CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
RECOMMEND

うさぎっ子恐怖館スマホ閲覧verです
しばらくの間、スマホからの閲覧はこちらでどうぞ。

<< 鸚鵡石編 | main | ラブホ廃墟みと○編 >>
料理屋廃墟・鱒池亭編2

料理屋廃墟・鱒池亭編2

執筆者:kuni

恐怖度:

 

あれは私がうさぎっ子スタッフになって間がない頃・・・・そう、それは2003年5月17日のことでした。
ネット上にたったひとつだけあった頼りない情報。
それを頼りに車を走らせた私たちは、いとも簡単に・・・・そして、ある意味呼び寄せられるが如く、鱒池亭へと導かれていました。
あれから約3年・・・私たちはこの間に3回ここを訪れています。
2度目は元スタッフを連れての再探索、そして3度目の訪問は今年の1月末にスタッフのミミさんがこちらに遊びに来ていた時です。

もちろんミミさんを連れて行った時は内部の探索はしていません。
内部探索をした2度目の訪問時、私は鱒池亭のあまりの変わり様に、ある意味ガッカリしたことを覚えています。
師匠が吐き気を覚えた、あの強烈な霊気は全くと言ってもいいほど感じることはできませんでした。
これは “人数が4名ということで注意力が散漫になった” 、或いは “すでに内部を知っているため緊張感が薄れた” という理由もあるのでしょうが・・・・
そして3度目の訪問時、同行したミミさんは男性の霊を見たものの、「レポで見た時のような、おどろおどろしさは感じられない」といった印象でした。
鱒池亭はどうなってしまったのか?
心霊スポットと呼ばれるところは、「時」や「天候」、「月齢」や「訪れる人の姿勢」などの要因から様々に変化すると言われます。
しかし、ここまで変わってしまうとどうなのでしょう?
実は2度目の探索時、その原因と思われる事実を私たちは発見していたのです。
それは何なのか?
4度目の訪問となった今回の探索の様子を綴ったレポートにて明らかにすることにします。

探索日:2006年4月1日
探索メンバー:管理人ピフィア(以下、師匠)と私kuniの2名

見慣れた鱒池亭への入口です。
入口の看板が情報通り割れているのが確認できます。

看板のあった入口付近から橋の方を撮ってみました。
まだ特に気になるものは写っていないようです。
では先に進みます。

橋まで来ました。
以前よりも若干板が減っているようです。
そして師匠が橋を渡ろうとした、その時!
右手を見た私の目に妙なものが飛び込んできました。

それがこれです。
枯れた蔓草の向こうに建物の基礎と石碑のようなものが見えます。
過去の探索で発見できなかったのは、おそらく蔓草やその他の雑草により目隠しされていたのでしょう。
ん??
何となく画像右下に何か写っている気がします。

気になる部分を拡大してみました。
横目で何かを見ているような顔?
私にはそんな感じに見えますが・・・・

これは一体何なのでしょう?
見たところ碑などではないようです。
一種のオブジェのようなものでしょうか?

奥の一画には水溜まりができていました。
わかるでしょうか?
バケツのような容器の左側の水面に何か写っているようです。

水面に浮かぶ顔?
そんな感じに見えないでしょうか?

同じところを別角度で撮った画像です。
やはりここにも何か写っているようです。

先ほどとは位置が違いますが・・・・
この拡大画像の中央に顔のようなものが水面から半分ほど出ています。
では、そろそろ本館の探索に移ります。

師匠は何かの気配を感じて撮ったのでしょうか?
カメラのレンズは見事に橋上にいるオーブに向いています。
では、渡りましょう。

ちょっと無用心な渡り方ですが・・・・
この直後、師匠は異変を感じ、渡り方が激変します。

急にビビリになったように見えます。
後刻、聞いてみると 「何かに足元をすくわれそうになった」と言っていました。
これは、実はこの探索中終始に亘り、私も感じていた感覚でした。
なんとも足元がおぼつかず、何度か転びそうになったことを思い出します

橋を渡りきったところから見た鱒池亭です。
相変わらず、良い雰囲気です。
心なしか、2度目・3度目と比べて濃いような気がしますが・・・・
やはり玄関にお出迎えがいるようです。

いかがでしょうか?
女性?のように見える顔が出迎えてくれているようです。
私たちの再来を歓迎してくれているのでしょうか?

少し近付いて撮った師匠の画像です。
これには玄関付近と右側の竹薮の中に写っているようです。
拡大してみましょう。

まずは玄関付近の拡大画像です。
ちょっとわかり難いかもしれませんが、私はこれを見ていると叱られているような気分になります。
怒ったような顔が写っていないでしょうか?

竹薮付近の拡大画像です。
私には焼け爛れたような顔が写っているように見えるのですが・・・・

さらに近づいた私の画像。
右の竹薮の奥の壁面(窓?)に何か写っているようです。

拡大してみました。
師匠曰く、「女性が大歓迎している」そうです。
大歓迎にもいろいろと意味が・・・・

では内部の探索に入ります。
ここから見ても様子がかなり変わっているようです。
最初の探索時にあったソファーはどこに行ってしまったのでしょう?

ここは前作ではちゃんと写っていませんでした。
おそらく下足箱でしょう。
それはそうと、画像左上部分ですが・・・・

その部分を拡大しました。
このブレたように見えるオーブですが、この後師匠に付き纏っていたようです。

浴室に進もうとしている師匠。
師匠の頭上右、岩が不自然に丸く壁に侵食されているように見えるところに小さなオーブ。
奥の浴室内の岩の妙に黒い部分、そして師匠の右大腿部脇に何かが出ているようです。
拡大してみましょう。

まずは岩の黒い部分です。
この面の角度の問題で黒く影ができているのでしょうが・・・・
その黒い影の中に男性の顔が出ているように見えます。

続いて、師匠の右大腿部脇の拡大です。
こちらには女性の顔が出ているようです。
師匠に悪さしようとして狙っているのでしょうか?

師匠が浴室内に入ろうとした足を止め、少し後退して撮った画像です。
師匠は何者かの気配を感じたのでしょうか?
よく見ると・・・・

割れた鏡の中から何者かに見られているように感じます。
いかがでしょうか?

浴室内に入りました。
特に変わった印象は受けませんが、奥のくぐり戸のようなものの向こう側。
あれは一体何なんでしょう?

拡大しました。
これ・・・・逆さに写った顔のように見えないでしょうか?

浴室内を調査する師匠。
その師匠の右足にオーブが纏わりついています。

くぐり戸を抜けると厨房です。
以前はきちんと立っていた冷蔵庫や調理台がこんな状態になっています。
最低限のマナーも守れない輩が侵入していたようです。

厨房を抜けて、さらに奥に行く私。
私の尻になにか・・・・

このピンク色の光は何でしょう?
まぁ、これを指摘した師匠は笑っていたので別に霊的なものではないと思いますが・・・・

ボイラー室です。
他にも何枚か画像がありますが、特に気になるものは写っていないようです。
ちなみに鱒池亭で使っていたボイラーはT芝さんのものでした(笑)

前作では紹介していなかったと思いますが、奥にこんな部屋があります。
少ししか写っていませんが、天井は雨漏りによって、シミだらけになっており、湾曲しています。

先ほどの画像の左奥です。
ここはひょっとすると釣りをするところなのかもしれません。
この窓から下を見ると・・・・

こんな感じです。
釣りをしない私にはよくわからないのですが、ここで釣っていたのでしょうか?
では、そろそろ2階の探索に移ります。

いつものようにここから2階に上がります。
しかしその前に・・・・
初めて鱒池亭を訪れた時に師匠を苦しめた、あの小部屋を見なければなりません。

小部屋を覗き込む私。
2度目の探索時にも思ったのですが、なにかが違います。
霊気というか雰囲気は最初の探索時と比べると全然軽いです。
しかしそれは最初と比べてのことであって・・・・

私の頭上右手を拡大しました。
いかがでしょうか?
なんか凄い目で睨んでいる子供の顔のように見えないでしょうか?
この子は私を睨んでいるのでしょうか?
それとも後ろでカメラを構えている師匠を睨んでいるのでしょうか?

問題の小部屋内部です。

「あの部屋には絶対入ったらいかん。物質的な結界が張られているわけではないけど、エアーカーテンのように小部屋内と外界を隔絶しているものを感じる」・・・・※このレポでは敢えて「結界」と呼びます。

最初の探索後、師匠がこんな意味のことを言っていたことを思い出します。


ところが4人で来た2回目の探索、そして今回もそういった結界のようなものを全く感じません。

全くというのは語弊あるかもしれませんが、ほとんど感じないのです。

「これは・・・・誰かが結界を破ったんじゃないか?!」

画像を見直してみると、その証拠となるものが写っていたのです。

これが最初の探索時に撮ったものです。
襖の開き加減に注目してください。

これが2度目の探索時のものです。
いかがでしょう?
明らかに襖の開き具合が違います。
つまり、この間に誰かがこの部屋に入って襖に触れたことになります。
その時にいわゆる結界のようなものが破られたのではないでしょうか?
そして、ここに閉じ込められていた強烈な怨念を持った霊たちが解き放たれたのだと私は思います。
この部屋に入った方は大丈夫だったのでしょうか?
ただでは済まされない気がしてなりません。

そして今回はこんな感じです。
なかなか同じ角度で撮られた画像がないのですが、襖の開き具合が変わっているのは明らかです。
ところで、この画像・・・・何か写っているようです。
拡大してみましょう。

いかがでしょうか?
師匠の言を借りるなら・・・・
この小部屋に封印された時の憎悪の念が非常に強く、壁に焼きついてしまったのでしょうか?
これは残留思念なので危険はないそうですが、見ていると頭がズ〜ンと重くなります。

では、そろそろ2階の探索に移ります。
いつものようにここを上がります。

2階の大広間にやってきました。
特に変わった様子はありませんが、以前あった座卓が消えています。

逆サイドです。
すぐ下を流れる渓流の水音が気になります。

ベランダの向こうに別棟が見えます。
現れたオーブが手招きしているように感じます。

内部に目を転じます。
奥に3階へ向かう階段が写っています。
では行きましょう。
ちなみにぶら下がっている電灯には以前木の格子状の枠があったはずですが・・・・

前の画像で穴の開いている壁の向こう側は物置のようです。
なぜかこの物置は今回初めて開けました。
気付いてはいたはずなのですが・・・・

中はこんな感じでした。
空になったダンボールの他にはほとんど何もありません。

破壊の跡著しい階段脇のトイレ。
このドア、確か以前は隣の男子小便所側に上の蝶番のみで辛うじて立っていたはずです。

では3階に上がることにします。

何度来ても3階はこれだけ。
狭い部屋がひとつあるだけです。
特に以前と変わった様子はありません。

同じ部屋を別角度で撮った私の画像です。
前の師匠の画像にも同じ位置にシミがありますが、こちらのは顔のように見えます。

その部分を拡大してみました。
いかがでしょうか?

続いて浴室のある4階(中3階?)へ上がります。
階段の上には洗面台があります。
最初の探索時は「妙なところに洗面台があるなぁ〜」と思ったものでした。

ご覧のようにかなりホコリが堆積しています。
脇のドアの向こうは外です。
外に出ても何も無さそうですが、洗濯物でも干していたのでしょうか?

師匠の画像に答えがありました。
猫の額ほどのスペースにあったのはボイラーでした。

浴室です。
前作では画像の角度が悪く、洗い場のない妙なお風呂のように見えましたが、実はちゃんと洗い場はありました。
最初の探索時も肉眼ではこの様子を見ているはずなのですが、私もまだ余裕がなかったのかもしれません。

脱衣場?の天井は以前よりも崩壊が進んでいます。
では下ります。

足先に下った私が階段の手前でしゃがんで階下を見ています。
私自身、あまり記憶がないのですが、何を見ていたのでしょう?

どうやら私はこれを撮っていただけのようです。
ということで2階に下ります。

2階に下りました。
私が再び広間に入っています。

2階ベランダから見た対岸の別棟です。
何か写っているようです。
ひとつは画像中央付近の窓の奥ですが・・・・
私は顔のように見えたのですが、どうやら霊気がないとのことです。
もうひとつの方を拡大してみましょう。

これは画像左側の玄関部分になりますが・・・・
女の子?でしょうか?
ではこれから別棟に向かうことにします。

1階に下りる石段の手前。
壁が激しく破壊されています。
明らかに人為的なものです。
こんなもの蹴破って何が楽しいのでしょう?
「空手でも習えば?」と思いますが・・・・

石段の途中から撮った師匠の画像。
やはり師匠は「結界を破られたこの小部屋」が気になるようです。

玄関先まで戻ってきました。
師匠の周囲、蚊のようにいっぱい集まってきているようです。

拡大してみました。
いかがでしょうか?
顔に被ってきているものを中心にいっぱい出ています。
探してみてください。
・・・・ところで、師匠の頭の後ろに出ている三日月のような白いものは何でしょう?

表に出ました。
ブレたようなオーブが2つ師匠についてきているようです。

橋の手前で鱒池亭に別れを告げます。
前作では「もう来ることはないでしょう」と書いておきながら、その後3回も来てしまいました。
しかし今度こそ、最後でしょう。

ここまでに幾度も足をすくわれるような感覚に襲われていたので、師匠もかなり慎重になっています。
釣りに行けば、危険なテトラの上をひょいひょい歩いている人とは思えません(笑)
私も気をつけて渡ることにします。

別棟に向かうため、雑草を掻き分け進みます。
ん?何か妙です。
敢えて拡大はしませんが、師匠の顔が妙です。
何かが被っているのでしょうか?

別棟が見えてきました。
たくさんのオーブが出迎えてくれています。
ところで・・・・
ちょうど師匠の頭上辺り、木にぶら下がっているチェーンは何なのでしょう?

対岸の鱒池亭本館を撮ってみました。
左の木の枝が密集している辺りを中心に無数のオーブが出ています。
さらに、白いハッキリしたオーブの下の窓付近にも何か写っています。

窓付近を拡大しました。
なにやら不機嫌そうな顔が2つ写っているのがわかるでしょうか?
私にはどうしてもそのように見えてしまいます。

別棟の玄関が近づいてきました。
??
師匠の頭に何かいるように見えます。
拡大してみます。

やはり何かいるように感じます。
あなたには何が見えるでしょうか?

玄関脇の部屋です。
ほとんど変わりがないように見えます。

引いた画像を見てもほとんど変化はないようです。
ひとつ違うところといえば、立て掛けられていた下段の扉が倒れていることくらいでしょうか。

お決まりのトイレです。
下の黒いものがゴキブリのように見えて気持ち悪いです。

続いて、すぐ脇にある浴室です。
窮屈であまりリラックスできそうにありません。
では出ましょう。

外に出て、私たちが通ってきた石橋のような通路を撮ってみました。
それに写っている本館の窓に何か出ているようです。

拡大しました。
右側の窓には老婆の生首のようなものが写っています。
さらに左側の窓には・・・・
え?武士??
あなたにはどのように見えるでしょうか?

5枚前の画像、部屋の奥の扉の向こうには木々が見えていました。
向こう側に回ってみましょう。
ん?師匠の腰の辺りに・・・・

これは犬でしょうか?
もしかしたら、ここで飼っていた犬なのかもしれません。

玄関脇の部屋を反対側から撮ってみました。
こちら側は小さな台所があったようです。

土手を上るような感じで鱒池亭の看板のある道に出られそうです。
そして上りかけた時、私たちはある異変を感じたのです。
それはかなり強い焦げくさい臭いでした。
正にこの画像を撮った瞬間といっても良いほどのタイミングで突如として、それは訪れました。
あれだけ強く臭うのであれば、もっと早期に気付いていてもよさそうなのですが・・・・
ところで、左の2本の木の上の方の根元に何か写っているようです。

いかがでしょうか?
青白い顔のように見えます。
もしかしたら、この青白い顔の霊があの臭いの主なのでしょうか?

道まで上り切って、振り返って撮った画像です。
下の白いラインのある木、ちょうどそのラインのある辺りのオーブの中に髑髏のようなものが出ています。

拡大しました。
髑髏のように見えないでしょうか?

前作は鱒池亭本館と別棟で終わりでした。
ですが、今回はもうひとつ探索する物件があります。
それは、今年の1月末にミミさんを連れて来た時に見つけた鱒池亭関連の物件です。
それまで発見できなかったのは、雑草に覆われて見えなかったか、探索を終えたことで全く意識がなかったのでしょう。
道の奥右側に私の車が見えます。
車はあそこに駐めておいて、少し先まで歩きます。

道が右へカーブしている左側がその場所です。
目印の鱒池亭の車が見えます。
その車になにかいるように見えます。

車の窓に白い顔のようなものが写っています。
そう見えるだけでしょうか?

鱒池亭の車に近づきました。
こちらから見ると、木の枝葉や雑草のため、あまりよく見えません。
これでさらに雑草が生い茂ると意識して見ていなければ、走る車の中からでは発見できないでしょう。

道路側から見ると、こんな感じ。
この画像を見ると、なぜ見えなかったのか不思議ですが、やはり雑草に覆われていたのでしょうね。

見やすい位置に移動して、横から車を撮ってみました。
手前に師匠が写っていますが・・・・

師匠の後頭部に注目してください。
醜く歪んだ顔のように見えないでしょうか?
これは気味が悪いです。
師匠は大丈夫なのでしょうか?

師匠が車内を撮っていました。
前席には開いた窓から蔓草などが忍び込み枯れています。

後席にはご覧のようにトラ柵が押し込まれています。
では、懸案の物件の探索に移ります。

これは一体何なのでしょうか?
一見すると渡り廊下のように見えますが・・・・

渡り廊下状のものの右手には小屋があります。
ところで、画像中央上のオレンジ色のオーブと中央から左の白いオーブの中間辺りに何か写っているようです。

拡大しました。
わかるでしょうか?
薄いですが、目が飛び出したような顔が写っていないでしょうか?

渡り廊下状のものの左手はこんな感じです。
一体何なのでしょうね?
では踏み込みます。

左の角です。
すぐ下には渓流が流れて・・・・ん?ひょっとして釣り場でしょうか?

下を覗き込んでみると、水量は少ないですがご覧のような感じです。
やはりここは釣り場なのでしょう。

釣り場の右手奥です。
小屋は釣り人たちの待機所なのでしょうか?
中に入ってみましょう。

入口です。
小屋の奥にブロックが積まれています。
あれは何なのでしょうか?

小屋の中にはほとんど何も残っていません。
ただひとつ、この椅子がポツンをあるのみでした。

何もないので出ることにします。

これまでの画像ではわかり難いかもしれませんが、平坦のようで結構障害物があります。
ただでさえ、終始何者かに足をすくわれ続けている現状で、これらの障害物を越えるのは意外に大変です。
何度もよろめき転びそうになりました。
ところで私の右腕の右側ですが、何か白っぽいものが写っています。
明るさを調整して拡大してみると・・・・

このように薄っすらと、上半身のみの白い人形が浮かび上がりました。
これは一体何なのでしょう?

その直後、遅れて脱出する師匠です。
この画像を見ると、足場の悪さがよくわかると思います。
師匠も私同様に何度もよろめいていました。

鱒池亭の入口が近づいてきました。
まさか私の車に何かが乗っているなんてことはないでしょうね?

なぜか師匠が車を撮っていました。
さては、何かを感じたのでしょうか?
嫌な予感がします。

げっ!・・・トランクに顔が写ってます。
車内に乗っていないことを願います。
まぁ、あまり気にしませんが・・・・


☆編集後記☆

「料理屋廃墟・鱒池亭編2」・・・・いかがだったでしょうか?
同じスポットへ複数回足を運ぶことは、うさぎっ子としては非常に珍しいことです。 

それだけ最初の探索で受けた印象が強烈だったこと。
そして、その後の意外な変貌に興味を持った私たちは今回の探索を決めたわけです。 
鱒池亭最終章とも言うべき、4回目の訪問。
その結果は・・・・
結論から言えば、やはり最初の探索時のような強烈な印象には程遠いものでした。
もちろん軽くなったとはいえ、探索中終始感じていた「何者かに足元をすくわれるような感覚」、「軽い頭痛」など、全く何もなかったわけではありません。
最初を除けば、今回が一番濃かったのは間違いないでしょう。
思うに、私たちが今回訪問する前、比較的最近に場を騒がせた者がいたのではないでしょうか?
しかしそれでも、三重県最恐と呼ぶには・・・・??
これは本文中でも述べている通り、あの小部屋の結界を破った人間がいること。
そして、それによりあの小部屋に押し込められていた強烈な怨念を持つ霊たちが解き放たれてしまったことが原因だと私は思っています。
私は霊能者ではないので、本当のところはわかりませんが、そう考えるのが一番理に適った解釈ではないかと思うのです。
あの凄かった鱒池亭は・・・・そして、今となっては懐かしい、あの主たちはどこに行ってしまったのでしょうか?

副管理人:kuni

鱒池亭・・・・・この名前を口にしただけでも気分が悪くなるくらい、当初私にとっては、かなり相性の悪かった物件なのですが、何故か今回の探索を含め4回も訪れてしまいました。
初めて鱒池亭を訪れた時には、何ともいえない禍々しさに圧倒されてしまい逃げ腰で探索を行っていたので、いろいろと見逃していた所も数々存在していました。
その例として「建物の基礎と石碑」は、それ程困難な位置に存在しているわけでは無いのですが、訪れること4回目にして初めて発見したものの一つです。
他にも、謎の小屋や車など、訪れる度に新たなる発見がある鱒池亭なのですが、それとは逆に存在していたものが消失しまっているという不思議な現象も起きていました。
それは乱雑に放置されていたソファー等の物体が、ゴミ収集車にでも回収されたかのように綺麗さっぱりと無くなってしまっていた事です。
物が無くなる事はそれ程不思議な事では無いのですが、それは使用する事が可能な状態の物であり、廃墟に置かれたゴミにも等しい物を持ち帰って使用する事は常識では考えられません。
しかも、壊れた橋を大きな荷物を持って渡るリスクを冒してまで、持ち出す事はあり得ないと思うのですが?
でも、物が消失していたのは確かな事実なのです。
物質的な変化も然る事乍ら、霊的にもいろいろと変化していました。
その変化とは、初めて鱒池亭を探索した時には、吐き気がする程の霊気が漂っていたのですが、再度訪れる度に霊気が弱くなっているように感じる事です。
その理由が何故なのかは私には分かりませんが、当初感じた霊気は、4回目に訪れた時にはある場所を除き、残像のように微かに残されているだけでした。
私的に相性の悪かった霊気は薄れたのですが、それとは別に嘗ては感じなかった新たなる霊気が4回目の探索では増えていました。
霊的にはそれ程たいした事はなかったのですが、あまり良い霊気ではありませんでした。
私に絶えず“ちょっかい”を出していたのも、新しく増えた霊なのかもしれません。
それからもう一つ、私的に相性の悪かった霊気が薄れた事により分かった事があります。
それは、鱒池亭と呼ばれる物件が建てられる以前、かなり古い時代からこの場所には問題があり、この場所に建物を建てる事は避けなければならない場所だと感じた事です。
これから先鱒池亭がどのように変化するかは分かりませんが、何らかの切っ掛けが無い限り、霊的にこの場所が安定する事は無いような気がします。

永遠に・・・

管理人:ピフィア

00:00||--pookmarktop