CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
RECOMMEND

うさぎっ子恐怖館スマホ閲覧verです
しばらくの間、スマホからの閲覧はこちらでどうぞ。

<< 三重恐怖トンネルツアー完結(女鬼トンネル)編 | main | 三重GWツアー・呪いの藁人形探索後編 >>
三重GWスペシャルツアー・白○山荘編

三重GWスペシャルツアー・白○山荘編

執筆者:kuni

恐怖度:

 

三重恐怖トンネルツアーで旧惣谷トンネルへの入口を探していた時、夕暮れの中一軒の廃墟が目に留まった。
管理人ピフィア師匠も私も非常に興味をそそられたが、予定があるため断念せざるを得なかった。
次回の探索を誓った我々は、今回三重GWスペシャルツアーの最初の目標をここに定めた。

 

探索日時:2003年4月30日 
探索メンバー:管理人ピフィア師匠(以下師匠とする)、私kuniの2名

●白○山荘外観(裏口)
予想外に早く現地に到着してしまった我々は、日のあるうちに外観を撮影することにした。
これは山荘の裏口部分です。
目立たないように、侵入時は裏口から入ることに決める。

●白○山荘別棟の浴室
上の裏口の写真はこの浴室脇の駐車場から撮影したものです。
この別棟の方が、師匠は嫌な印象を受けたようでした。

●白○山荘の車
煤?にまみれ放置された山荘所有の車です。

●放置車両
別棟脇の小道を奥に進んでみるとシティーRが放置してあった。
このあと、闇が訪れるまで青山高原方面を走ってみた。
濃い霧の中、いつかまた探索することになりそうな廃墟をいくつか発見する。

●再び、夜の白○山荘
ようやく日が暮れ、探索タイムがやってきました。
やはり夜の廃墟というのは、噂のあるなしに関わらず、不気味な雰囲気を漂わせています。
この前の県道は意外に交通量があり、しかも前面が開けているため、遠いとはいえ民家から丸見え状態です。
ライトとカメラのフラッシュに気を使いつつ、手早く 探索することにします。

●白○山荘裏口
人目を避け、侵入しやすい裏口に来ました。

●厨房 侵入しました。
文字通り、勝手口から入るとそこは厨房でした。
奥のレンジのようなものの脇になにかあります。
近づいてみましょう。

●厨房
小さな神棚でした。
しかし妙なところに神棚を置くもんですねぇ〜

●厨房
調理台の上には薄くホコリが被ってます。
おや?上から垂れ下がっているのは何でしょう?
懐かしいですねぇ〜ハエ取り紙のようです。

●厨房
カレンダーを見落としていました。
何年の何月4日だったんでしょうか?
時計は11時59分くらいで止まっています。
お、ここにもハエ取り紙があります。

●一階客室前廊下
いろいろな物が雑然と置かれ歩き難いです。
左の壁に幼い字で五十音が書かれています。
幼稚園児あるいはピカピカの一年生がここで勉強していたのでしょうか?
左の襖の向うは客室のようです。
入ってみましょう。

●一階客室A
部屋の中にあったものが隅に寄せ置かれ、何か寂しいものを感じます。

●一階客室B
この部屋も同じような感じです。

●一階食堂
正面にあるのは喫茶カウンターでしょうか?
右の端に給湯器のようなものが見えます。

●一階食堂
食堂の逆サイドです。
奥に見える部屋は客室Bですね。
左端に写っているカウンターの向こう側は先ほどの厨房という位置関係です。

●一階食堂
先ほどの喫茶カウンターのようなものです。
お銚子が一番目立っています。
大半はお酒かビールを販売していたようです。
ではそろそろ二階に行ってみましょう。

●二階入口
外階段を上がり二階の入り口に来ました。
ここはどういうわけか建物内の階段がありません。
見つからなかっただけでしょうか?
どうも不思議です。

●二階廊下
先ほどのドアから入ると廊下がありました。
写真左に部屋があるようです。
見てみましょう。

●物置部屋?
部屋だと思ったら、どうやら物置部屋のようです。
布団やクリーニング済の服やその他雑多なものが置かれています。

●二階客室A入口
さて、次は二階客室の探索です。

●二階客室A
なんと布団部屋かと思うほど布団が積み上げられています。
天井が低いので、なんか圧迫感があります。

●二階客室B
今度は座布団の山です。

●二階客室C
こちらはいろいろの小物が置いてあります。
各部屋とも雑然としていますが、一応部屋ごとにジャンル分けされて、これでも整頓されているようです。

●外階段から階下を見る
階段から一階の裏口を写してみました。
さて、次は別棟にある薬草風呂を探索しましょう。

●別棟の薬草風呂
到着した時に師匠が嫌な感じを受けた別棟です。
あまり感じることのできない私もそんな師匠の言葉から緊張が高まります。

●別棟薬草風呂(男湯)
前の写真の右側の扉を開き、男湯に入りました。
入ると正面に鏡があり、嫌な感じです。
何も写らなければいいのですが・・・・

●注意書き
入浴時間についての注意書きがあります。
病院の薬の受け渡しをする小窓のようなものがありますが、どうやら女湯に直結しているようです。

●男湯更衣棚
洗面器などは整理して置かれています。
上段右にある黒いポリ袋が気になりますが、見るのはやめておきましょう。

●男湯浴室内
これが薬草風呂です。
温泉旅館ではないので、まぁこんなもんでしょう。

●男湯浴室内
浴槽の全体像ですが、3人先客が浸かっていたら入ろうとは思わないですね。

●男湯浴室内
浴槽脇に扉があります。
なんかサウナのような気がしますが・・・・

●男湯浴室内
やはりサウナのようです。
在りし日には、ここで汗を流しながら談笑する湯治客の姿があったのでしょう。
では、次に女湯を調査しましょう。

●女湯脱衣場
スグ隣の女湯に来ました。
男湯には見当たらなかった効能書きがあります。
しかし、効果の表示はありますが、どんな薬草が調合されていたのかはサッパリわかりません。

●女湯更衣棚
ピンクのカーテンのようなものがあります。
微かに下から二段目に赤いものが見えますが・・・

●女湯更衣棚
赤いパンツ?タオル?
実はこの赤いものの存在は帰ってから気付いたということで、よくわかりません。

●女湯浴室内
殺風景な男湯に比べ、女湯にはこんな壁画がありました。
銭湯などでは富士山の絵が一般的ですが、これはどこの山なんでしょうねぇ〜?

●女湯浴室内
浴槽です。
男湯よりも少し小さいでしょうか。
壁画があるだけで、他は大差ありません。
しかし今気付いたんですが・・・・
男湯でも洗面器がひとつだけ浴槽の縁に伏せて置いてありましたね。 
何か意味があるんでしょうか?

●女湯浴室内
師匠が何かの気配を感じたところです。
確かに何やらオーブのようなものが写っています。
ちなみに私の同様の画像には何も写っていませんでした。

●浴室脇の貯水槽
女湯を出て、何気なく別棟脇に目をやると、このような貯水槽がありました。
オーブのようなものがポツポツ写ってますが・・・・ 
では最後に侵入前には撮れなかった白○山荘本館の写真を撮りましょう。

●白○山荘外観
山荘の規模に似合わず、前庭(駐車場)はかなりの広さです。
二階から屋根にかけて焼け焦げたような跡があります。

●白○山荘外観
近付いてアップで撮ってみました。
やはり焼けた跡のようです。
火事でもあったのでしょうか?

●白○山荘外観
侵入口となった裏口へ向かう側面です。
こちらは焼け焦げた跡もなく、キレイな状態です。
これで白○山荘の探索を終え、私たちは次の目的地に向かうことにします。


☆編集後記☆

三重恐怖トンネルツアーの時、偶然にも発見した白○山荘廃墟。
霊的に非常に土地が悪いと言われる青山高原一帯に立つ廃山荘であったため、入るまでは結構緊張感がありました。
しかし、入ってみれば霊的にはそれほどのものではなかったように私は感じました。
他の誰かが探索に入った形跡もほとんどなく、廃墟にお決まりの落書きなどもなく、綺麗な廃墟でした。
終わってみれば、「これは単なる廃墟だったのかなぁ〜?」というのが、私の感想です。
次回の私のレポートはこの後に行った三重GWスペシャルツアー後編をお届けする予定です。

副管理人:kuni

三重県久居市白山町の山麓に、ひっそりと佇む白○山荘廃墟。
一見長閑そうに見える田園風景、しかしその風景とは裏腹に、何となくよそ者に対する人々の視線は痛く、そんな視線を感じながらも私達は獲物を狙う獣のように、じっと夜の訪れを待ち続け機会を伺っています。
やがて西の空が朱色に染まる頃、私達を伺うかのように草取りに励んでいた女性も、訝しげな表情を浮かべながら家屋の奥へと姿を晦まし、いよいよ絶好のチャンス到来です。
白○山荘に掲げられた看板には、鯉料理と薬草風呂が強調して有る事から、どうやら湯治の為の山荘のようです。
薬草風呂は本館とは少し離れた場所に有るようなので、まずは本館の方から探索する事にします。
田舎町の田園地帯に建てられた山荘なので侵入は楽々と思ったのですが、意外に車の通りが多いので裏口から侵入する事にしました。
本館の探索を一通り終えた私達は次に薬草風呂を探索する事にしました。
薬草風呂は本館より嫌な感じがします。
気配を感じた場所を写真に写すと、オーブらしきものが写っていましたがホコリが写ってしまったのでしょうか?
この山荘は、嘗てトンネル内で大事故を起してしまった場所からさほど遠い場所ではなく、位置から推測すると旧路線が近くを通っていたのではないかと思われます。
もしかしたらそこからの浮かばれない霊達が彷徨い集まる場所なのかもしれません。
私達の探索時間がもう少し長ければ、もしかしたらそんな霊達の集まりに遭遇していたかもしれないと考えると、背中に冷たいものが走りました。

管理人:ピフィア

00:00||--pookmarktop