かあったんでしょうか?
では対岸の別棟の探索に移りたいと思います。

●鱒池亭
底の抜けた橋の手前まで戻ってきました。
「さよなら、鱒池亭」
もう来ることはないでしょう。

●帰りの橋
戻るためにはこれを渡らなければいけません。
再び慎重に渡ることにします。
後ろから何かに追われていたらと思うと恐怖感が募ります。

●対岸から見た鱒池亭
対岸の草を掻き分けて進むと鱒池亭が見えました。
こうして見るとどうしても四階まであるようには見えません。
裏の山にへばり付くように建っているので、写ってないだけだと思いますが・・・・

●対岸の別棟
少し歩くと対岸にあった別棟が見えました。
画像手前左側は池のようなものがあります。
細い通路があるので気をつけて歩きます。
妙にハッキリしたオーブも出迎えてくれています。

●石橋のような通路
対岸の別棟への石橋のような通路です。
これで沼に落ちなくて済みますが、細いので注意して進みます。

●対岸別棟への入口
近付いてきました。
ここが別棟への入口です。
では入ってみましょう。

●トイレ
入ってすぐ左奥のトイレです。

●浴室
ここの浴室も狭いです。
浴槽にはホコリが積もっています。

●部屋
入って右手にある部屋です。
このような有様で入ることができません。
奥が気になりますが・・・

●部屋
誰かが侵入したのか、押入れは大解放状態です。
廃墟に侵入してもロクなものはありません。

●部屋
部屋の奥の暗がりをよく見ると竹が数本見えます。
どうやらあの向うは外のようです。
ではそろそろ探索を打ち切りたいと思います。

●鱒池亭入口
車の置いてあるところまで戻ってきました。
最後に看板の写真を撮ります。
看板の左にある強い光は何でしょうか?
ちなみにこの日は天気良く雨ではありません。
その他にもチラホラうっすらとオーブらしきものが見えます。

●鱒池亭入口
今度は強い光のようなものはありません。
代わりにオーブが近寄ってきているように感じます。
写真左隅になにか写っています。
なんでしょう?

●拡大しました
前の画像を拡大してみると、これはカメラを持った腕ですね。
この画像は師匠の撮影したものなので、謎の物体はどうやら私の腕のようです。(笑)


☆編集後記☆

今回のツアーは三重県の廃墟を中心に巡るものでした。
しかし、冒頭にも申し上げたように発見に至らなかった物件、あまりの観光客(肝試し軍団)の多さに辟易し退散することになった物件など、満足できる取材ができたのはこの一件のみでした。
とにかく非常に不気味な怖い物件でした。
まだ日がある時間とはいえ、あのホテル藤○を単独で探索した師匠でも「1人では入れない」というくらいですから、その不気味さは想像できると思います。
人里離れた山の中、まず車も通ることはありません。
この山中にいるのは私たち二人だけ、多くの噂があるわけではなく、まず肝試し軍団は来ません。
私たちにもし何かが起こって、身動きできなくなっても助けが来る可能性はゼロに近いでしょう。
さらに渓流の水音が恐怖心を増幅させます。
特にこれといった心霊現象に遭遇したわけではありませんが、私の中ではここは三重県の最恐スポットのひとつに位置づけられました。
レポートをご覧頂いた皆さんはどう感じられたでしょうか?
次回の私のレポートは岐阜県「竹陰の廃屋」の予定です。

副管理人:kuni

小規模な集落の外れ、県道脇に設置されている目立たない目標物を頼りに出掛けた今回の探索ですが、私達の想像とは裏腹に、あっけなく目標物を見つける事が出来ました。
情報通りの目標物から、人里離れた山の中に車を進めると、茂った草むらの奥に目立たないように佇む廃墟を発見しました。
しかし、その廃墟は遠目からでも、明らかに侵入するのを"ためらう”に十分過ぎるほどの雰囲気を醸し出しています。
「あ・この廃墟に入るのは嫌だな・・」
廃墟の醸し出す雰囲気に躊躇しているのか、廃墟内に潜む何者かの気配を感じてしまったのかは分かりませんが、廃墟を遠目から眺めているだけで気分が悪くなってきました。
しかし、気味が悪いからと言って帰ってしまったら心霊取材になりません。
意を決して廃墟探索に挑もうと廃墟に続く道を歩いて行くと、私達を拒むかのように、橋板が無くなっていました。
「あ!橋が壊れてる・・」
しかし、この壊れた橋を渡らなければ目的の廃墟には行けません。
「渡れないのなら、諦めて帰ろうかな・・」
「でも、行けないとなると悔しいな・・」
弱気な心と好奇心はやがて好奇心が勝利し、私達は壊れた橋を何とか渡り目的の廃墟へと辿り着く事が出来ました。
廃墟内は近くを流れる渓流の影響からか湿気が多く陰鬱な雰囲気です。
建物は外観では2階建てに見えたのですが、内部は何故か4階建てになっています。
多分、山の斜面に沿って作られた為、外観から気付かなかっただけでしょうが・・・
1階から2階の宴会場に向う途中の階段脇に小部屋が有るのですが、その部屋を見た瞬間気持ち悪くなり吐きそうになりました。
何か秘密が隠されていそうでしたが、床がひどく腐食していて危険なのとその部屋にはどうしても入る気がしなかったので外から写真を撮り、逃げるようにその場から離れました。
今回の取材は有名な心霊スポット探索ではありませんでしたが、恐怖度からすると有名心霊スポットより遥かに怖い取材だったと思います。

管理人:ピフィア

00:00昨年の記事--pookmarktop