CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
RECOMMEND

うさぎっ子恐怖館スマホ閲覧verです
しばらくの間、スマホからの閲覧はこちらでどうぞ。

<< 海腐船場編 | main | 料理屋廃墟・鱒池亭編2 >>
鸚鵡石編

鸚鵡石編

執筆者:kuni

恐怖度:

 

「海腐船場編」探索から一週間経た2月18日、この日も私は師匠とミーティングをしていました。
いつものように変わり映えしない安っぽい食事をした後、私たちは退屈してきました。
「探索でも行くか〜ん?」と師匠。
それならということで、近場で行けるところを物色したところ、2つのスポットが浮上しました。
そのうちのひとつが今回のレポ「鸚鵡石編」というわけです。
先週に引き続いてのプチ探索。
急に決まったのに、なぜか2人とも探索七つ道具を持っています・・・・完璧に(笑)
某ファミレスを出発した私たちは早速「鸚鵡石」へと向かいます。
師匠がすでに位置を把握していたため、迷うことなく鸚鵡石への案内板を発見。
もうすぐそこのようです。
一見軽そうなイメージで捉えてしまいそうなスポットですが、前作「海腐船場編」の例があります。
侮ることなく、気を引き締めて探索に向かうことにします。

探索日:2006年2月18日
探索メンバー:管理人ピフィア(以下、師匠)と私kuniの2名
 

現場に近付いてきたようです。
師匠によると、このガードレールのある橋を右折するようです。
なるほど、案内板も出ています。

「鸚鵡石まで→230m」

 もうすぐそこのようです。

 では右折します。

右折したと思ったら、すぐ行き止まりになっていました。
車はここに置き、あとは約200m歩くことになります。
ところで・・・・少し気になる部分があります。

気になった部分を拡大しました。
鸚鵡石へと続く道、車止めの右側にある斜めに生えている木の部分です。
黒いもやもやの中に顔が出ていないでしょうか?

車止めの左側にはこのように「伝説 鸚鵡石入口」とあります。
ここではどんな伝説が語り継がれているのでしょうか?
では行ってみましょう。

真っ直ぐに伸びた道。
実際のイメージはこの画像で見るより遥かに暗く、雰囲気があります。
一人ではあまり来たくありません。

道が左にカーブしています。
カーブ付近にオーブが現れていますが、それよりも何となくこの辺りの気配が濃いような気がします。

濃く感じる付近を拡大してみました。
一瞬特に何も写っていないと思いましたが・・・・
上の方にあるオーブの下に不気味な顔が写っているのがわかるでしょうか?

先ほどのカーブ付近で、右手を撮ったものだと思います。
やはりカーブ付近で、何か感に触れるものがあったのでしょうか?
特に何も写ってはいないようですが、何となく気になる部分があります。

気になる部分を拡大しました。
何となくですが、不気味に笑っている顔が写っているように見えるのですが、霊的なものではないかもしれません。

カーブを曲がって、先に進む師匠。
その左肩上にオーブ、そしてその下に何かが写っているような気がします。

その部分を拡大しました。
まずオーブですが、私にはその中に2つの顔が見えるような気がします。
また、そのすぐ下にも顔が写っているようです。
いかがでしょうか?

さらに先に進みます。
この辺りでは、どうやら私が前に出ていたようです。
道の先にはオーブ状のものが出ているように見えます。
しかしそれではなく、私は左側奥の木付近が気になります。
この画像で言えば、中央の上から3分の1辺りになります。

気になる部分を拡大しました。
いかがでしょうか?
私には顔のように見えるのですが・・・・

前の画像で、顔のように見えるものが写っていた木に近づきました。
中央左付近にある石の奥に柵のようなものが見えます。

柵に向こうには池がありました。
この池は先ほどの顔と何か関係があるのでしょうか?

池の中で光っているものがいくつかありますが、この前の画像にも2つの光点が見られます。
光に反射する何かが池の中にあったのでしょう。

特にこの池には何もないようです。
では先に進むことにします。

道の奥に大きな石が鎮座しています。
落石ではないと思いますが・・・・

大きな石の先に進みました。
右にカーブしているようです。

階段が出現しました。
しかし200mというわりに意外に遠いような気がします。
気のせいでしょうか?

半分くらい上ったでしょうか?
上の方は右にカーブしているようです。
ところで・・・・あの白いのは何でしょう?

拡大しました。
蜘蛛の巣?
それにしては、この距離があるにも関わらずハッキリ写り過ぎている気がしますが・・・・

平坦になりました。
そして左を見ると・・・・

ありました。
どうやらこの岩が「鸚鵡石」と呼ばれるもののようです。
かなり大きなものです。
この位置から撮っても全体をカバーしきれません。
鸚鵡石の側に屋根つきの立て札があります。

少し手前から私が撮った画像です。
この画像中央上部にオーブが現れていますが・・・・

師匠が下に降りて、鸚鵡石を撮影しています。
この画像の右端、上から4分の1付近に前の画像のものと思われるオーブが写っています。
接近してきた師匠を警戒して、偵察しに来たのでしょうか?

続いて立て札を撮影する師匠。
鸚鵡石に関する由来でも書かれているのでしょう。

こう書かれています。


鸚鵡石

この岩はおうむが人まねをするように音を反響するため、昔から「おうむ石」と呼ばれています。

伝説によると、昔この地方の郡司であった渥美太夫重国の娘玉栄が、いいなずけの心変わりを恨んで、母のかたみの唐竹の横笛を抱いて、岩上から身を投げ亡くなりました。

以来、この恨みからか笛の音だけは反響しないということです。

また、岩上には江戸末期の文久三年(1863年)に越後の国の義導和尚の詠んだ『少康禅師の住事を思ひて我真似に念仏申せよ鸚鵡石』の句や漢詩が碑に刻まれ、建てられています。

 

なるほど、この岩の上には碑があるようです。

行ってみましょう。

まだいました。
鸚鵡石の上に登れそうなルート上に先ほどものと似ているオーブがいます。
やはり警戒されているのでしょうか?

師匠が登り始めています。
一応登れそうではありますが、あまり足場は良くありません。
本来のルートではないのでしょう。
山の斜面を登るのと何ら変わりません。

足場の良いところを選んで登る師匠。
その前方には・・・・これも偵察オーブなのでしょうか?
まぁ、これは私の感じ方なのでアテにはなりませんが・・・・

ここを潜り抜けなくては行けないようです。
しかしその奥には・・・・またかい(笑)
ひょっとすると偵察というよりも案内してくれている感じがしてきました。

その部分を拡大しました。
私にはよくわかりませんが、大きい方がここまで案内してくれたオーブでしょうか?
しかし私が気になるのは、右上の綺麗な薄緑色の小さなオーブです。
特に嫌な感じがするとかいうことではありませんが・・・・

藪を潜り抜けるとお墓のようなものがありました。
これが立て札に書いてあった碑でしょうか?
それよりもあれは・・・・

先ほどの薄緑色のオーブと同じものなのでしょうか?
だとすると、あそこでバトンタッチしたのでしょうか?
このオーブの周囲はオーラのように何色かの色で囲まれているようです。
私でも他のものよりも霊気が強そうに感じます。

ちなみに碑にはこのように刻まれています。
しかし何を書いているのかよくわかりません。
私は現国は得意でしたが、古典・漢文等はサッパリなので(笑)
まぁ、おそらく下の立て札にも書かれていた碑なのでしょう。

鸚鵡石の上から下界を撮ってみました。
私たちがここに来たために一時的に退避したのか多くのオーブが乱舞しています。
では下りることにしましょう。

こういうところから下りる場合、上りよりも遥かに下る時の方が怖いです。
慎重に下りなければなりません。

おそらく気配を感じたのでしょう。
師匠が下りてすぐに撮った一枚です。
かなりハッキリしたオーブが写りました。
白い方を拡大してみましょう。

2つ以上のオーブが重なったものなのか?
或いは、ひとつのオーブが素早く動いたため、このように写ったのか?
私は後者のように思えるのですが、これは鑑定人が解説してくれるでしょう。

鸚鵡石を見上げた師匠の画像。
ここは、どうも存在を主張したがる方が多いようです。

鸚鵡石を調べる師匠。
写っている部分の倍の高さはあると思います。

帰る前にもう一度見上げます。
やはり当初考えていたよりも鸚鵡石はかなり大きなものでした。

では去ることにします。
ん?あれは・・・・?

気になる部分を拡大しました。
これ・・・・何でしょうか?
いや、それよりも別のものが目に入ってしまいました。
目の鋭い狐のような顔が写っています。
この光る線のようなものと関係はあるのでしょうか?

先ほど上って来た階段を下ります。
その先にはまたオーブが乱舞しています。

道の真ん中に鎮座した石のところまで戻ってきました。
画像は明るいですが、実際はかなりの闇です。

道の奥に微かに車のヘッドライトが反射しています。
しかしこの暗さは一人だとかなり嫌だと思います。

車まで戻ってきました。
そして車の上には・・・・オーブです。
私たちが帰るのを見届けるためについて来たのでしょうか?


☆編集後記☆

「鸚鵡石編」・・・・いかがだったでしょうか?
やたらとオーブ、オーブと連呼してしまいましたが(笑)
というのも、他にはいつものような刺激的なものはあまり写っていなかったので、正直言って書き難いレポートでした。
ただ、闇の濃さはなかなかのものでしたね。
師匠とも話しましたが、「一人では来たくないなぁ〜」と思いました。
霊的な怖さはほとんど感じることはなかったですが、それなりに雰囲気を楽しめる探索になったと思います。

副管理人:kuni

今回紹介しました鸚鵡石(おうむせき)ですが、渥美半島七不思議の1つです。
七不思議と云うからには、科学では説明できないような不思議がなければなりません。
この鸚鵡石では、オウムが物真似をするように、音を反響するとされています。
しかし、これだけでは不思議でも何でもありません。
「鸚鵡石では、何故か笛の音だけが反響しない」このことが不思議とされています。
では、本当に笛の音は反響しないのでしょうか?
実はその実験を私は実際に行ったことがあります。
その結果ですが、本当に笛の音は反響しませんでした!!
「本当に不思議なこともあるものだ!」と感心しましたが、その後がいけません・・
今度は試しに大声を出してみましたが、何故か声も反響しませんでした(-_-;)・・
もう、オウム効果は失われてしまったのでしょうか?
余談が長くなってしまいましたが、今回探索した鸚鵡石は、記事中にも紹介されていますが「渥美太夫重国の娘玉栄(たまえ)が岩上から身を投げ亡くなった場所とされてます。
伝説では「いいなずけの心変わり」が玉栄(たまえ)の自殺理由とされていますが、本当にそうなのでしょうか?
私が探索した時には岩の周りに大きな蛇が巻きついていました。
もちろん生きた蛇ではありません。
その蛇は妙にネットリした邪悪な気配を出し、常に私達の行動を監視しているように感じました。
探索した写真の中にも私達を監視する蛇の目が写っています。
特に探索している私達に害をなすような気配は感じませんでしたが、あまり気持ちよいものではありません。
玉栄(たまえ)が亡くなったとされている岩に巻きついたまま、私達の行動を監視していた事を想像するとゾッとします・・・
この事から想像すると、玉栄(たまえ)は蛇に魅入られ、何らかの原因によりその蛇に取り殺されてしまったのかもしれません。

管理人:ピフィア

00:00||--pookmarktop