CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
RECOMMEND

うさぎっ子恐怖館スマホ閲覧verです
しばらくの間、スマホからの閲覧はこちらでどうぞ。

<< 旧本坂トンネル2編 | main | 旧天城トンネル編 >>
カラスの館編

カラスの館編

執筆者:ピフィア

恐怖度:

 

愛知県某所、田園風景が広がり長閑で田舎的な印象を受ける場所に、ぽつんと存在する民家廃屋「カラスの館」。
しかし、実際はこの廃屋の直ぐ東側には都市環状線が走り、周りには某有名工場や住宅地が広がる、決して長閑とはいえない場所です。
そんな中、何故かこの廃屋の周りだけを避けるかのように、何も建てられていないのが滑稽な印象を受けます。
さて、そんな隔離されたような印象を受ける「カラスの館」に関する噂ですが、「子供を道連れにした一家心中があり、その亡霊が出没する」らしいです。
肝心なる「カラスの館」の由来ですが、どうやらこの家が廃屋と化してから、軒にカラスの死体が吊るされていた事から、この名前が付けられたらしいです。
かなりインパクト濃いネーミングの「カラスの館」、濃い内容を想像しつつ、探索に挑みます。

探索日:2003年10月4日 探索メンバー:ピフィア、kuni、助手Mの3名

 

人里離れた秘境の地に存在するわけでもなく、存在自体が謎のわけでもない民家廃屋「カラスの館」
しかし私は「カラスの館」というネーミングにかなり謎めいたものを感じ、今回の探索に挑むことにしました。
位置は把握していたので、現地には難なく到着する事が出来た私達は、少し離れた場所に車をとめ、歩いて現地に向かいました。
程なく私達の目の前に、廃屋らしい建物が見えてきました。
これが「カラスの館」でしょうか?

「カラスの館」・・・・
そのネーミングから洋館を想像していた私は、純なる日本家屋に少しばかり失望を感じてしまいました。
それでも、屋敷を隠すように鬱蒼と茂る木々や、廃屋から漂う雰囲気は、なかなか濃そうな感じです。
気を取り直して、開いている窓から家内を窺うことにします。

窓に近付きましたが、道から少し高い位置に建てられている為、家内の様子が良く見えません。
壁の一部と数本の柱は見えますが、かなり破壊されている様子です。
取り敢えず、窓を離れ侵入場所を探す事にします。

玄関口を発見しましたが、直ぐ側に自転車が放置してあります。
不法投棄でしょうか?
それとも中に何者かが居るのでしょうか・・・・・

玄関は大歓迎状態ですが、何となく先程の放置自転車が気になります。
何者かにいきなり襲われては敵わないので、警戒を強めつつ侵入します。

玄関から入った限りでは内部に人が居る気配はありません。
家内の壁は取り壊しの途中なのか、壁土の殆どが壊されているので、そこからある程度、各部屋の様子を窺い知る事が出来ます。
そこから何者も居ない事を確認したので、本格的に探索を開始する事にします。

玄関から入って直ぐ正面の部屋です。
部屋の中には乱雑に、足の踏み場も無いほどゴミが散らかっています。
ここに住んでいた人達の家財道具でしょうか?
それにしては量が多過ぎる気がしますが・・・

久しぶりに登場の助手M君です。
久しぶりに登場なのですが、助手M君の写真はこれ一枚だけです(笑)
写真は玄関から入って左側の廊下です。
廊下を進むと直ぐ右側に部屋があるのですが、後回しにして左側のトイレを探索する事にします。

トイレですが、ドアは取り外されていて大解放状態です。
便器の中には何故か農薬?の袋が入れられています。
しかし気になるのは、便器に赤い血のようなものが付着していたのですが、廃屋と化してからお尻に問題がある人が、このトイレを使用したのでしょうか?

トイレ横の洗面台です。
洗面台の横にはエ○本が放置されている事から、明らかに何者かが時々この廃屋を利用しているようです。
エ○本とトイレの血のような痕、謎は深まるばかりです。

お風呂です。
お風呂や台所、トイレ等の水回りは霊が現れやすい場所なので、意識して探索します。
この家のお風呂なのですが、雰囲気的には何かいそうな感じなのですが、霊的にはそれほど感じるものはありませんでした。

霊的に濃いと思われるトイレとお風呂を先に探索しましたが、それ程濃い気配を感じる事は出来ませんでした。
しかし、この廃屋には怖いって程では無いのですが、妙な気配を感じるのも確かです。
一家心中が事実なら、妙な気配はその彷徨える魂なのでしょうか?
廃屋の中央付近の部屋ですが、いろいろなゴミが投棄されてます。
どう見ても不法投棄のようですが・・・

妙な気配ですが、この部屋から一番強く感じます。
一家心中が例え噂だけであったとしても、この部屋では何か悲しい出来事があったのかもしれません。
しかし、この部屋には何故かお風呂まで投棄してあります。
この家のお風呂は取り外されていなかったので、これは明らかに不法投棄ですね。

何となく気配を感じて写した写真なのですが、見た感じ何も写ってないようです。
写真からは今も気配を感じるのですが・・・・

正面左側の壁の向こう側に怪しい人が写っていますが、霊では無く探索中のkuniさんです。
妙な気配を強く感じた部屋の窓に白い光が写っています。
何なのでしょうか?

光の部分を拡大してみました。
白い光の周りに緑色の光も写っています。

台所です。
台所も水回りなので霊が現れやすい場所なのですが、特に感じるものはありませんでした。

下見のため外から覗いた窓が正面に写っています。
玄関近くの部屋まで戻ってきたので、そろそろ廃屋から外に出ようかと思いましたが、何となく先程の妙な気配が強く感じた部屋が気になるので、もう一度戻ることにします。

もう一度戻ってみましたが、やはりこの部屋が一番強く妙な気配が感じられます。
ゴミの山の中に何か手掛かりが隠されているのかもしれませんが、このゴミの中から手掛かりを探し出すのは到底無理なので諦める事にします。

探索も完了し、撤退する際にkuniさんが写した写真ですが、やはり妙な気配を強く感じた部屋の窓に光が写っています。
しかし私が思うには、この光は多分、月が写ったものだと思います。
その時月が出ていたかどうかは覚えが無いのですが、この光からは霊的なものは感じられませんから・・・

建物の外観写真なのですが、無数のオーブが写っています。
この廃屋は彷徨える魂の拠り所になっているのでしょうか?

続けてもう一枚撮影した写真なのですが、先の写真から数十秒くらいしか経っていないのに、何故かこの写真には殆どオーブは写っていませんでした。
もしかしたら私達が探索していたので、霊達の方が遠慮して外で待機していたのかもしれません。
外で待機していた霊達が、探索が終わったので一斉に廃屋に戻る姿が偶然写ったのかもしれませんね。

----以上----


☆編集後記☆

「カラスの館」、その独特なネーミングから、かなり濃い洋館廃墟を想像していましたが、実際には洋館では無く民家の廃屋でした。
軒も意識して探索したのですが、カラスが吊るされている様子も無く、私的には「普通の廃屋」という印象でした。
一家心中の噂も囁かれていたのですが、廃屋の中は明らかに不法に投棄されたと思われる「ゴミ」で山が出来ており、その証拠を見つける事は出来ませんでした。
この廃屋に投棄されたゴミが何所から持ち込まれた物かは分かりませんが、この廃屋の存在を知らない人が偶然持ち込んだ物だとはとても思えません。
あくまでも私の想像でしかありませんが、地元の人が持ち込んだのだ物だと思います。
そこで、もし一家心中が事実としたら、地元の人はそれを知っていると思われる事から、当然そのような場所にゴミを投棄するような罰当たりな事はしないと思います。
事実は分かりませんが・・・・
ちなみに、霊的にかなり敏感な助手M君もこの廃屋では特に何も感じなかったようです。
当然kuniさんも?
私は記事でも紹介していますが、この廃屋の探索中妙な気配を感じていました。
一番強く感じられた場所は奥の部屋なのですが、これが彷徨える魂なのか、この家に残されていた思念なのかはよく分かりません。
ただ、何となく悲しげな気配なので気にはなりますが・・・
それが悲しい出来事では無い事を祈るばかりです。

管理人:ピフィア

この日、私たちは久々に助手M君の参加を得て、数箇所を巡ることになるのですが・・・
どこも情報不足で見つけられなかったり、侵入口がなかったりで探索できず。
また、警戒が厳重なため回避したりということで、結局レポートになる探索はこの「カラスの館」だけとなってしまいました。
カラスの館・・・それは私が以前住んでいた町から目と鼻の先にありました。
この廃屋がいつからのものかはわかりませんが、私はそんな噂は聞いたことがありませんでした。
当時の私は特に心霊に興味を持っていたわけではなく、したがってそういった噂を聞いても右から左に抜けてしまったのかもしれません。
もちろん、その当時はまだ現役だったのかも知れませんが・・・
感想を言うならば、"非常に開放感溢れる廃屋"でした。
やはり、廃墟探索の怖さというのは「逃げ場のない閉塞感」というものが、緊張感を増大させる大きなファクターのひとつだと思います。
そういった意味では、それほど緊張する物件ではありませんでした。
ただ、師匠も本編中で述べているように「見知らぬ人間との遭遇」という意味では、どの廃墟も侮ってはいけません。
カラスの館のようにいつ床が抜けてもおかしくない、あのような足場の悪いところでは、逃げるにしても戦うにしても思ったような動きはできませんから・・・

副管理人:kuni

00:00||--pookmarktop