CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
RECOMMEND

うさぎっ子恐怖館スマホ閲覧verです
しばらくの間、スマホからの閲覧はこちらでどうぞ。

<< 山雪の神社・神隠し編 | main | 鸚鵡石編 >>
海腐船場編

海腐船場編

執筆者:kuni

恐怖度:

 

この日、私たちはスタッフミーティングのついでに掲示板上で話題に上ったある物件に行ってみることにしました。
その物件は、実はその数日前に師匠が一人で下見に出かけたところ、その駐車場にて車両と数人の人を見ています。
「たぶん、あれは解体か、改装かする工事関係者のような気がするね〜」
師匠が見たのが、本当に工事関係者ならば、行っても探索ということにはなりませんが、とりあえず見に行ってみることにします。
師匠の記憶を頼りに工事中だらけの道を進んで行くと、曲がるところを間違えて、トイレと小さな駐車場のあるスペースに着いてしまいました。
「ここは結構雰囲気あるね〜」と師匠。
「じゃ〜後でまた来るか」とまずは懸案の物件へと向かいました。
私たちが見たその物件は、電気が通り、改装途中の絶対侵入してはいけない生きた物件でした。
予想していたことなので、さしてショックも受けずに、再び先ほどの場所に行ってみることにします。
探索というには、ただ誤って迷い込んだ場所であり、当然何の予備知識もありません。
ただ・・・・少し雰囲気があるだけ。
うさぎっ子としては、心霊探索というよりもちょっとした夜のお散歩気分。
少しナメた部分があったことは否めません。
しかしまさかあんなことが起ころうとは・・・・

探索日:2006年2月11日
探索メンバー:管理人ピフィア(以下、師匠)と私kuniの2名

 

車を駐め、その周囲を撮ってみます。
これは海の方を見て、撮ったものですが、当然海は闇の中です。

少し左にパーンしました。
明るさとコントラストを調整してみると、オーブと偽オーブが乱舞しています。
その中に・・・・

気になる部分を拡大しました。
顔が膨れあがり、眼球が溶けたような女性が見える気がします。
この海では多くのサーファーが命を落としていると言います。
もしかしたら、それらの犠牲者の一人なのかもしれません。

海とは反対側を向くと、比較的新しそうなトイレがあります。
こうして見る限り、そんなに気味悪くは思えません。
中を見てみましょう。

まずは右側の男子トイレです。
今でも使われているのでしょう。
結構きれいな状態に保たれています。

左側の女子トイレです。
こちらもきれいな状態に保たれています。
しかし少し気になることが・・・・

女子トイレ入口の左の壁というか・・・・
たくさんの指で撫でたような跡が残っています。
通常みなさんはトイレの壁などを触るでしょうか?
もちろん平気で触る変わった人もいるでしょうが・・・・
常識的に言えば、汚いと思って、まず触らないと思います。
するとこれは・・・・?

トイレの全体像の画像に写っている道。
つまり私たちが通ってきた道です。
そういえば、ここに来る少し手前のちょっとしたスペースに碑のようなものが立っていた気がします。
後で見に行ってみましょう。

看板が光ってしまって鬱陶しいですが・・・・
チェーンが張られた向こうは下り坂になっており、海まで下りられるようです。
行ってみることにします。

海へ向かって下りていく私。
本物なのか、偽者なのか、私の周りはオーブの舞踏会場のようです。

急勾配の坂を下りていくと、向こうにコンテナーのようなものが見えてきました。
それはともかく道の右側の白っぽく見えるものに・・・・

拡大してみました。
顔らしきものが2つ見えるような気がします。
いかがでしょうか?

先ほど顔が写っていたのは、画像左端のシート部分だったようです。
それはともかく、これにも写っています。

拡大しました。
銀色のシートの向こうに隠れるようにこちらの様子を窺っている顔があります。
先ほど写っていた2つの顔の内のひとつでしょうか?

モヤモヤが酷いです。
中には本物のオーブもいくつかありそうですが・・・・
私にはよくわからない何者かが写っているようです。

気になる部分を拡大しました。
師匠の言葉を借りれば、「黒い霊気を放出しながら漂っている男性」だそうです。
なるほど、言われてみるとそのようにも見えます。
いかがでしょうか?

下りてくる時に見たコンテナーの向こうには二艘のボートが陸揚げされていました。

海です。
この近辺でサーフィンをしていて溺れた人の多くはこの近くに流れ着くそうです。
ところで、画像中央やや左上ですが・・・・

拡大しました。
何やら赤っぽい光点が写っているようですが、これは何でしょう?

知らぬ間に師匠に撮られていました。
肖像権の侵害です(笑)
小さいけど、ちゃんとモザイクかけておきました(笑)

先ほど師匠が私を激写した場所に来ました。
ここは穴ぼこだらけで足元が危険です。
ちょうどこの時です。
「きしょ〜、きしょ〜〜」と言いながら、師匠が車の方に戻ろうとしています。
聞いてみると、「海の中から水死体のような若く髪の長い女性が這い上がってきた」と言います。
師匠が声を出すことなど滅多にないので、私は「冗談だろ」と思っていましたが、どうやら本当のようです。
そして、この画像にも何か写っているようです。

気になる部分を拡大してみました。
師匠が見た髪の長い女性かどうかはわかりませんが、私たちの方に向かってきているように感じます。
追いつかれては敵わないので、そろそろ上がります。

普段はスポットで霊を見ても、絶対に口に出さない師匠ですが、この時は別人でした。
余程気持ち悪かったらしく、「きしょ〜〜」を連発(笑)
どこまで追ってきているのか?
見えない私もかなり気味が悪いです。

坂に差し掛かった時に撮った私の画像です。
左側のボートと奥のコンテナーの間に・・・・

問題の部分を拡大しました。
いやぁ〜これは気持ち悪いです!
坂を上る私たちの前に立ちはだかるように、気味の悪い顔がとうせんぼしています。
このまま上がってもいいのでしょうか?

立ちはだかる不気味な顔を突っ切ってきましたが、今のところ何ともないようです。
相変わらず、周囲にはオーブと偽オーブが乱舞しています。

道の左側に看板が立っているのが見えます。
あの辺りから右にカーブして駐車場という位置関係です。

ちょうど前の画像の道の正面辺りに細い獣道のようなものを発見しました。
少し入ってみます。
それはそうと・・・・気になるものが先で待ち構えているようです。

奥にいるこのオーブ。
師匠が言うには、この獣道の先に師匠が下で見た「きしょい」者がオーブとなって待ち構えているようです。
この先に行っても大丈夫なのでしょうか?
私はこの時、何となく「伊古部海岸2・単独取材編」を思い出していました。

師匠が先陣を切ります。
伊古部海岸の時のように、いきなり崖に落下しそうにならないことを祈ります。
ところで、画像上部中央からやや左に・・・・

拡大しました。
これです。
やはり「きしょい」者が師匠をつけて来ているようです。

この獣道はすぐ行き止まりになりました。
そこから海を撮ってみましたが、当然何も見えません。
では、次に進みます。

後方が気になるのか、師匠が振り返って撮った画像です。
特に気になるものは写っていないようです。

続いてこの駐車場に来る前にあった碑のようなものがあるところを見に行くことにします。
このカーブの曲がってすぐだったと思いますが・・・・

あれ?
確かカーブのところにあったように記憶していますが、思ったより長い直線です。
意外に私の記憶はアテになりません(笑)

この先のカーブだったと思いますが・・・・

近づいてきました。
やはりここでした。

ここから碑のようなものが見えます。
何と書いてあるのでしょうか?
近付いて見てみることにします。

「さ○○○○○園」と書いてあります。
○○園?!
私たちは何をしにここに来たのでしょうか?

と、次の瞬間!
このようなものが写りました。
確かにまだ2月ですから、呼吸をすれば白くなります。
しかしこれはちょっと違うような気がします。

先ほどの画像を撮った直後の画像です。
師匠も一応、呼気を疑ったのでしょう。
ほぼ同じ位置から撮り直しています。
では車に戻ることにします。

海岸への坂道の入口にあった各種看板が見えてきました。
駐車場はすぐそこです。
そして、もう少し進んだ時のこと・・・・
「うわぁっ、チェーンのところに来とるわ〜!きしょ〜〜!」と師匠の声。
車に乗り込んだ私たちは、いつもの探索後の一服もなしに、早々にこの場を離れました。


☆編集後記☆

探索予定もなく、偶然見つけた某海岸でしたが、意外や結構面白い探索となりました。
ちょっとした夜のお散歩気分ということで、軽い気持ちで行っただけに、やはりナメてしまっていたのでしょう。
その証拠に普段の探索における師匠は、しっかりと自らの霊感センサーを制限するところなのですが、今回は大解放状態だったようです。
結果、見なくても良いものを見てしまい、「きしょ〜〜」の連発となってしまったわけです。
私自身は見えていないため、どれほど気持ちの悪いものだったのかはよくわかりませんが、師匠の反応からみるとかなりのものがあったようですね。
探索を終えた私たちは、師匠宅近くのファミレスへと車を走らせていました。
その時、私の携帯に着信が・・・・
一人離れているためにミーティングに参加できないミミさんからでした。
運転中の私は電話の相手を師匠に任せました。
その会話の内容を横で聞いていると・・・・
「今、海にいるんですか?スクリューの音が聞こえる」とミミさん。
最初に行った某廃墟に下見に行くことは知らせていましたが、海に行っていたことミミさんが知るはずはありません。
以前にも知るはずもないことを夢に見て、私に連絡してきたことがあり、改めてミミさんの能力の一端を見た思いでした。

副管理人:kuni

「この道の奥、何となく雰囲気悪いから調べてみようか?」
何気なく発した私の一言だったのですが、「まぁ暇だから調べてみるかん」と冗談交じりでkuniさんは私の示した方向に車を進めました。
道は単調な一本道で、直ぐに行き止まりとなってしまいました。
あまりにも呆気なく行き止まりとなってしまい、雰囲気から何かを期待していた私にとっては期待外れとなってしまいました。
行き止まりになっている場所は結構広く、車を転回させるには十分過ぎる広さです。
トイレも設置され海岸が近いことから、釣り人の駐車スペースとか海を眺めにきたカップル等に利用されていると思われます。
kuniさんと男二人で海を眺めていても仕方ないので、「帰ろうかな」と思いましたが、雰囲気的には「何かが出そう」な気配がするので、一応海岸と途中見つけた気になる場所を調べてみる事にしました。
「何か写るかもしれないから、適当に写真でも撮ろか。」こんな侮った気分で私は海岸に向う事にしました。
海岸までお散歩気分で下りていった私は、途中で雰囲気が変化したのも気付かず「テトラポット」の上に登ったりしてました。
この時、多分雰囲気がまた変化したはずなのに、鈍感と化している私はその雰囲気の変化に気付かなかったのです。
しかし、突如背中にまとわりつくような気配を感じ振り向くと、恐ろしい形相をしたものが立っていました。
それは顔が赤黒く溶け、目の周りも溶けてしまっているのか異様に大きく、何故か魚のような黒目が私の方を睨むように見ていました。
それはあまりにも唐突に私の前に出現したので、私は完全にパニックになってしまいました。
「キモイ」「キショイ」としか表現できず、直ぐにでも逃げ出したい気分でした。
ちなみに、私の見たものは3ページ目の上から3番目に拡大写真があります・・・
今回見た霊なのですが、霊気的にはそれほど強くはありません。
ただ私は海辺の霊とはあまり相性がよくないらしく、しばらく頭痛がしていました。
いや、ショックで頭痛になったのかもしれませんが・・・
「どんな探索でも侮ってはいけない」、この言葉をこれからは探索の度に思い出す事でしょう。。

管理人:ピフィア

00:00||--pookmarktop