CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
RECOMMEND

うさぎっ子恐怖館スマホ閲覧verです
しばらくの間、スマホからの閲覧はこちらでどうぞ。

<< カラスの館編 | main | 稲取廃隔離病棟編 >>
旧天城トンネル編

旧天城トンネル編

執筆者:ピフィア

恐怖度:

 

不気味な雰囲気を醸し出しているトンネルの入り口なのですが、川端康成の「伊豆の踊り子」や松本清張の「天城越え」などでその名が広く知られている「旧天城トンネル」の修善寺側入り口です。
旧天城トンネルは明治37年竣工した延長446m、幅員4.2mの総切石積トンネルで、昼間は多くの人で賑わう観光スポットです。
昼間は観光スポットとして有名な旧天城トンネルですが、夜間は雑誌等にも紹介されるほど有名な心霊スポットでもあります。
旧天城トンネルの心霊的な噂としては「トンネル工事の事故で多くの作業者が死亡したが、その亡骸を供養する事無くトンネルの壁に埋め込んだ為、浮かばれない霊の顔がトンネルの壁に現れる」「天城越えの際、この場所は難所で多くの人が亡くなったため、その魂が今も彷徨っている」「付近に自殺の名所があり、そこから自殺者の霊がトンネルに集まってくる」といった噂が囁かれているようです。
「旧天城トンネル」、このトンネルが観光スポットなのか、心霊スポットなのか、その真実は実際に探索して調べる事にします。

探索日:2003年12月13日
探索メンバー:管理人ピフィア、副管理人kuni、屋敷サカヱさんの3名

 

帝国産金大仁金山の探索を終えた私達は、次なる目的地の「旧天城トンネル」に迷う事もなく、難なく到着する事が出来ました。
今回は、大仁町から旧天城トンネルに向ったため、修善寺側の入り口からトンネルに進入します。
写真には写っていませんが、トンネル入り口向って右側にちょっとした休憩所が設置してあります。
そのため、このトンネルが観光地で有る事を色濃く感じさせられ、何だか興醒めさせられます。
問題の旧天城トンネルですが、旧伊勢神トンネルと同じく総切石積トンネルなので、見た目はかなり不気味に映ります。
それでも、トンネル内部がライトによって明るくなっているため、旧伊勢神トンネルより軽く感じられます。
しかし、侮っていてはいけません。
侮っている私達を拒むかのように、大きな眼が睨んでいますから・・・

トンネル入り口上部に写っている眼の拡大写真です。
かなりリアルに写っているので不気味です。
染みが偶然眼のように見えているだけなのでしょうか?

いよいよトンネルに進入するのですが、やはりトンネル内のライトが明るくて邪魔です。
このトンネルはスイッチによるライトのオン、オフが可能なようです。
まずはライトスイッチを探す事にします。
トンネルの入り口付近を探したのですが結局ライトスイッチを見つける事は出来ませんでした。
仕方ないので、ライトのオフは諦めて探索する事にします。
やはりライトが点いているとかなり軽く感じます・・・
写真にはトンネルの入り口から少し入った右上の方に何か写っているようなので拡大してみます。

写真を拡大すると、面長で髭の長い老人が写っているように見えます。
峠越えで亡くなった方なのでしょうか?

トンネル内に進入しました。
トンネル内は、風が外より強い為かトンネル内の方が外より寒く感じます。
風の影響なのでしょうが、時折笛のような音が聞え嫌な感じです。
それでも、トンネル内にはライトが点いているので恐怖とかは感じませんが、トンネル内に何かが潜んでいる様な気配は感じます。

トンネルを3分の1くらい進んだ位置でしょうか?
入った時より更に寒くなってきたような気がします。
先程まで微かに感じていた程度の気配なのですが、先に進むにつれ、少しずつ気配が増してきているような気もします。

トンネルの壁に設置された配線ボックスです。
一瞬ライトスイッチかと思いましたが、トンネルの中に設置しても意味ないので違いますね。

トンネルに使用されている石壁の様子が、入り口付近とは違ってきました。
こちらの壁の方が私達の入った修善寺側入り口付近より古さを感じます。
多分修善寺側の方は補修されたのでしょう。
壁の感じが変わった途端、雰囲気も一気に変わってきました。
直ぐ先に何かが居るような気もします。

地面から陽炎のように「ユラユラ」と何体も見えています。
地面から這い出そうとしている者や、上半身だけしかなく少し浮いたように見える者、更にトンネル奥の右下の壁からはキノコが生えるように突き出している者もいます。
旧天城トンネルの噂で「トンネル工事の事故で多くの作業者が死亡したが、その亡骸を供養する事無くトンネルの壁に埋め込んだ」という噂が頭を過り一瞬寒気が背筋に走りました。

そろそろトンネルも3分の2くらいの位置でしょうか?
一瞬強く感じた気配も散ってしまった感じで、それ程今は強く感じないので、更に先に進みます。

急に壁の染みが増えてきました。
染みはトンネルに使用している石の継目から滲(にじ)み出した湧き水か雨水だと思うのですが、どの染みもよく見ると人形のように見えるので取り囲まれているような錯覚を起こします。
更に人形のアーチの奥の方に透き通った球体状のものが見えていますが、オーブなのでしょうか?

写真を拡大すると、左側一番手前のライト下にオーブが写っていますが、よく見ると顔のようにも見えます。
問題の球体はトンネル中央部にかなり大きく写っていますがオーブとは少し違うような気がします。
何なのでしょう・・・

壁の染みですが、近くで見ると緑色やピンク色をした部分が混じっています。
なぜ石に色が混じっているのかの理由は分かりませんが、色の混じっている辺りは他の部分とは違う雰囲気でした。

染みは少なくなってきましたが、染みの色が黒っぽくなってきました。
まるで固まりかけた血の色のようです。
トンネル奥右下に光の点が写ってます。
トンネルのライトが水溜りに反射しているのでしょうか?
それにしては明る過ぎるような気がしますが・・・

先程の写真と同じように、光の点が写っています。
光の点が写っている部分には水溜りは存在していない事から、どうやらトンネルのライトが反射したのでは無さそうです。
一体この染みは何なのでしょう?
拡大してみます。

光の点は拡大するとオタマジャクシのような形をしています。
正体が何なのかは分かりませんが、虫とかでは無く霊的なもののような気がします。

旧天城トンネル河津側出口が見えてきました。
それほど緊張もしていなかったのですが、やはりトンネルの出口が見えてくると「ホッ」とします。
「ホッ」としたのも束の間、トンネル出口右側に何かいます・・・

丁度トンネル出口の壁にもたれながら屈んでいるように見えます。
眼を凝らしてよく見ると、他にも同じ位置に何人か集まっているようにも見えます。

トンネルから一旦外に出ました。
河津側の方が、修善寺側より雰囲気が悪いように感じられます。

トンネル近くの看板に「トンネル内氷結のため路面の凍結頭上の氷柱に注意」と書かれています。
やはりトンネル内は外よりも気温が低いようです。

旧天城トンネル河津側の入り口の向って右側に登れそうな場所を発見しました。
この上には何か有るのでしょうか?
登ろうかと思いましたが、今回は時間的都合から見送ることにします。

旧天城トンネル河津側の入り口です。
修善寺側入り口より雰囲気は濃く感じます。
しかし修善寺側同様、怖いという感じはしません。

トンネル入り口の名称版を撮影しましたが、残念ながら何が書いてあるのかは判読できませんでした。
多分「天城隧道」と書かれていると思いますが・・・

再びトンネル内に戻りました。
トンネル内は先程より更に寒さを増し、雰囲気も行きと比べると悪くなってきたように感じます。
再び戻ったので霊達を怒らせてしまったのでしょうか?

行きには殆ど現れなかったオーブが急に増えてきました。
オーブの色が濃くハッキリしているので、やはり怒らせてしまったのでしょうか?

帰り道、トンネルの中間付近まで来ましたが、やはりここでも多くのオーブが写っています。
私達を威嚇するかのように大きく膨らんだオーブが道を塞ぐ様に浮遊しています。
これ以上トンネル内に長居をすると益々怒らせそうなので、少し足早に撤退する事にします。

いつの間にかkuniさんが私より前を歩いています。
後ろからkuniさんを写したのですが、何故かkuniさんの周りはオーブも写っていません。
kuniさんは特に何かを感じている様子もなく、余裕そうに歩いています。
そんなkuniさんにはオーブの方が恐れをなし、近寄れなかったのかもしれませんね。

 ---以上---


☆編集後記☆

今回探索した「旧天城トンネル」は正式には「旧天城隧道」といいます。
冒頭でも紹介しました通り、多くの本にも登場した有名な場所で、観光客も多く訪れる観光地です。
私達が探索した時刻は夜の10時近くだったので観光客の姿は一切無く、トンネル周辺は静まり返っていました。
トンネル側の休憩所には何となく興醒めしましたが、トンネル自体はなかなかの雰囲気で、心霊スポットとして十分な場所だと感じました。
ただしライトが点いているトンネルである事と、例えライトが点いていたとしても噂程濃い場所なら、ライトとかには関係なくもっと強く感じたと思われる事から、私的にはそれ程濃い場所だとは思いませんでした。
それでも記事でも紹介した通り、トンネル内では何体も霊の存在をキャッチした事から、やはりこのトンネルは心霊スポットなのだと感じました。
心霊スポットである限り、日々霊的な濃さは変化します。
この記事を読んで軽いと思い込んだ人もいるかもしれませんが、安易に夜近付くと、もしかしたら大変な思いをするかもしれませんよ。

管理人:ピフィア

伊豆心霊ツアー第1弾。
第3のレポートは『旧天城トンネル』でした。
当初思っていたよりも、いろいろと写っていたようですね。
ただ、灯りのあるトンネルは探索していても緊張感に欠けて、面白くありません。
やはりうさぎっ子の基準としては『単なる古いトンネル』であったと言わざるを得ませんね。
もちろん、灯りのあるトンネルでも例外はあります。
それは関東遠征第1弾の『旧小峰トンネル』です。
あそこの場合は、その事実の重さも手伝ってか、灯りのあるトンネルにしては、非常に緊張感ある探索であり、そういった意味では稀有な存在であったと言えるでしょう。
今回、残念だったことがひとつあります。
それは、旧天城トンネルとセットで考えていた八丁池の探索ができなかったことです。
なぜなら、八丁池へ向かう脇道にはチェーンが張られ、6kmほどの道のりを歩かないと行けないという事実が判明したからです。
事前の調査が不足しており、簡単に考えていたのが失敗でした。
その事実を知っていた屋敷さんによると、『歩くと2時間くらい掛かりますね。行きますか?』・・・・答えは『NO〜!』です。(笑)
後の予定もあり、往復4時間もかけて八丁池に行くことはとても無理な話でした。
もし再探索の話が持ち上がった時は、師匠のサーフに原付のオフロードタイプを1台積んで行きたいものです。

副管理人:kuni

 

00:00||--pookmarktop