CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
RECOMMEND

うさぎっ子恐怖館スマホ閲覧verです
しばらくの間、スマホからの閲覧はこちらでどうぞ。

<< 稲取廃隔離病棟編 | main | 鐘ヶ坂隧道編 >>
不知沼(シラヌタ)の池編

 不知沼(シラヌタ)の池編

執筆者:ピフィア

恐怖度:

 

不知沼(シラヌタ)の池、この池では第二次世界大戦中に日本兵3人が米軍捕虜16人を惨殺し池に投げ捨てたのですが、その怨念から米軍捕虜を惨殺した日本兵3人も、この沼に引きずり込まれてしまったそうです。
引きずり込まれてしまった日本兵も当然悪霊と化し、それからというものこの池からは、夜な夜な不気味なうめき声が聞え、池に近寄った者は無数の手により池の中に引きずり込まれてしまう事から、地元民も近寄らない呪われた池なのだそうです。
さて、この呪われた不知沼(シラヌタ)の池なのですが、周囲200メートルで旧噴火口にできた火口湖ともいわれていますが、地形的にはくぼ地の入り口が土砂で埋まって出来た池のようです。
この不知沼(シラヌタ)の池とその周辺は「モリアオガエル」等の生息には好都合な場所として、県の天然記念物に指定されているので、現在は心霊スポットとは無縁のように感じますが、はたして米軍捕虜の恨みと、この池に引きずり込まれた多くの者達の怨念は、今はもう消えてしまったのでしょうか?
はたまた、血塗られた惨殺事件は過去本当に起きたのでしょうか?
噂濃い不知沼(シラヌタ)の池、私達うさぎっ子はこの池の真実を探るために深夜探索に挑みます。

探索日:2003年12月14日
探索メンバー:管理人ピフィア、副管理人kuni、NATS管理人:屋敷サカヱさんの3名

 

稲取廃隔離病棟の探索を終えた私達は、伊豆心霊ツアー第一弾の最終探索地である、不知沼(シラヌタ)の池に向かい走行していました。
池が存在していると思われる場所に近付くにつれ、車内からでも普通とは違う雰囲気に変化していくのが分かります。
私は、鬱蒼と茂る原生林から醸し出されている雰囲気に驚悸してしまったのか、心臓が痛みます。
kuniさんも異様な雰囲気を感じ取ったのか「声が聞えた・・・」と言ってます。
スポット到着前から不思議な体験をしながらも、それから間も無く目的地である不知沼(シラヌタ)の池に無事到着する事が出来ました。
午前3時、車から降りるのも憚る様な寒さと漆黒の闇の中、何となく気が進みませんが車外に出てみます。

外に出ると想像していたよりかなり寒く感じますが、気温がただ低いだけなのでしょうか?
以前シラヌタの池を探索した事の有る屋敷さんに道を尋ねると、池には看板の右の道を道成に進んで行けば徒歩15分くらいで到着出来るそうです。
15分という時間から、池までの距離は決して長い距離ではないでしょうが、寒さと疲れでコンディション最悪の私にとって、15分は長過ぎる距離と思いました。
しかし、ここまで来たら行くしかありません。
意を決し、不知沼(シラヌタ)の池に向う事にします。

入り口から少し下って行くと、杉林になってきました。
密集している木々の奥の方から私達を窺っている気配がします。
気配のする方をライトで照らしてみましたが、密集する木々に邪魔されてしまい、うまく光が届かないみたいです。
写真には、左側の木々の間に薄っすらと何かが写っていようなので、その部分を拡大してみます。

写真を拡大すると、木々の間から白い顔が私達を窺っているかのように覗いているのが分かると思います。
覗いているのがシラヌタの池に関係する霊かどうかは分かりませんが、私達はあまり歓迎されていないようです・・・

写真中央の直ぐ右側の杉の木左側中間辺りに何か写っています。
少し大き目のオーブでしょうか?
オーブにしては、少し形が歪なようなので拡大してみます。

拡大すると、どうやらオーブではなく口を大きく開けた顔のようです。
よく見ると肩の辺りまで写っているのが分かります。
口を大きく開けているので怒っているように見えますが、よく見ると祈っているような感じにも見えます。

上のkuniさん撮影の写真左隅に、私が撮影している姿が写ってましたが、その時私が撮影していた写真です。
kuniさんとほぼ同時刻に撮影したはずなのですが、私の撮影した写真には顔は写っていませんでした。
kuniさんが撮影した時にだけ現れたのでしょうか?

何の変哲も無い木の橋なのですが、橋を渡りきった辺りから急に雰囲気が変化しているような気がします。
橋とか、普段は特に気にかけないような物なのですが、霊的に濃い場所では、特別な意味を秘めている場合があります。
ここから先は、更に気を引き締めて探索する事にします。

橋を渡り進んで行くと、直ぐにまた橋が現れました。
何故か橋の手前にロープが張ってあります。
「これ以上先に進むな!」という警告なのでしょうか?
それとも他に意味があるのでしょうか・・・
取り敢えずロープを無視して入ってみます。

ロープを無視して入りましたが、特に何事も無いまま順調に進んでいます。
しかし、突如前方に何かがいる気配がします。
暗くてよく分からないのですが動物でしょうか?
写真にはオーブの左下あたりに写っているので拡大してみます。

拡大しても分かり難いのですが、オーブの左下、丁度、道の境目辺りに眼だけが異様に光っている、黒い塊が写っています。
動物などではなく、嫌な気配を放出しているので避けて通る事にします。

私は木の根元を気にしているようですが、何かを発見したのでしょうか?
思い出そうと頑張ったのですが、思い出せませんでした・・・

木が浮いているのかと思い驚きましたが、倒木が茂みに引っ掛かって浮き上がっているだけのようです。
その奥には休憩所らしき建物が見えていますが、夜中の心霊スポットの休憩所は、何時見ても人が居るようで不気味です。

 

しばらくなだらかな斜面でしたが、傾斜が再びキツくなってきました。
下りなのでそれほど気にはなりませんが、帰りは全て上りになるかと思うと気が重いです。

斜面を下って行くと、「通行止」と書かれた看板が目に留まりました。
一瞬、池への道が通行止めなのかと思い焦りましたが、どうやら鎖が切れてしまったため、道だと勘違いする人がいると困るので、注意を促すために通行止めの看板を掲げているだけのようです。
なので、このまま道形に進んで行きます。

第二の休憩所が見えてきました。
こちらの休憩所は気のせいではなく、姿無き者の先客が、休憩しているみたいです。
休憩所の外にも何人かいるみたいですが、私も疲れたので、「一服したいです・・・」

写真向って左側の中間辺りに何かいるようです・・・
いや、他にも写真には写っていませんが何人かうろうろしています。
「休憩したいけどどうしよう・・・・」
迷うところです・・・・・

結局休憩したいという欲望には勝てず、休憩する事にしました。
この写真は上の写真の左側を拡大したものです。
私達が休憩している最中、絶えず何者かが“うろうろ”している気配がしましたが、写真に写っているのが“うろうろ”していた者の正体だったのでしょうか?

休憩した後、どうやらkuniさんが先頭になったようです。
池までは、もう少しで到着するはずなので、頑張って進むことにします。

またもや木の橋が現れました。
しかし問題は木の橋の奥に見えている頑丈そうな鉄柱です・・
これはもしかしたら・・・
あれのような気がします・・・

木の橋を渡り、丈夫そうな鉄柱に近付くと、何やら札が立ててあります。
何と書いてあるのでしょうか?
立て札には「危険ですので、30人以上一緒に渡らないで下さい」と書かれています。

「やはり想像通りあれでした・・・」
見た目はかなり新しそうな吊橋ですが、肝心の橋板が何となく不吉なオーラを放ってます。
大丈夫なのでしょうか?
30人までは大丈夫と書いてあったので、それを信じて渡る事にします。

この吊橋、気のせいかもしれませんが、何だか傾いているような気がします。
アドベンチャーな物語だと、渡っている最中に橋板が抜け落ちたり、最悪の場合は吊橋自体崩壊したりするのがパターンなので、それを思い出すと何だかドキドキします。

何とか全員無事に吊橋を渡りきりましたが・・・
屋敷さんが何やら騒いでます。
屋敷さんから話を聞くと、橋の中間辺りで急に異様な感じで橋が揺れだしたそうです。
kuniさんが揺すったのでしょうか?
当然私は、橋を揺すったりはしていません。
kuniさんではないとすると、誰が橋を揺すっていたのでしょうか・・・・
気になるので、全員渡りきったばかりの橋を撮影すると、オーブが私達の後を追うかのように写ってました。

吊橋を渡ると不知沼(シラヌタ)の池はもう目と鼻の先のようです。
この坂(階段)を上がると見えてくるのでしょうか?

「シラヌタの池」と書かれた石柱を発見しました。
池はまだ見えませんが、ここが池の入り口なのでしょうか?
入り口だとすると、池まであと15メートル程で到着するはずなので、先を急ぎます。

石柱に気をとられている間に屋敷さんが先に進んでいます。
屋敷さんの右側には、池について書かれている掲示板が見えていますが、問題は屋敷さんの左肩の左側に薄っすらと写っているものです。
何なのでしょうか?
拡大してみます。

女性でしょうか?
口を開き、何かを訴えているように見えますが、屋敷さんに訴えているのでしょうか?
更にその下には、睨みつけているよな顔と動物?らしきものが写っていて不気味です。
池が近いので、私達を阻止しようと現れたのかもしれません・・・・

池に到着しました。
夜の池は黒く静まりかえり、とても不気味な雰囲気が漂ってます。
噂はどうあれ、この池には何が居ても不思議ではないような気がしてきました・・・

池に近付こうと思うのですが、池の周りには落ち葉が堆積しているため池と岸との境界がよく分かりません。
迂闊に進むと池の中に足を踏み込む事になりそうなので、少し離れた位置から探索する事にします。
私達の気配を感じ取ったのか、オーブが数多く集まってきました。
長時間同じ場所に留まっていると気配が濃くなってきます。
池に引きずり込まれてはかなわないので、そろそろ移動します。

屋敷さんの話だと、この池でお亡くなりになった方々の慰霊碑が池の畔に祀ってあるそうです。
池の畔には多くの気配が漂って嫌な感じになってきてますが、探索は池の畔に沿って可能な限り行う事にします。

池の畔を歩いていると、地面を隠していた落ち葉も少なくなり、地が見えてきたので、池に近付いて撮影をする事にします。
池に近付いて撮影した写真には、まるで泳いでこちらに向ってきているような白い物体が写ってました。
池に近付いた私を引きずり込むのが、狙いなのでしょうか?
そう考えるとゾッとします・・・

池の畔を移動して行くと、ざわめいていた気配が落ち着いてきました。
いや、落ち着いてきたというより、私達が留まっていた場所に集まってきた者達が、私達の移動速度に追いつけないだけかもしれませんが・・・・

池も穏やかな感じで、今のところ何の気配も感じません。
しかし写真には、沖の方に不気味に出現するオーブが写っていました。

気配がまた少しずつ濃くなってきました。
オーブの下側なのですが、横に広がる白い塊が写っています。
何なのでしょうか?
こちらに向って来ているような気もします・・・

濃くなってくる気配を避けながら池の畔を歩いて行くと、また少し気配が遠のいてきました。
一所にあまり長く留まっていると直ぐに何かが寄ってきてしまiいますが、今のところは大丈夫そうです。

池を撮影していると、沖の方がまた「ざわざわ」してきました。
写真でも、小さなオーブが沖の方に無数に写っているのが分かると思います。

更に撮影を続けていると、直ぐ目の前までオーブが迫っています。
しかも沖の方から、更にこちらに向っている無数のオーブが、写真には写っています。
池のように湿気の多い場所やホコリっぽい場所では、水分やホコリがフラッシュに反射して、偽のオーブも混じっている場合が多いのですが、この池で出現しているオーブは、そんな偽オーブとは違い、明らかに何か意思を持って現れているように感じられます。
私達に何かを告げたいのか、それとも悪意を持った別の目的があるのでしょうか?
目的が何なのかが分からないので、とても不気味です・・・・

オーブの一つを拡大してみました。
綺麗な球体で、白いビー球のように立体的です。
立体的なオーブは以前も撮影した事があります。
撮影している時には気付かなかったのですが、このように物質化しているオーブは、霊感の有る無しにとかは関係なく、誰にでも見れるはずです。

木が邪魔で池の畔が歩けなくなってしまいました。
木を避ける為に一旦陸に上がってから、池に回り込みます。

私達が移動したからか、それとも帰ったのかと勘違いしたのか、池は再び静けさを取り戻していました。
訪れた時にはかなり不気味に思えた池も、今はそれほど不気味だと感じないのが不思議です。
美しいとはとても思えませんが・・・・

またもや私達の気配を感じてか、池の方がざわめいてきました。
写真には大きなオーブが写っています。
このように大きなオーブを「オービス(オービスト?)」というそうです。
いや、聞いた話しなので本当かどうかは分かりませんが。。

何故なのか気配が薄らいだように感じます。
先程までは同じ場所に留まっていると、直ぐにざわめいてきたのですが、今は逆に気配を感じなくなってきました。
諦めて消えてしまったのでしょうか?
気配が薄くなってしまったので、ホッとした反面、何となく物足りないような気もします。
しかし、写真を後で確認して分かったのですが、一瞬何も写っていないように見える写真ですが、闇に溶け込みその存在を隠しているかのようなオーブが、無数に写っています。
更に沖の方からは、ハッキリとは写っていませんが、先程も現れた横に広がる白い塊が、薄っすらと写っていました。

一旦消えたかのように思えた気配だったのですが、唐突に気配が濃くなりました。
先程から沖の方に絶えず現れていた横に広がる白い塊ですが、いつの間にかかなり岸辺に近付いています。
何なのかは全く分かりませんが、これはヤバイ感じがします・・・

写真を拡大すると、多くの顔が並んで一つの塊を形成しているのが分かります。
池で望まぬ最後を遂げた者達の、集合体なのでしょうか?

もう拡大しなくてもハッキリと分かるくらい近付いてきました。
その気配に共鳴するかのように、空間が変化してきました。
これ以上長居をするのは明らかに危険なので、池から離れる事にします。

池から離れつつ撮影すると、池周りの空間は既に変貌しています。
横に広がる白い塊はかなり岸辺に近付いているように見えます。
それに吸い込まれるかのように、オーブや木々、空気さえも塊の方に流れています。
池に今近付いたら、本当に引きずり込まれてしまうかもしれません・・・・

池から離れ歩いていると、不自然に岩が置かれているのを発見しました。
この池の噂で、「何回積んでも何故か崩れてしまうケルン」の話を聞きましたが、この岩がそうなのでしょうか?

更に先に進むと、ついに石碑を発見する事が出来ました。
石碑の右横が不自然に光っていますが、これはクモの巣にフラッシュの光が反射したものです。

石碑の周りを撮影すると、またもやオーブが多く出現しています。
池から漂ってきたのでしょうか?
いくらオーブが集まってきても、ここなら池に引きずり込まれる心配はないので、石碑を調べる事にします。

石碑は長年の風雨に曝されかなり傷んでいます。
しかしよく見ると、石碑に何か書かれているようです。
何が書かれているのでしょうか?

「シラヌタの池・・・・」
下の方は何が書いてあるのか分かりませんが、どうやら慰霊碑ではなさそうです。
他にも右横に何やら書かれているようですが、こちらも何が書いてあるのか分かりませんでした。
しかし、いずれの文字も後に書かれた形跡があるので、もしかしたらコケの下には本来書かれている文字があるのかもしれません。

石碑も見つける事が出来ましたし、池にはこれ以上近付かない方がよさそうなので、そろそろ引き揚げる事にします。
池に向う時には、かなり危険と思えた吊橋も、帰る時には別段何も感じませんでした。
池に向う時に吊橋で感じた危険は、もしかしたら吊橋にではなくその先の池に危険を感じていたのかもしれません。
何せ、橋は霊的に濃い場所では、特別な意味を秘めているのですから。

---以上---


☆編集後記☆

不知沼(シラヌタ)の池は伊豆探索ツアー第一弾の最終探索地で、レポートの中でも紹介しましたが、稲取廃隔離病棟の次に行った探索場所です。
不知沼(シラヌタ)の池には、途中少し寄り道をしたのと、別荘地を通って行くので道がかなり複雑に入組んでいた影響もあり、到着までに二時間以上の時間を費やしてしまいました。
別荘地の入組んだ道を抜け、池まで僅かな道程となった時、急に車内の雰囲気が重苦しく変化しました。
これは並の心霊スポットとは比べ物にならないくらい強い霊気で、kuniさんは妙な声を聞き、私は呻き声を聞いた途端に急に心臓に痛みが走り、体調を崩してしまいました。
どうして不知沼(シラヌタ)の池に着く前に強い霊気を浴びたのか分からぬまま、目的地に到着しましたが、何故か目的地に到着した時には心臓の痛みは、すっかり回復していました。
不知沼(シラヌタ)の池に向う途中から結構大勢の気配を近くに感じましたが、何故か強い怨念とかではなく、ただ浮遊しているだけのように感じます。
それでも気を抜けば、襲ってきそうでしたが・・・
目的の不知沼(シラヌタ)の池なのですが、池から絶えず近付いてくる気配を感じていました。
しかし、惨殺された者の気配ではないような気がします。
池で感じた気配は何なのか分かりませんが、寂しいとか妬ましいとかの感じが強かったように思います。
何故この池にこれほど多くの霊が集まっているのかは分かりませんが、不知沼(シラヌタ)の池には「樹齢千年」と言われる大杉があり、観光スポットとしても案内されているようです。
霊木や古池が存在し、普通なら誰も訪れる事のないような場所に、人がある程度集まる場所なので、知らず知らずの間にいろいろな霊が集まってきてしまったのでしょう。
だとしたら、米軍捕虜16人惨殺事件とかは本当にあった事なのでしょうか?
それが実際の出来事であったのか否かは分かりませんでしたが、もしかしたら不知沼(シラヌタ)の池に着く前に感じた、あの重苦しく嫌な気配を感じた場所こそ、悲惨なる惨殺が行われた真の場所だったのかもしれません。

管理人:ピフィア

伊豆心霊ツアー第1弾、最後の探索は『不知沼の池』です。
前作『稲取廃隔離病棟』の探索を終えた私たちは付近のファミレスで休憩後、次なる目的地である不知沼の池へと向かいました。
不知沼の池は『あそこは魔界だよ』と霊能者に言わせるほどのスポットです。
廃墟ではないので、咄嗟に逃げることのできない閉塞感という恐怖感はありませんが、今回のツアーのメインスポットのひとつであることは間違いありません。
目印である某発電所を経て、別荘地へと向かいます。
別荘地に入ると、あとは『しらぬたの池』という小さな案内板に従い、別荘地の奥へ奥へと進んで行くと、次第に心霊スポット特有のいい雰囲気となってきました。
大体別荘地というところには霊的に怪しい場所が多いのですが、ここもその例に漏れない雰囲気を持っていました。
しばらく走り、かなり池へ入口に近づいた辺り。
私はなにか声を聞いたような気がしました。
それを師匠に話そうとした時、師匠が『心臓がチクチク痛い』と言い出し、やはり声を聞いたと言います。
そうこうするうちに池への入口に到着。
目的地に着く前にすでに不思議体験をしてしまった私たちは更に気を引き締め、探索へと向かいました。
池に向かう道中、吊橋で感じたあの揺れは何だったのでしょう?
師匠は私が冗談で揺らしたのでは?という書き方をしていますが、私には全く身に覚えのないことです。
あの揺れ方は普通に吊橋を渡っていて起こる揺れとは全く違う異常なものだと私は感じました。
また、この編集後記を書くにあたって、P3の6枚目と7枚目の画像を見ていて、私の左肩には引き攣るような痛みが走りました。
やはりあまり良くないものが写っているのでしょうか?
池の周辺では、終始何者かにジワジワと追い詰められているような感覚がありました。
特別な恐怖感を感じたわけではありませんが、余程キツイところでないとほとんど感じることのない私にこれだけの感覚を抱かせた『不知沼の池』。
ある霊能者が言った言葉・・・『あそこは魔界だよ』という言葉を改めて実感した思いです。

副管理人:kuni

 

 

03:00昨年の記事--pookmarktop