CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
RECOMMEND

うさぎっ子恐怖館スマホ閲覧verです
しばらくの間、スマホからの閲覧はこちらでどうぞ。

<< 恐怖の観光ホテル編 | main | 絶景のプチホテル編 >>
三島市廃病院編

三島市廃病院編

執筆者:ピフィア

恐怖度:

 

 

伊豆への玄関口三島市、そこに病院廃墟が有るという情報を仕入れた私は早速取材を決定、うさぎっ子メンバーに召集をかけたのですが、病院廃墟と言った瞬間、メンバー全員が凍りつきキャンセル( ̄x ̄;)!!
 今回もまた私の単独取材となってしまいました・・
「三島市の100万ボルト近くの廃病院」、それだけの情報のみで探しに行った私は、目的の物件を見つけるのに手間取り、発見した時には既に午前3時をまわっていました。
真夜中の病院廃墟、近くの民家からは不審者を威嚇するような犬の遠吠えがこだまし私のヤル気を損なわさせます・・・
「やっぱ、私では病院廃虚への単独浸入は無理そう。。」
「帰ろっかな・・・」

などと考えながらも病院の正面玄関に向うと『侵入大歓迎』と言わんばかりに玄関の扉は開いています。
ここまでされたら入らないわけにはいけません!!
血が騒ぎ出した私は、これまでのビビリを捨て浸入する事を決意しました。

中に入ると病院独特の薬臭が漂っているのを除けば、他の廃虚と大差ない感じです。
病院内は、廃虚になってから日も浅いらしく内部の傷みも少ないので探索時の危険性も少なそうです。
但し病院内の薬品や器具には注意しないと思わぬ事故になる危険性もあるので慎重に行動する事にしました。

病院の正面玄関から右側に向って直ぐの所に受付が有りますが、こちらは薬の受け取り専用でしょうか?
ガラスに浮かぶ手のひらの跡が不気味です。

正面玄関から入った所には粗大ゴミが山のように積み上げてあります。
ゴミの中には自転車なども含まれている事から、不法投棄でしょうか?

受付の窓は硬く閉ざされていますが、内部のドアは開かれているので回り込めば簡単に入る事が出来ます。
受付の内部はかなり荒らされていますが、整頓がなされていないのか、外部からの侵入者によって荒らされたのかは判断に苦しみます。

院内の片隅には所々にダンボール箱が山済みにされたまま放置されています。
その中にぽつりと車椅子が放置してあり、それが不気味さを誘います。

診察室ですが、何かの薬剤を撒かれたらしく、床は黒く変色し薬臭がすごいです。

診察室の床には薬剤がかなりの量撒かれたらしく、砂が撒かれていますが、踏んでも大丈夫でしょうか?
他にもかなりの量の薬剤が残されており危険そうなので早々に部屋から出る事にしました。

薬品の保管庫はことごとく荒らされており、中の薬品が撒かれています。
他にコットンを固めたような物が散乱していますが、何に使用されていたのかはわかりません。

ここは相談室でしょうか?
6畳ほどの小さな部屋の中には書類棚と空き缶があるだけです。
それより向いに見える「使用中」と書かれた、病院ではお馴染みの赤白のプレートが気になって仕方ないので、その部屋を調べる事にします。

手術室かと期待して部屋の中に入ると、そこはレントゲン室でした。
部屋の中にはレントゲン撮影に使用していたと思われる機器がそのままの状態で残っています。
放射線漏れとかは大丈夫なのでしょうか?

レントゲン室を出て、今度は更に1階の奥の方に向う事にしました。
この病院は通路にも様様な物が放置されていていますが、それが暗闇と絶妙にマッチしていて不気味です。
その時、背後から異様な音がしました。

「ギィギィギィギィーーー」
「何だろう?」そう思った刹那「ガシャン!!」
異様に響き渡る音に私は死ぬほど驚き、思わず「ウワーッ」と叫んでしまいました。
何か重い鉄の扉が閉まった音と思いますが、風も無いのになぜ?
何か異様です!めちゃめちゃ怖いです。

先ほどの音の正体もわからぬまま先に進むと派手なワインレッドのトイレがありました。
タイルと洗面台の色はピンクで病院とは思えない派手な配色です。
何となく、この病院のオーナーの趣味が伺えます。

ここは看護婦さんやドクターの休憩室でしょうか、先ほどのトイレとは違い和室な作りで家具も地味です。

患者さんの温浴治療室のようですが、なぜかこの部屋は霊気が漂っています。
暗闇から浴槽を見ていると、浴槽の中から人の顔が浮かび、私を睨んでいるような錯覚に陥り、とても不気味です。
写真には霊の姿らしき者は写っていませんが、今見てもすごく嫌な感じがします。

何となく気が進みませんが2階に行ってみる事にしました。
2階に上る階段も何となく嫌な感じが漂っています、この病院に入った時と比べると、何となく空気が重くなってきているように感じます。

階段の途中に何故かエアロバイクが放置してあります!
誰が運んだのかわかりませんがご苦労なことです(笑)

2階は病室になっているのですが室内にはベットは残されていません。
廊下の乱雑した様子と違い室内に何も残されていないのが反って不自然な感じです。

2階は同じような病室が有るだけなので次は3階の探索です。

3階部分も病室のようですが、ここにも何も残されていません。
思ったのですが、2階部分の病室より3階部分の病室の方が何故か落ち着きます。
別に大差無いと思うのですが何故でしょうか?不思議です。

再び1階に戻った私は先ほどの音の正体を確かめる事にしました。
音は受付より奥から聞こえたので調べてみましたが、どのドアも私が侵入した時と変わりないように見えます。
ではあの音は何処からしたのでしょうか?
背筋に「ゾクッ」と冷たいものが走ります。
これ以上は一人での探索は限界です・・・

病院から出ようと浸入した正面玄関に向いましたが、玄関口で、ゆらゆらと揺らめくように、何体もの人影が見えます!
「散歩の人かな?」
と思いましたが時間はまだ午前4時少し廻ったところなので散歩にしては変です。
私は咄嗟に「あれは危険な者だ」と思い、非常口から外に出る事にしました。
非常口から外に出た私は正面玄関にすぐ向いましたが、既にゆらゆらと揺らめく影は無くなっていました。
「目の錯覚?」あれは恐怖に駆られた私の目の錯覚だったのでしょうか?

何となく不に落ちないまま、正面玄関を後にすると病院脇に廃車と化したバスが放置してあります。
どうやらお馴染みの健康診断用のバスのようです。

バスはボロボロに朽ち果てフロントガラスも割られています。
割れたフロントガラスからバスの内部を伺うと、レントゲン車のようです。
奥の方にレントゲン室があるようですが、危険そうなので内部の探索はやめる事にします。

外を探索していると空が少しずつ白み始めて来ました。
そろそろ夜明けの時間が近づいてきたようです。
明るくなりつつある景色の中、私は驚愕しました、私の目の前には信じられない光景が広がっていました。
「まさか!!」
信じられない気分です!
でも、確かにそれは存在しています。
私が先ほど入った廃病院のすぐ隣の病院も廃虚と化していたのです。

-----つづく-----

00:00||--pookmarktop