CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
RECOMMEND

うさぎっ子恐怖館スマホ閲覧verです
しばらくの間、スマホからの閲覧はこちらでどうぞ。

<< 吉良宮崎海岸廃墟編2 | main | 海処の食堂廃墟編 >>
ホテル藤○完全編

ホテル藤○完全編

執筆者:kuni

恐怖度:

 

霊障指定(R指定)
※人によっては頭痛や、腹痛、体の痛みなど体調が悪くなる等の霊障が起こる可能性があるので自己責任で観覧して下さい。
ご覧になる方は体調が悪くなったら即ページを閉じて下さい。


あれは2002年の暮れか、或いは2003年の正月のことでした。
その正月休みは何の予定もなく、私はただゴロゴロと時を過ごしていました。
ある時、あまりの退屈さに音を上げPCを立ち上げ、何を思ったのか「心霊スポット」と入力し、検索していました。
その検索結果を見て「へぇ〜、心霊サイトってこんなにあるんだ」と驚き、片っ端からサイトを訪問し、貪るようにレポートを読み漁りました。
その中のひとつがうさぎっ子恐怖館だったのです。
これがうさぎっ子との出会いだったわけですが、そのレポートの中で「これは怖い!」と畏怖したものが2つありました。
それは「伊古部海岸2・単独取材編」、そして「ホテル藤○編」です。
どちらも師匠の単独探索であり、まるで自分が一人で探索しているかのような錯覚を起こさせる臨場感溢れるレポートに非常に痺れたことを覚えています。
今回のレポートは、そのうちのひとつ「ホテル藤○・完全編」です。
ここはいつか行きたいと思いながら、新規のスポット探索が忙しく、なかなか行く機会がありませんでしたが、うさぎっ子スタッフになって約1年後にその機会に恵まれました。
師匠の単独探索では、レポートを読んでいただくとわかるように、探索中に複数の人の話す声を聞いた師匠は、人との遭遇を避けるために探索半ばで撤退した事実があります。
実際は人ではなく、どうも霊の話し声だったようですが・・・(笑)
今回はそんな意味も含め、夜間の完全制覇を目指したものです。
ひょんなことから、この日同行することになった常連のてく先生と某所で待ち合わせ、私たちは現地へと向かいました。
ホテル藤○へと続く道は、夜間は封鎖されているため、数100m離れた農道に車を駐め、徒歩で行くことにします。
ホテル藤○は某寺院の近くに位置しているのですが、封鎖された道の入口付近には民家もあり、時々点灯する防犯ライトにビクッとさせられます。
そこから300m程歩くと某寺院の山門が見えてきました。
目的の物件はこの山門右側の藪の中に存在するはずです。
師匠のレポにより、畏怖させられた「ホテル藤○」。
今夜、「ホテル藤○」はどんな顔を私たちに見せてくれるのでしょうか?!

探索日時:2004年2月28日 20:40〜21:50
探索メンバー:管理人ピフィア(以下、師匠)と私kuni。

そして不幸にも探索に同行することを許されたてく先生の3名。

某寺院の山門付近まで来ました。
山門に向かって右手奥。
そうこの画像の奥に目指す「ホテル藤○」があるはずです。
師匠も久々だったので、入口がどの辺りだったのか記憶が曖昧のようです。
とりあえず、入れそうなところから行ってみます。

ここに人が歩いてできた道のようなものがあります。
とりあえず、ここを進みます。

奥へ行くと藪の丈が高くなり、私たちはまるでトンネルのようになった藪の中を腰を屈めて進みます。
しかし、どうやらここではないようです。
そういえば、侵入経路にあったはずの「キケン!まむし注意」の立て看板もありませんでした。
表の道路まで引き換えした私たちはもう一度「まむし注意」の看板を探すと・・・

これです!
先ほどの場所から10mもないところに本当の入口がありました。

勝手を知っている師匠を先頭にして行きます。
如何にも蛇が出没しそうなところですが、この季節ならまず大丈夫でしょう。

先ほどの道路から、そう歩くこともなく見覚えのある建物が師匠の向こうに見えてきました。

先頭を行く師匠が撮ったものですが・・・
画像右、落書きがある部分に妙な光が写っています。

これは一体何の光なのでしょう?
ちなみにこの直後に撮った私の画像には一切そのような光点は見られません。
その画像はこのレポの最初に使ってある画像です。

息が写ってしまったのでしょうか?
少なくとも私はそう思い、この後にもう1回シャッターを切っています。
靄と一緒に画像上部からオーブが出現しました。

これが撮り直した画像です。
う〜〜ん、おかしいですね。
息が入ったと思って、注意して撮り直した画像の方が靄が数段濃くなっています。
どうやら息ではなかったのかもしれません。
しかもホテルの名称が書いてあるところの下、不自然に靄が薄くなっているところには黒い影が出ているようです。
左端には先ほど上の方に写っていたオーブでしょうか?
また、ホテルの名称が書いてあるところの上には妙なものがいるような気がします。

ネズミ??
私自身、拡大してもよくわかりません。

受付と思われる建物の脇を奥に進みます。

受付への入口です。
画像右端の一部写っている窓が気になります。

窓の奥に見える部屋内部の壁のシミのようなものなのかもしれませんが・・・
私には首を吊った人のように見えてしまいます。

天井や壁はビロビロに剥がれています。
床も脆く、いつ踏み抜いてもおかしくない状態です。
師匠の単独探索時よりも明らかに人為的及び自然的な崩壊が進んでします。

隣の部屋だったでしょうか?
1年以上経つとどうも記憶が曖昧な部分が多くなってしまいますが・・・
大穴の開いた天井裏にこちらの様子を窺うようにオーブが出ています。
また私たちを警戒しているのか、窓の外にも無数のオーブが集まってきているようです。

外に出ました。
画像の上部3分の1は無数のオーブで埋まっています。
先ほど、窓の外に居た者たちでしょうか?
また画像中央、私たちの行く手を塞ぐように2体の霊が写っていると師匠の指摘がありました。

確かにそれらしきものが写っているように見えます。
皆さんにはどのように見えているのでしょうか?

また靄です。
この時も私は息が入ったと思い撮り直しています。
しかしここにも妙なものが写っているようです。
画像左下辺りの靄の中に「斜めになった顔」が見えないでしょうか?

本館に来ました。
青い色鮮やかなオーブと共にたくさんのオーブが出迎えてくれています。
そして青いオーブの右下には・・・

ホテルのルの字に絡むように青い顔が浮き出しているように見えます。
ただそう見えるだけでしょうか?

さらに私が撮った画像には、オーブの大集団が出現です。
この前の師匠の画像で上の方にいたオーブの集団と同じものでしょうか?
まるで私に襲い掛かってきたように感じてしまいます。

階段手前まで来ました。
階段の踊り場付近に何か出ているようです。

顔でしょうか?
口をへの字にして、猫のような目でこちらを睨んでいるように見えます。
怒っているのでしょうか?

鉄製の錆だらけの階段だけにいつ倒壊してもおかしくありません。
一人ずつ慎重に上ることにします。

ここから内部に侵入します。
ん?師匠の後頭部に・・・

小さなオーブがくっついて来ているようです。
過去にもよくあった案内人のようなものだと良いのですが・・・

探索中の師匠を見ている者がいます。
画像の中央やや上ですが・・・

老人のような顔が出ています。
師匠を見ているように見えますが・・・

外に見える竹藪が不気味です。
しかしいつも思うのですが、竹のパワーというのは凄いものですね。
墓地などでも墓石を押しのけて生えている竹をよく見かけますから、廃墟を串刺しにすることなんて造作ないことなのでしょうね。

先ほどの画像の左端に見える部屋です。
床は陥没していて危険です。
それはそうと、奥の部屋の右上部に見えるものは何でしょう?

狐か犬のようにも見えますが・・・
よく見ると大きく口を開けた何とも形容しがたいものにも見えます。
・・・妖怪?(笑)

ここはどう見ても客室ではないですね。
各室のブレーカーボックスがあることから、管理室だと思われます。
ところで2つのオーブの出現と共に画像中央になにか出ているようです。

げっ!!目ですか?!

気配を感じたのか、師匠が外の竹藪の方を撮ったものですが・・・
いくつかのオーブと顔も出ているようです。

画像右半分に大きなオーブ、中央やや左に顔らしきものが出ています。
私としては、この顔はかなり気持ち悪いです。

わかるでしょうか?
いくつかオーブが出ていますが、画像の右側にいるオーブはまるで彗星のように光の尾を引いて飛んでいるように見えます。
といっても、彗星のように直線的な尾ではなく蛇行していますが・・・
また竹藪の中に顔も出ているようです。

拡大しましたが、いかがでしょうか?

左奥は階段です。
奥の観音開きの扉になにか写っています。

画像中央右側に白い発光体が写っています。
また中央左側には妙な黒いものが写っています。
これらは一体何なのでしょう?

階段脇は浴室だったようです。
正直言って位置関係の記憶が曖昧になっていますが・・・
ところで、浴室奥の窓の左端から何者かが覗き込んでいます。

へ?これは何でしょうか?
ミニチュアの狐ですか?

師匠は単独探索時、ここを向こう側に抜けるのを嫌い、先に2階への階段を上りました。
師匠は前回の探索よりも霊気は薄くなっていると言います。
3人いることで緊張感が多少薄れているのかもしれませんが、やはりこの自然が作った竹の柵の向こうは空気が違う感じがします。
中央の2本の竹の間に白い光、右側のタイル部分は手洗い場なのでしょうか?
そこに顔が出ているように見えます。

少し漫画チックにも見えますが、坊主頭の男性の顔のように見えます。
いかがでしょうか?

単独探索時、竹の柵を前に一時2階に非難した階段です。
画像を比べてみると、当時よりもかなり傷みが激しく、この階段を上がるのは危険です。
今回は竹の柵をすり抜けて先に進むことにします。

竹の柵を抜けた1階の廊下です。
前回の時よりも軽いとは言っても、やはりなかなかの雰囲気です。
特にこの奥の方に不気味なものを感じます。

先ほどの廊下の画像を除けば、師匠も私も竹の柵をすり抜けた最初の画像がこれです。
部屋の中のトイレなら、まず部屋を撮った後にトイレなり、浴室なりを撮りに行くのですが・・・
共同で使えるトイレだったのかどうか記憶にありません。

最初の部屋はご覧の通り、メチャクチャに荒れ果てています。

次に入った部屋。
ここは少しはマシなようです。
窓のあったであろう部分には、まだボロボロになったカーテンがぶら下がっています。

窓付近から外に密生している竹を撮りました。
中央よりも上に出ているオーブは置いておいて・・・
左端の竹の下の方に顔が出ているようです。

これですが・・・
皆さんにはどのように見えるでしょうか?

先ほどの窓の脇にあった廊下を奥に進んでいます。
その先には・・・

浴室でした。
やはりこの部屋の浴槽にも、何と言えば良いのか・・・
石のオブジェのようなものがあります。

廊下に出てきました。
ご覧のように、廊下はこんな有様です。
全て抜け落ちてしまっているので、踏み抜く危険がなく逆に安全かもしれません。

他の部屋もざっと見ていきます。
天井が剥がれて垂れ下がっている脇にオーブのようなものが見えます。

拡大して見てみると、オーブ状の物体の右下に影のようなものが出ています。
しかし例えオーブが実体化していても、影ができる方向が違うので、これは壁のシミか節のようなものでしょう。

この部屋も天井が不気味に垂れ下がっています。

最早、この部屋は外と同じです。
画像中央やや下には、4枚前のオーブ状の物体と似たようなものがいます。
これは外に転がっている白っぽいものが、そう見えるだけでしょうか?
ちなみにこの部屋で師匠と私は微かに聞こえる話し声を聞いています。
師匠が単独探索時に聞いた話し声の主と同じなのでしょうか?

廊下を抜けます。
抜けたところに噂の名高いボイラーがあるはずです。
その前に・・・すぐそこに何者かの顔が出迎えているように見えます。

いかがでしょうか?
そのように見えるだけでしょうか?

これがボイラーですが・・・
私にはよくわかりませんでしたが、顔と犬のようなものが写っているようです。

確かに私にも漫画チックな女性の顔のようなものは見えます。
しかし違う見方をすると動物のようにも見えます。
いかがでしょうか?

何でしょうか?
私にはよくわかりませんが・・・

本館裏にある階段に向かっています。
師匠とてく先生の頭にいるのをはじめ、周辺には集団オーブが浮遊しています。
また、てく先生の頭上左上のオーブ状のものの付近を拡大すると、まるで目のように見えます。

いかがでしょうか?
大きなギョロっとした目が見えないでしょうか?
また別の見方をすると、薄っすらですが、私には整った顔立ちの若い男性が写っているようにも見えます。
しかし私に見えるのは目元だけで、鼻は長く犬のような鼻に見えてしまいます。
ただそう見えるだけでしょうか?

階段に到着です。
階段の右側の2階付け根部分はすでに錆びて外れています。
しかしこんな状態で、私たちは上に上がることができるのでしょうか?

師匠の画像です。
2階の軒先に何か写っているような気がしますが・・・

何となく顔のように見えないでしょうか?

どうやら師匠は無事に2階に辿りつきました。
しかし師匠が大丈夫だからといって、安心はできません。
なにせ、師匠は今回のメンバーで一番軽いのですから・・・
私たちも細心の注意をはらって上ることにします。

2階廊下です。
ここを見る限り、床面は1階よりもマシな気がしますが、前回師匠が踏み抜いたところもあるので十分な注意が必要です。

前回の単独探索時もそうでしたが、やはり2階の方が空気が軽い気がします。
この部屋が比較的きれいだからでしょうか?

一転してこの部屋は壁紙が全て剥がれてしまっています。
なぜこれほどまでに差が出てしまったのでしょうか?

やはりどの部屋も作りに大差はありません。

部屋の片隅には、内線専用電話が埃に埋もれていました。

この部屋は比較的まともな状態でカーテンが残っています。
窓の外には戯れるように2つのオーブが重なっています。

同じ部屋の私の画像です。
窓の左の壁にオーブが写っています。
先ほど戯れていたオーブの片割れでしょうか?

廊下の天井のシミが不気味です。
天井も雨漏りでかなり傷んでいるようです。

若干ながら生活感のある部屋です。
マットや洋服、エロ雑誌など自由人が住み着いていた形跡が見られます。
しかしそうは言っても、かなり前のことでしょう。

何となく誰かに見られている気がします。
それはどうやら窓の外からのようです。

窓の外の木に同化するように顔が出ている気がします。
いかがでしょうか?

この部屋は狭いですね〜
それよりも窓の外の竹藪から誰かが見ています。

禿頭の老人がうつむいているように見えます。
いかがでしょうか?

これは怖いですね。
いつ踏み抜いても不思議ではない状態です。
この画像も比較的しっかりしたところを選んで、少々ビビリながら穴を跨いで撮ったものです。

先ほどの画像を私が撮っている時に、師匠が撮ったのがこの画像です。
1階にあった観音開きの黒い扉があります。

黒い扉のガラスの嵌っていた部分に黒い顔のようなものが見えます。
また先ほどもありましたが、ドア下の黒いものは何でしょう?
ドアストッパーかなにかでしょうか?

記憶が定かではありませんが、この先は足元が危険で行けなかったのだと思います。

そろそろ本館の探索は切り上げることにします。

天井奥の隅に何か写ってますね?

不気味に笑う顔が写っているように見えます。
いかがでしょうか?

表に出る前に振り返って廊下を撮りました。
なにやらいっぱい写っているようですが・・・

写っている部分を拡大しました。
たくさんの顔と思われるものが写っています。
私たちに「行くな!」と引き止めているのでしょうか?
または「早く帰れ!」と言っているのでしょうか?

最後に危険な外階段を降りれば、本館の探索は終了です。
ホテル藤○は一見すると最初の受付だったであろう建物と本館しかないように見えますが、鬱蒼とした木々を掻き分けて押し入っていくと、コテージ風の別館が数軒建っています。
この後はその別館の探索に移ります。

仮に別館Aとします。
天井にあったであろう照明が床面まで垂れ下がっています。

ベニヤが剥がれ便器を覆ってくれているので、嫌なものは見ずに済みました。

ん?画像の下部に白く光る目のようなものが写っています。

何かが反射したものでしょうか?
闇に同化した黒猫でもいたのでしょうか?
いや、猫ならもっと目が光るはずですが・・・

師匠の顔に被っているものも含め、かなりの数のオーブが乱舞しています。
画像中央の木々に埋もれて、狐の顔のようなものも写っています。
しかし・・・師匠は何を見ているのでしょう?

まずは狐に見えたところを拡大しました。
拡大すると狐ではなく、別のもののようにも見えてきました。
師匠の言葉を借りるなら「ブタカマキリ」だそうです。(笑)
確かに豚の鼻のようにも見えますが・・・

師匠が凝視していたところです。
あの時、師匠はここで体育座りをしていた女性の霊と視線が合い、しばらく見つめ合っていたそうです。
写っているオーブがその女性でしょうか?

別館Bのガレージです。
隣にもう一台は入れるスペースがあるので、別館Cのガレージでもあるのかもしれません。

別館Bの玄関のようです。
ん?画像右下に何か写っているようです。

淡い青っぽい光です。
これは単なるオーブではないような気がします。
人魂??

では入りましょう。
入口脇の壁には誰かが蹴った跡が残っています。

妙なものが撮れました。
入ってすぐ部屋の外を撮ったものですが、画像の左下に妙なものが写っています。

なんじゃこりゃ?
まるで巨大な青虫のようなオーブ?が写っています。
何かがそう見えるだけでしょうか?
しかしこの画像は、なんだか笑えてしまいます。(笑)

こちらは別館Cでしょうか?
どうもBとCの間がぶち破られているような気がします。

別館D?へ向かいます。
この時だったか、てく先生はダウンに引っかかる枝をしきりに気にしていました。
探索にはあまり高価なものは着てきてはいけません。(笑)
特にダウンジャケットはモコモコして枝などを引っ掛けやすく脆いですからね。
先生も探索では、私たちの生徒です。(笑)

てく先生の背中や周囲にたくさん写っています。

背中には4〜5個のオーブ、右耳辺りに顔のようなものが見えます。
さらには後頭部にあるのは目でしょうか?
目だとするなら、これはかなり気持ち悪いですね。

別館Dに入る師匠です。
右脇にはオーブが出ています。
また左手が何となく妙な感じがします。

う〜ん・・・手ではないのでしょうか?
手だとしたら、ミイラの手のようです。

ラブホらしいハート型の浴槽です。
しかし2人で入ると身動きがし難そうですね。

金ピカの部屋です。
部屋の形状から、丸型の回転ベッドがあったようですね。
私も回転ベッドは一度だけ経験があります。(笑)
そんなことよりも私は目の前のオーブを見ているのでしょうか?
いや、見えるわけはないので何かの気配を感じているのでしょうか?

下の少し薄いオーブの方ですが・・・
私はどうしても江戸時代の武士の肖像のように見えてしまいます。

私の右耳の上にオーブが写っています。
先ほどの部屋にいたのが付いてきているのでしょうか?
私を頼っても何もしてあげられませんが・・・

別館Eに向かいます。
師匠の頭上、画像の上端に靄状のものが出ています。
また薄くてわかり難いかもしれませんが、かなりの数のオーブが浮遊しています。
さらに師匠の顔の右にあるオーブには彗星のような淡い帯状の軌跡が見えます。
いかがでしょうか?

別館Eに入ろうとする私。
背中には大小いくつかのオーブを背負っているようです。

先ほどの画像もそうでしたが、この部屋は妙に狭苦しい感じがします。

トイレのドアは破壊され、開けることはできません。
ここでも香り高きブツに遭遇せず、幸運でした。(笑)

浴室ですが・・・
本来、浴槽となる部分にはゴミが捨てられています。
しかし、かなり狭いです。
とても2人で浸かる気にはならないでしょう。
これで一応の探索は完了しました。
うさぎっ子探索部隊、そろそろ撤収することにします。

去り際に某寺院の山門を撮影しました。
いくつかのオーブの他にも怪しいものが写っているようです。

確かに何かがいるというのは私にもわかります。
しかし、それが何かはよくわかりません。
ホテル藤○から私たちを追ってきたものでしょうか?
それではそろそろ次なる目的地に向かいます。


☆編集後記☆

「ホテル藤○完全編」、いかがだったでしょうか?
受付から本館、その後のいくつかの別館探索で、見える範囲では全ての建物の探索を完了しました。
冒頭でも述べたように、そもそも私がうさぎっ子に加わる大きなキッカケとなったレポのひとつであり、非常に思い入れの深い物件でした。
この日の「ホテル藤○」は、師匠の単独探索時と比べると霊気が薄く、軽かったようです。しかしそれでも本館1階奥では、おそらくは霊たちの話し声であろう声を聞きました。
心霊スポットというものは、時や天候、訪れる人間の姿勢などで大きくその姿を変えるものだと思います。
あの時の「ホテル藤○」は、幸か不幸か、私たちに対して強い拒否反応を示さなかったように感じました。
おかげでビリビリ痺れるような恐怖感を感じることはありませんでしたが、それでも私たちが撮った画像にはかなりの数の霊的と思われるものがありました。
総使用画像は約120枚。
うさぎっ子のレポでは過去最大のものとなりましたが、レポには使えなかった画像はまだまだたくさんあります。
今回は軽かったとは言いましたが、これだけ主張してくる霊がいるということは、時・天候・訪れる人の姿勢により、霊たちの反応も大きく変化することを覚悟しているべきだと思います。
決して侮ってはいけないスポットです。
霊的なものだけでなく、物理的にも危険な物件です。
いつ抜けるかわからない床、すでに落ちかけていた錆びた鉄階段。
2階の床が抜けた場合、1階には竹槍が待っているかもしれません。
鉄の階段が落ちた時、とても無事でいられるとは思えません。
これから探索を考えている方には、その辺りのことを十分に留意していただきたいと思います。
ちなみにこのレポートを執筆中は、終始頭が重く締め付けられるような感覚がありました。
また仕上げに入った今、サワサワと軽いものがなにかに擦れるような音が気になります。
何者かが来ているのでしょうか?
それらも含め、鑑定を楽しみにお待ちください。

副管理人:kuni

今回のレポ、「ホテル藤○完全編」は、記事癸隠欧望匆陲靴討い襦屮曠謄詁○編」の続編であり、以前のレポでは紹介されていなかった物件を含む事から、完全編と致しました。
前回紹介しております「ホテル藤○」は、私がまだ心霊サイトを開設して間もない2002年6月15日に単独にて探索した物件ですが・・・
前回の探索では日も暮れぬ明るい時間に探索したのですが、それでも建物内の探索では、強い霊気と雰囲気に圧倒されてしまい、探索半ばにて撤退してしまった物件なので、心残りな物件でした。
そんな屈辱的な敗北から約1年8ヶ月ついに再探索をする機会が訪れました。
前回の探索では明るい時ですら強烈な霊気を感じた物件を、単独ではないにしろ夜に探索を行う。
私はそう考えただけで武者震いしました。
しかし・・・月日が流れ過ぎてしまい軽くなってしまったのか?それとも、その間に行った多くの探索で私の神経が麻痺してしまったのか?、気合を入れて挑んだ「ホテル藤○」の再取材でしたが、前回訪れた時に感じた程の恐怖は感じませんでした。
ただ、勘違いしないで欲しいのは、今回の探索で私が軽いといったのは、前回訪れた時より霊気が少ないという意味ではなく、前回訪れた時より恐怖を感じなかったという意味です。
レポでも分かる通り、霊的にはかなり重い物件だと思います。
 

話は変わり、私は探索している時に、霊的な存在を感じても何故か探索同行者にそれを伝えないという癖があります。
その理由として、それを話すことにより探索同行者がパニックを起こしてしまうのを防止するためと、話す事により全員がそこに意識を集中してしまうので、そのため霊を過剰に刺激してしまう可能性があり危険なため、というのが理由なのですが・・・
とにかくいつもはあまり霊的存在を伝えない私なのですが、今回はスタッフ以外の同行者もいたので、つい調子に乗って「体育座りしている女性がいるよ」って言ってしまいました。
私の他には誰も見えなかったようなので、皆本気にしたかどうかは分かりませんが、今回レポの中に「師匠の顔に被っているものも含め、かなりの数のオーブが乱舞しています。画像中央の木々に埋もれて、狐の顔のようなものも写っています。しかし・・・師匠は何を見ているのでしょう?」と書かれた写真に、その時指摘した体育座りをした女性が写っていました。
写っている霊が淡い為、写真を良く見ないと気付かないと思います。
上の写真は上下同じ写真なのですが、下の写真には輪郭線を入れたので、私が見た時の様子を分かっていただけると思います。

管理人:ピフィア

20:40||--pookmarktop