CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
RECOMMEND

うさぎっ子恐怖館スマホ閲覧verです
しばらくの間、スマホからの閲覧はこちらでどうぞ。

<< 料理屋廃墟 鱒池亭編 | main | 奈良県某所 山荘廃墟鎌屋敷編 >>
知多半島内海トンネル編

知多半島内海トンネル編

執筆者:ピフィア

恐怖度:

 

今回の探索は、このサイトの常連さんの「まいあ」さんからの「知多半島に内海トンネルというスポットが有る」という情報を基に行ないました。
内海トンネルの噂なのですが、まいあさんからの情報によると、「何年か前、土砂崩れによって入り口が封鎖されててしまいそのときに人が生き埋めになってしまったそうです。
その後、事故処理をしようとすると、作業員が怪我をしてしまったりして処理は中止になり、人が埋まったままなんだそうです。
現在も内海トンネルは土砂崩れの処理が進まず生き埋めになった人が残されている可能性も有り何となく嫌な予感がしますが、kuniさんと頑張って探索する事にします。

探索日時:2003年6月14日 探索メンバー:管理人ピフィア、副管理人kuniの2名

実は、内海トンネルには下見の為何度か足を運んだ事がのですが、いずれもトンネルを発見できず断念、今回は情報提供者の「まいあ」さんよりかなり詳しい位置を教えて頂き、何とか見つける事が出来ました。
今回の探索に当たり、ピンポイントで位置確認をして出掛けたのですが、目的付近の位置に着いてもトンネルらしきものを発見する事が出来ませんでした。
少し諦め気味に車を転回していたその時、鬱蒼と茂る林の奥に隠されるように存在するトンネルをついに発見する事が出来ました。
早速kuniさんと探索をする為にトンネルに向いましたが、「あぶない!よいこはここであそんではいけない」と書かれた看板が示唆する通り、トンネルへと向う道にはクモの巣が張られており、最近トンネルに近づいた人はいないようです。

トンネルに近づくと、外からでもトンネル内がかなり土砂で埋もれているのが分かります。
どうやら間違いなくこのトンネルが「内海トンネル」のようです。

名称看板を確認すると確かに「内海トンネル」と書かれています。

トンネル入り口の様子からも分かると思いますが、トンネル内はかなり崩壊していて少しの衝撃でも新たに崩壊する危険が有りそうです。
私達はトンネル内部への進入はかなり危険と判断し断念しようかと思いましたが、少しだけ内部を探索する事にしました。
進入するとトンネル内の土砂崩れの規模が、かなり広範囲で有った事に驚かされます。
入り口付近の外壁は跡形もなく崩れ落ち、微かに残された外壁よりかなり天井部分が高くなっています。
トンネルの奥の方にライトを当ててみましたが、上手く奥の様子が分からないので、もう少し奥の方を探索する事にします。

入り口から20メートルくらい進んだでしょうか?
この辺りからトンネルの空間が異様に狭くなり息苦しさを感じます。
しかし、このトンネルの岩盤はかなりもろく簡単に崩れてしまう岩のようです。

入り口から20メートルくらい進んだでしょうか?
この辺りからトンネルの空間が異様に狭くなり息苦しさを感じます。
しかし、このトンネルの岩盤はかなりもろく簡単に崩れてしまう岩のようです。

慎重に土砂の山を登ると、頂上からトンネルの出口が見えます。
どうやら、トンネルの先が確認できなかったのは、積もった土砂が天井付近まで達していた為、先が見えなかったからのようです。
情報の「土砂崩れによって入り口が封鎖されててしまいそのときに人が生き埋めに・・」は、この場所を示しているのではないのでしょうか?
この下に今も人が生き埋めになっていると思うとゾッとします。

トンネルを抜けると一面に林が広がっていました。
トンネルの周りは木々で囲まれ、トンネルより先に進むべき道が有りません。
道が無いのに、このトンネルは何の目的で作られたのでしょうか?
それとも以前は道が有ったのですが、土砂崩れが起きてから通る人も無く、いつしか木々に道は侵食されてしまったのでしょうか?
道なき道を進もうと思いましたが、かなり危険なクモの巣も多い事から、今回は引き返す事にします。

進入した側の反対方向の入り口です。
入り口付近が完全に土砂で覆われている様子が分かると思います。
トンネルを抜ける時には分からなかったのですが、かなり危険な状態です。
しかし戻るには再び、このトンネルを通らないと戻れないのです・・

慎重に土砂の山を登って行き、何とか土砂の頂上まで再び辿り着きました。
私の後ろから土砂を登るkuniさんは不安定な場所から私を撮影している様です。
余裕が有っての行動なのか、命知らずなのかはよく分かりませんが・・・
頂上は、ちっこい私でも屈まなければ通れないほど土砂が堆積しています。
ここから先は下りになるので、また慎重に先に進む事にします。

土砂を下って行く途中トンネル壁に亀裂を発見しました。
行きには気付かなかったのですが、岩盤が歪んでズレています。
これはかなり危険な状態ではないでしょうか?
このトンネルは再び、いつ崩れても不思議ではない状態の様です。
「出来る事なら走って逃げ出したい気分です!!」
しかし、今私が走り出すと、後ろを歩いているkuniさんも多分パニックを起こし一緒に走り出す事でしょう。
そうなったら多分、このトンネルは間違いなく崩れてしまい私達2人は生き埋めになってしまいます。
そうならない為にも私がパニックを起さない様にしなければなりません。
kuniさんには亀裂の事は知らん振りをして、慎重に先に進む事にします。

土砂の山から何とか無事に降りて来ました。
出口は目と鼻の先、直ぐそこです。
土砂の山を無事に降りる事が出来て安心したのか、少し冷静にトンネル内を観察すると、私達が初めに進入したトンネルの入り口付近から、土砂の山までの間、地面には殆ど土砂がたまっていません。
天井や壁の崩れ具合から推測すると、かなりの量、土砂がたまっていても不思議ではないはずですが・・・

トンネルの壁や天井に機械で削った痕跡が有ります。
土砂崩れの復旧作業の跡でしょうか?
これが復旧作業の跡だとすると、かなり中途半端な状態で作業を打ち切ったように見えますが、何故なのでしょうか?
やはり情報通り「事故処理をしようとすると、作業員が怪我をしてしまったりして処理は中止になり・・」なのでしょうか?

しかし考えている暇はあまり有りません。
このトンネルは今も尚かなり危険な状態の為、早々にトンネル内から出る事にします。

何とか無事にトンネル探索を終えた私達は、外の空気を満喫しながら木々に隠されたトンネルを後にしました。

----以上----


編集後記

今回の内海トンネルは冒頭でも書きましたが、「まいあ」さんからの情報を基に探索しました。
内海トンネルは2ページ目最後の写真でも分かると思いますが、木々に隠されるように存在している為、トンネルにかなり近い場所からでもなかなか気付く事が出来ませんでした。
その為、今回の探索に至るまで計3度ほど下見に行ったのですが、いずれも発見する事は出来ませんでした。
今回は慎重に位置特定をして出掛けたのですが、トンネルが有ると思われる場所に着いても発見する事が出来ず半ば諦め気分で車を転回していた時に、偶然車のライトがトンネルに当たり見つける事が出来ました。
トンネルの内部はかなり崩壊しており非常に危険な状態で探索を決行しようか止めようか悩みましたが、結局最後まで探索してしまいました。
しかし、このトンネルはいつ崩壊しても不思議ではない状態なので、このHPを見て探索しようと思った人は、それなりの覚悟が必要だと思います。
もちろん当サイトは探索による事故が生じた場合、一切の責任を負いませんので、探索する人は自己責任にてお願い致します。
最後に、今回情報提供に協力して下さった「まいあ」さんには心より感謝致します。

管理人:ピフィア

内海トンネルは師匠が過去何度か足を運びながら、なかなか見つけることのできなかった物件です。
今回は「この位置で間違いなし!」と緯度経度、周辺の地物をしっかり把握して出かけたわけですが、それでも見つかったのは偶然に近い形でした。
ある目標に着き、これ以上行くと行き過ぎだと狭い道で転回している時に偶然にも車のヘッドライトがトンネルを照らし出したわけです。
このトンネル、霊的な面ではあまり怖い印象は無かったのですが、リアルな面では非常に危険な物件でした。
素人目にもいつ崩落してもおかしくない状況です。
ただでさえ、そう感じるのに岩盤がずれていたとは・・・・・(怖)
ただ、探索時は好奇心が勝っているので、崩落に関してはそんなに恐怖心はありませんでした。
さらには私たちの天敵である蜘蛛がたくさん出現したことで、そっちに気がいってしまったこともあると思います。
しかし今、改めて画像を見ているとちょっと無謀だったかなと感じています。
ここへ行ってみたい方、願わくば入口での記念撮影くらいにしておいて欲しいと思います。

副管理人:kuni

00:00||--pookmarktop